2018年09月18日

卒業3324京都船旅2224古譜1224大原練習1124天の下1524 IcelandShrine 橋宮願掛け(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3324京都船旅2224
古譜1224大原練習1124天の下1524 IcelandShrine 橋宮願掛け(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/09/18、柳晴
     創曲、Ice Cool
     造詞、Cold Sounders
     監修、Live Long Old
     訳  寒里 凍(秋残り市在)
【拍子】4/4
【種類】コロポックル・フークー
【演奏】Iceland O'
【場所】Iceland Irecoosoo
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドプロデューサー、カワイ社
【歌詞】創郷 北山賛歌67
秋虫鳴く頃は 山赤くなりを変え 並木も
紅一採の色どり 鳥、茶色の実をついばみ
小首をかしげ声を聴く 赤飯に箸つけ
副えもの赤 虫鳴き取り歌い 差す陽、赤
魚蒸しとも 宵が寄り来る
  宵の蛾 窓に白い蛾 暗くなりかけた
  灯薄く灯す 車の条光に離れ 一つ
  灯が点く 夜おとない 乗鞍の磯自慢
  飛び行き 真直ぐ様に 箸つけ 赤目黒
  柳椀 茶を注ぐと山海ごはん
食後に寄る君と 繰り出して歩み行き
ぼんやり灯る灯下 橋の辺り流れる光
揺らぎ 幾分寒くなって手とり添う
相添いの身や 行き 夜参り 願かけたら
『幸せになる 君が夢に出る』と
お告げ大吉

 狐の天気予報。〇r2018/09/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】
 歌の言われがあったような、宮やら、中橋たもとで
あったらしい。最近旅行の憶えで、お告げは、宮へ行か
なければありません。参らずで、夢も見ずぐっすり
眠り深く、快眠高山宿でした。
 想像によるもので、お告げの内容もさることながら、
そんなお告げがあるかどうか、あると思っておけば、
それこそ、夢がある話です。
宮ではなく、宮跡であったと思います。

Mr. Atom Lucky Ager, "Iceland report" より
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1224大原練習1124天の下1524 IcelandShrine 橋宮願掛け(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou3248
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/06/13雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184458055

この記事へのトラックバック