2018年07月04日

卒業3231京都船旅2131古譜1131大原練習1031天の下1431  LewisNocturneNeutronTwilightMusic 夕宵曲 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3231京都船旅2131
古譜1131大原練習1031天の下1431
 LewisNocturneNeutronStoneWall 石垣 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/07/04、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
石垣の道行き 緑空 大原
石垣は並んで頭出し 地下には
泉あり 来た大原 窓の明かりとり
目の前には空だけが見えて
草は低く小さくに


 狐の天気予報。〇r2018/07/06
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 若い人の視見という、視見には正解という。
石器時代に明示という、威信の群像という。
原子炉へ礼拝する若い人の姿という、政界の姿という。
時の移り変わりを目の当たりに見る若い人である。
自民塔を視見する、正立の社会党を見る、また、希望の塔
とある、太陽の塔もある。太陽の塔の千里眼の目という、
視見の正解という。群立する塔という、ここを視見して、
正解という、若い人の解答とそ。

 原子炉、水素炉、遊炉、遊子炉、融合炉という、原子炉を代表語に
語る若い人の正解という正解進出の話である。
原子炉を拝するという姿である。石器時代はそういう時代である。
 いずれの御時にか、政はまつりごとであるという、神社へ出向く
人という。政界の人である。
 原子炉へ出向くという若い人とそ、正解の人である。
 
 視見の正解という、視察である。原子炉を視察する若い人という。
これを詣でという。出向きと言う詣での人である。
祭られた塔である。正解視察を受けるという頃である。
コロポックルの頃である。歴史の正解という、若い人の
歴史考である。

 蒲鉾道へ歩きながら、かう考えたという。石器
時代の考察という。漱石という、石で漱ぐ人である。
歯磨き粉のことである、大切なものである。
白い歯を見せてニッと笑った若い人という。

 『レッツ、カーレラデイ』という、耳で聞いた英語を
しゃべるひとである。
 Let's call it a day.
レッツ、コール、イット、ア、デイという、日本人好みの
英語である。原子炉を拝し、視察を終えてそういった。
『今日の仕事を終えましょう。』という意味である。
英語の正解という話ともとそ。

 バクスン・レーテーという、ネブレルのブアットソーという。
レッツ、カール、イト、デイという、コールカルの山という。
ブーレンバークーのフーレンという。ブレインの話である
脳の話とそ。
 蒲鉾の地球であることという。ベールレバーズーの山という。
メルテル・レッキという歴史の話である。
葦之ヶ原遺跡という、ノクターンという、ノベラルーという
メッセの出とそ。ウンレバのやみする、という。メルテルの山である。
脳をブレーンという英語をいう、バーレルスーユーという、ブラルン
という、新語の花という。これを脳花むという、脳果とも。
レステスという、身部(みぶ)のおうらま、という。
メルテルレッセの山とそ。
 納言という言葉の新語のせいかいという言葉である。
新語で、"せいかい" といえば、納言である。
ネーマラーという、ナーネーという、納言のことである。
注意する話であるる
 納言に注意の意味がある頃とそ。コロポックルの頃であるる
原始時代である。
 ネーマーヤーラルーという。ネユレルのまぶせ、という。
 こと山のお書きという。
なごんというコロポックル語である。
コロポックル語を納言語ともいう。
コロポックルレールーの山という。
磁石路、はゆれるせむせむという。はゆる山のお書きという。
石器時代になる、リニアーモーターカーの出である。
石器時代の乗り物である。むかしからあるのりものという
意味である。原子炉もそういうものである。

 巨大原子炉という、建造中である、遺跡のそばにある
話である。絵にかいた餅という言葉がそういう言葉である。
原子炉に関する言葉である、巨大原子炉である。
その上に倒立の城という、絵にかいた餅という話という。
餅の恰好である。
神前に供えられていることとそ。
大きくすれば巨大原子炉である。
私見視見である。

私見を視見という、キザの語源である。
私をキザという読みである、キサともいう、この読みの
元とそ。

Mr. Atom Lucky Ager, "Gree report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1131大原練習1031天の下1431
 LewisNocturneNeutronStoneWall 石垣 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2318
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/30雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183733215

この記事へのトラックバック