2018年09月30日

卒業3338京都船旅2238古譜1238大原練習1138天の下1538 文だけ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳

文だけ

そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3338京都船旅2238
古譜1238大原練習1138天の下1538 IcelandHealth 文だけ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)
【創曲】2018/09/30、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo
【作成ソフト】
【歌詞】創郷 北山賛歌68
 狐の天気予報。〇r2018/10/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 
 【やなぎ】
 名前にやなぎを付ける。これを大津語という。後、
大つごもりという。小林のふりゆきという。
小林やなおとそ。小林やなぎという。大つごもりの
言葉使いという。高山郷という、ここでの言葉の
つくおりという。高山がこれをとる高山世
(たかやまよ)という言葉の言いという。
 『高山さん』を、『高山やなぎ、高山やな、
高山なぎ』という、言葉の使いである。
ぎなてる、ともいう。ぎなぎばっぷす、という。
 柳月夜のいっぱぴ(一派日)という。これを、いっぴ
という、いちじつという。ついたちのことをいう。一日。
 これを正日という。正月正を、やなれる、という。
正月をやなぎ世という。柳月(やなぎづき)ともいう。
正のことを三丁(さんてい)の二、という。さんに、
ともいう。やなぎより、ともいう。一を正という
ことより出でた言葉の言いとそ。これを、にがめ、
という。みみするれれそ、とも。ややよよのやなぎは、
とも。やゆよやっぱのかみふり、という。えせるく、
ともいう。めめ山のよよよ、とそ。
 言葉の正しい言いと正しい使いをいう。
 ててそみ山のお書きという。これを、こく、という。
こくてすという。後、英語のイギリス英語とそ。
【ロンドン・コックス】
イギリスのロンドン・コックスになる。コックス英語という。
古い形がコクテスである。ロンドン・コクニーという英語の
古い型のいえの屋とそ。コックスという、コクニーという。
格調のある英語である。正しい言葉という意味があるという。
フランスのボン語という。ボン・グッドという、ふらせること
という。これをとる、古い言葉のボンという、ボンボン柳
という。大阪の船場のボンボンのこととそ。これを、
こくすか、という。こくすか弁という。
【大阪フランス】
『ういぜのボンさんか?』という。『ボン』と呼ばれたら、
『うい』『ういうい』と、返事をする。船場のこくれま、という。
船場の言葉である。フランスと〃ような言葉とそ。
 これを、おふられる、という。船場犬宅という、犬小屋を
『べろ』という。『いんぷ』ともいう。船場語を犬語という。
『ごりおん』という、御利用の山という。
『ごりおん』という船場の船の山という。ここを、るめす、
という。おふらのるべという。るめとも。これを、るい、
という。るいぼんという。ルイ王朝の山という。
ボン・ルイの山という。ふられる・れーす、という。
レースをリボンという。リ・ボン・フラッツという。
れめすてのお書きという。船場の言葉に沢山、フランス語
が重なるをいう。オオザカ・ケックスという。これが、
理想の家という。大阪家・山のえっぺという。えるせるの
山という。りぞう・きーるれ、ともいう。るーれるれーれ
ともいう。これをナポレラという。ナポリオンという。
ナポリのご音という。おんるる・せるすて、という。
 なぽれて・すっぱる、という。ナポリラのいんびつ、
という。るるすての山おら、という。おきふりのえるれ、
という。ゆむゆむのめんびす、という。めんつゆのおみ、
とそ。
【フェン】
 めんを剣にあたる言葉を使う。剣道という、フェンの剣
ともいう。めんという、これを、フェンツベという、
フェン面という。フェンサという、フェンスという、
フェンスの芯のフェン芯という。これをメンフェン
という。コーレルという。小手をいう。このことを、
フェンツベという。古い、フェンシングのような剣道
という。
 細い剣をもって、体を真っすぐに相手に向かう
構えのフェンリルという。フェンサップともいう。
西洋のフェンシングに似た日本の剣道とそ。細い
剣を持つ剣道である。ペンスップという、
スップシッパーのさばき、という。剣を持つ人の
つゆくる、という。つみ、ともいう。ツーレルとも、
いう。つみすよのおきびら、という。これを、ムンレル
という。むみすよのめめす、という。
 『ファー、フワー』という、『さあ、いくぞ』『
さあ、こい』のかかりの言葉である。
『アッ、ペー』という、突きの入れの時の言葉とそ。
『サー、ファー』という、切りの言葉である。
『スーミル』という、切り突きの言葉である。
これをフェンという。フェンスベともいう。
細い剣を持つ剣道の試合に主に使う。スポーツ
の剣という。これをスポ手という。スポレルという。
スポーツのこゆれく、という。サッパーの山という。
日本の剣道である。
 フランスのフェンスという。フランスの斜め構えで、
相手に向かうフェンシングという。フェーレブという。
フェッスともいう。リーバンラーマという、えるてるの
フェーリラという。足の両腿に垂れをつける。これを、
わすれ、という。わすれな、わすれお、わすれなお・・・
という。この恰好をリーレラという。リーランともいう。
【リーラン】
 日常に用いて、腿の保護にする。この恰好をリーラン
という。李蘭・リラン・リーラン、ともとそ。
 体の保護で、これを、洋装和装に用いる、平安朝の衣装に
用いる。平安朝の洋装は、イギリスのスカートのプリーツ
になる。これを、プリメという。プリメラとも。ベッブス
ともいう。メーリルという、メンビスという、これを
メンツ(面子)という。中国のことという。中乙という、
チータラという、ちんみつのこととそ。これを、ちんげつ
という。げっちんこく、という。月宮の世、という。
月珍、月朕という。げっちん国という。ケンビスの剣たつ、
ケンタツのケンタッキーという。けびれるるっす、という。
ケンタッキーの細いフェンシングとそ。これが、USAの
フェンシングである。相手に直角に横を向く構えという。
ゆきふり、という構という。壬生のフェンともいう。
相手を前に体を斜めに向ける、これをシャメラという、
シャメルともいう。後、シャネルという。シャネルの
ごべん、という。これが、ふれづの、という。ふれる剣
という。フラスノともいう。月珍斜という構えという。
 これが、今の扇になる。舞い扇の平行斜めの扇の振り
という。この時の目使いを、しゃめ、という。日本舞踊
という。これが、相手をじふという。じふとそ。
 めってるや、という、鉄扇の使いになる。
 ペーリル・パンホワーという。ぺっさんやり、という。
古くの鎖鎌の使いである。べっぺ、ともいう。リーリル・
スンホアーという。すんめの山のお書きという。
 アッペーラ・パーホアに使いをいう。ドンピッピー
という。アラリラ・ファールーという。アラベスキという。
アラベスクともいう。あれらる山という。アッラー剣という。
この『アラ』という、日本語の『アラファー』という、剣道の
かかりの言葉という。剣を構えから平行に横へずらす。
この時の目の見とそ。アラベスキという。目のやり場である。
 パッセーマ・ランブの山という。めるれててほる、という。
 めってすらーらの山という。
 オリコンの構えという。これをギーレラという。
ローマのオッパという。サッパールレーレという。
おりてんすぱという。これを天珍、天朕という。
珍と朕、どちらも同じ意味である。違う意味もある。
テンフラーという。てんぷらという。てんふる・レール
のおき、という。れもとむ、ともいう。れる、とも。
 れる音という、れむすのおゆこる、という。
 ペービル・レンルラーという。ペモとも。これを、
【アラビカ】
アラビカという。あらびか・ぴんはる(春)という。
あらび山のお書きという。アラビカのみんたる、という。
メーリル・ロンルーという。メビシブともいう。これが、
アラビヤの剣である。長の剣の、薙刀に似た剣である。
アラビカのペッサルという。ペンミルとも。ベッサル
ともいう。めるれるすすす、という。すり足の形容
でもある。
 あきはぬけ(akihanuke)という。あきれる、
あきれら、とそ。秋葉剣という。秋葉の剣である。
細い剣を秋葉剣という。単に秋葉とぞ。この山のお絵
の歌という。
【ロシア剣】
 ベーリラという、ペーランという、ベラともいう。
リーラン・ハールルという。レメともいう。レテとも。
これを、ルロスという。ル・ルースという、ラ・ルース
ともとそ。ラ・ルーシアという、後、ロスという、後、
ロシルと、後、ロシアという。これで、露秋葉(つゆ
あきは、ろしゅうよう)の剣という。ロシアの剣の
さばきという。
 腹前で細い剣を持つ、片手を使う片手を腰横、後、
巡査の用いという。左手を腰前という、これをセブ
という。右手に警棒を、剣の使いのれんたたという。
軽装の保安をいう。みた山のお書きという。三田を
正という、正田のまさゆらという。これを、正剣という。
聖徳太子の細い剣という、大和朝の真っすぐの細い剣という。
これを、ちょう、という。埴輪の恰好の持つ剣という。
はにわち、という剣とそ。
【はにわち】
 大和朝廷の剣さばきとそ。巡査の恰好に、このまま
手を頭上に上げる。この恰好が軍隊の帽子の真っすぐな
前飾りである。馬のしっぽに見えるものである。
カンカン帽の前である。後に、捧げ剣(つるぎ)という。
捧げつつの恰好である。帽子の姿である。これで、
捧剣帽という、捧銃帽という。昔の軍隊で見られるものとそ。
 ルーラーともいう。ルーラー帽のれんつり、という。
銃を肩からかける銃という。刑事ものの映画で出てくる
恰好である。れんつり、という。拳銃は、短い砲身で、
ワルサー、リッポン等である。みんてるのおゆれ、という。br>
れんつりのことをいう。肩みら、ともいう。
 めばっせい、という。大和朝廷の役人の恰好である。
大和時代から銃を使う秋残りの若い人である。
恰好よい人である。
 古々高山の巡査をするという若い人という。大和時代の
人である。
 古武道という大和時代の古武道書に書かれているとそ。
若い人の無手勝である。駄作家の無手流有柳書きである。
有料ではない、有柳である。
 拳正おかき、これなるを。
 若い人の日記という。若い人の前生という。生まれる前の
日記という。ロシアのカガーミンにいたという、ラルスーの
てんぱちである。大阪天六へ行く前の人という。今から行く
人である。天数降臨の人という。曽根崎の天が先、後とそ。
 織物に銃を使うという原始時代にも生きる人である。
原子時代の原子銃もあるという。
 創郷安全のお書きという。総教養の時代である。

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1238大原練習1138天の下1538 IcelandHealth 文だけ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3388
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/06/25雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184556109

この記事へのトラックバック