2018年07月08日

卒業3234京都船旅2134古譜1134大原練習1034天の下1434  LewisNocturneNeutronLenearCar リニアカー (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3234京都船旅2134
古譜1134大原練習1034天の下1434
 LewisNocturneNeutronLenearCar リニアカー (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/07/08、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
時速二千キロのリニアカー
飛ぶように次から次へ走れば 窓景色
原子炉傍 大きな竪穴の住まいやら
縦葦藁葺き屋根 出雲大社風の
高い住まいが立ち並び壮観


 狐の天気予報。〇r2018/07/10
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 世は正に原子力、リニアーモーターカーの時代です。
空にはゆったりと飛ぶ飛行船、丸い飛行物体、球形飛行物体
などが確認できます。各村落には、原子炉が立ち並び
各家庭へ、また、大型乗り物、超猛速列車へ電気を
供給しています。ここ、東京駅から時速二千キロの電車が
次々と発車していきます。『1番線、各駅停車、停車駅は
韓国京城、中国北京、ロシアモスクワです。・・・』
『2番線、次の停車駅は、上海です。・・・』
『じゃあ、僕はここで、北京からモスクワへ行って、
 今晩には、東京へ戻ってきます。』
『いってらっしゃい。私は東京円盤空港へ行きます。』
『・・・・・』

円盤はロボットが運転している。
地球はリニアモーターカーの線路でつながり、いとも簡単に
外国へ行ける。
 東京、大阪、大都市には、スポーツ競技場を改造した原子炉
が林立している。
 オフィスには、原子力ワープロ、原子力印刷機がおかれている。
観光客は原子力カメラを手に、写し写されている。
 ビルに一歩踏み入れば、田んぼである。蝶が舞い、蛙が
鳴いている。トンビもカラスも悠々と飛んでいる。
農業を営む人が、モンペ姿で、腰手ぬぐいの
麦わら帽子で作業をしてい、上階は藁ぶき農家である。
その上の階は、竪穴式住居、出雲大社風の建物がある。
また、上には、娯楽用の原子力映画館もある。
この部屋の隣は、簡易台風発生装置もある。
最上階は原子炉であり、小型円盤発着場がある。
自動配達新聞、自動ゴミ集め、人工太陽全天候型
ビル一棟の光景という。
 若い人が流れている音楽を聞いている、和声長音階、
旋律長音階という、今流行の音楽である、クラシックである。
そういう時代である。民心は極めて穏やかである。
 −− 名著『ビル中農業』 連載、時間変更型作文。
   歴史が随所にみられる、新しい歴史観という。
   携帯型西郷像を取り出し拝んだ若い人である、
   明治維新を手に持つ人である、原子力時代を
   生きる人である。新しい歴史を造るという人でもある。

       
Mr. Atom Lucky Ager, "Tokyo report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1134大原練習1034天の下1434
 LewisNocturneNeutronLenearCar リニアカー (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2348
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/04/03雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183760065

この記事へのトラックバック