2018年07月13日

卒業3240京都船旅2140古譜1140大原練習1040天の下1440  LewisNocturneSuburb 田舎 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3240京都船旅2140
古譜1140大原練習1040天の下1440
 LewisNocturneSuburb 田舎 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/07/13、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドプロデューサー カワイ社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
天の原 前見れば我が家は逆立ち
我が家は駅 電車のステップから
降りれば心には楽しさが漲って
目に映る光景に稲は穂を垂れ
鳥が迎え舞い降りる 敷島晴れ
我が世尊く ここの世

 狐の天気予報。〇r2018/07/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 戸炉井〔角背〕(これで一字、ろ)(とろいろ)、若い人の田舎という。
電車が止まり、我が家に着いた、電車の戸が開き、ステップが出る。
そこから地へ降りる。駅が若い人の家である。
 大鳥がゆっくり大きく空に旋回し、舞い降りた。
若い人を迎える鳥である。ひらひらと蝶が舞っている。
羽巾1メートル程の蝶である。少し向こうには、赤い大きな
花が咲いている、背丈2メートルほどの花巾2メートル程である。
 首飾りをされたダチョウがじゃれている。
その向こうには、高さ4メートル程の丸い建物が見える。
巨大原子炉である。原子炉の中にも住まいができる。
 小さな象や、小さな馬がなかよく遊んでいる。
それぞれに家がある。電気が原子炉より供給され、
集中管理システムである。竪穴式住居も、正立、倒立
色々ある。藁葺屋根もある。トロイロという、遺跡の
村という。
 天の下、ゆゆたりゆたら、せせろる_す、
 すすれるくくゆ、するるせるする。
若い人が詠んだ若である。若柳という
しだられの絵という。
ゆゆるれてそ_る、すみすず、るるふろろす。
 若という和歌の一種である。
猛速2000キロメートルという、この頃の電車である。
若い人の脳という、やなぎ脳さくら頭蓋である。
若い人はこの脳でいう、『過去はもうすぐやってくる、
これを未来という。』 『過去への旅』ともいう。

トロイ遺跡、トロイロの文である。
 
Mr. Atom Lucky Ager, "Tokyo report" より 
【ソフト紹介】

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1140大原練習1040天の下1440
 LewisNocturneSuburb 田舎 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2408
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/04/08雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183849991

この記事へのトラックバック