2018年09月30日

卒業3333京都船旅2233古譜1233大原練習1133天の下1533 IcelandCheckChest ふほのべ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳




そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3333京都船旅2233
古譜1233大原練習1133天の下1533 IcelandCheckChest ふほのべ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/09/30、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドメプロデューサー、カワイ社
【歌詞】創郷 北山賛歌68
黒幕の柳入りが最初に出て来た
芸能が幕降りに歌歌う ここに
かぶれる君に歌舞伎の役が出てくる
幕おりが出てくる 高見倉 人の胸に
グサーッと手を入れた 花の高山格子の
昼行燈の話し合い 君が胸に手を入れて
考える 後ろから いきなり グサッ
あああ 胸前から手を押さえ 役に
うめき声 昼行燈の花山が 
おかれぼっきの 伊立立ち ハアンと
はなに掛けた声に ウンと握った
豆絞り 後は昼行燈の夢枕 見入る
手のさぐるへその下 アアヨカやった
ははのべ参りの手合わせや


 狐の天気予報。〇r2018/10/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

 宇都宮の昼山という、子供のすることという。昼行灯のお参り
という。『へその下』という、巾着越し前をいう。これを、帯と
いう。からめ山のお銀と。けみそわ、という。この『そわ』を
ス・ソンというフランスのス・ソン・デ・ゼエクールという。
これを、レーゾン・デートルという。
 宮参りの心得という。昼行燈に高山を詣でるという。胸高山の
おまいりという。山々の双胸という。だれのむね、という。
幼い頃の乳の飲みという。ちくらく山のお書きとそ。
 これを大人がするという。グサッと手を入れる歌舞伎の
名場面という。秩父の段という。あとは夢枕という。
女の胸をいう。これが出てくるとそ。君の役である。
若い人という、そういう役の旅行前とそ。
元気が漲る話とそ。
 お金ができる花山の丘の寝という。花山詣でという。
あとは、あでやか飾りの木を拵えたという。この『あ
でやか』か白の目の色の黒加減という。たかみくらという。
高見山の見参という。見参りの、裸という。三間ともいう。
三間部屋の昼行燈に手入れという、灯を入れることとそ。
行燈の灯る暗い三間の部屋のことをいう。
 大屋敷という。その場の、旅行計画である。
 私、君の話という。昼のお立会という話である。
旅行の手は地図であった話である。
地図の上をごそごそ、なぞった話である。
勃起という、山高しである。南京袋の巾着という。
お金が大きくできた話である。
 子供の山の家である。金山ともいう。
話、金々という。兼ねた話である。
子供歌舞伎の話という。この位で、あとは、
夜がくる、花山のおよる、とそ。
 厳粛なお代官が出てくる、あの歌舞伎である。
グサッと手を入れる。女の胸へ入れるのである。
これくらいで、よく、わかる話である。
賢い子供は早寝をすることという。
そういう、落ち幕の黒という、黒子の出る
歌舞伎がこれである。
黒い幕で始まる、黒ゆり、という、歌舞伎である。
英国の、ブラック・パットンという。黒い鎧着を
着る、ラップンハンズルという。
 ラブ・ハンドの黒い手という、これを、パンレル
という、黒を白という、役の造りという。
判官裁きの場という。色の話である。
メッカの山のイオ、という。一派という。
ブラック・リーズンの山という。めんてる山のお書きという。
 黒い役という、君の役をいう。ブラック・モーという。
この胸に手を入れる役をする人を、黒見という。白い
目を回す見せ場とそ。これを、手でする君である
話とそ。
 胸をまさぐる話という、グサリという表現とそ。
 たかみ蔵という、歌舞伎という。歌舞伎を蔵出す
蔵出し歌舞伎という。そよっく、そょっくともいう。

 新JISのキーボードという。『たかみくら』と、入れば
『そょっく』と出てくる。新JISの『そよく』という。
ビーズルブーブーのおゆえ、という。これを白き湯場
という。メールルレーセ、メールルレールルともいう。
メルテスのおっぱ、という。新JISキーボードの睦栗である。
早くなる話という。
 入れる指という。キーボードに打ちを入れる、
そよ、という。そよ打ちという。キーボード打鍵の
ミュージック・キーボードともいう。これを、コン
ピュータという。コンピュータの入力キーボードを
音を出す仕組みとそ。そよらく、という。
てんすぱともいう。メルルのきくれ、という。
 白木湯場のしろきという。湯舟へつかる衣類を
いう。近頃は、水着であることとそ。
湯舟の衣類をいう。レーバンテスという。
新語の山のいととそ。とうれるという。
ぺっての山のお書きという。指山の話という。

 本歌は、子供が歌うものであることという。
メルレルのキッパスという。キンドルレッテの
山という。

sotu3329 
ふほのべの意味とも。
歌舞伎で有名な場面である。
ここは、子供歌舞伎である。子供のする芸である。
そうきょう良いを言う。柳をいう、子供の安全とも。
子供に言えばそうなる。柳世(やなぎよ)、これなるを。

これ程に、後続にします。

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1233大原練習1133天の下1533 IcelandCheckChest ふほのべ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3338
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/06/25雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184557808

この記事へのトラックバック