2018年06月30日

卒業3228京都船旅2128古譜1128大原練習1028天の下1428  LewisNocturneOldStoneHouse 岩屋竪穴 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3228京都船旅2128
古譜1128大原練習1028天の下1428
 LewisNocturneOldStoneHouse 岩屋竪穴 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/30、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  ABand in a Box. PG Music Inc.社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
竪穴岩屋 稲が実る前のたんぼ
緑立ち塔立ち 丘に羊 草を食べる
明日乗る 高速鉄道の待ち駅
釜の墨を筆取り書けば 踊る字
笑う字の ここの日は楽しい

 狐の天気予報。〇r2018/07/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 ここ、葦之ヶ原という、岩屋地区には、岩屋が立ち並び、
竪穴式住居群へ行けば、竪穴式住居がたくさんある。
そこに住む若い人と言う。貫頭衣を着ていたという。
 今日は背広という出で立ちである。
新幹線に乗ってモロッコまで行くという人である。
ゆうに時速3000キロメートルくらいは出る。
 竪穴家から少し離れた所にはコンコルドの大型
ジェット機が止まっている。

 『これは私の宝です』と、木の棒に石がゆわえられた
ものを持ち、しげしげとみている。
 また、少し行けば、水素炉が立ち並び、原子炉もある。
そこへ行き、原子炉水素炉群に柏手を打ち、拝をする。
直接礼拝方式という、礼拝である。
また、この村の入り口には大きな鳥居が立っている。
 ロケット電車が横を通り、大型シャトルがその上を
飛んでいる。
 ドローンの中の円盤が発射され、何やら人が作業をしている。
原始時代と言う、卑弥呼以前の話である。
 大きなロボットが立ち歩く竪穴式住居の村である。
このロボットをみて神という若い人である。この神の中に寝る
ときもある若い人である。神のなかからでてきた人という。
 
 大きな神殿という、2時間ほど電車に乗ればすぐに行ける。
また、砂漠の中、三角錐の大きなピラミッドという、
四角推、五角錐のピラミッドもある、今建設中である。
スフィンクスもたくさんある、現在建造中のものもある。
 空には、龍の落とし子のような恰好の飛行物体が
飛んでいる。運転手を見れば、ピラミッドの備え付けの面を
綺麗な模様の被っているロボットである。エジプト空軍
と呼ぶ。神殿を建造している姿という。
 工夫大王という、蔦の仮面をかぶる、
竜の落とし子の運転手という、ツタンカーメンともいう話である。
世間に名を知られた機械である。

 そういう時代である。明日はそういう時代である。
葦之ヶ原文書、釜墨で書かれた項より古き良き時代である。

ツタンカーメンという、その面の模様を柳の模様という。
ゴーファーという、主として中脳を使って書かれた文で、
延髄上部という、やなぎ脳という、歴史学の用語を使った文
という。脳学から見た、現在という、今のことという。

レーフルレンゼーというゴーファーランのお、という。

メレテのくくゆ、という。メブスレーという。めんる

はなゆらのこきゆとそ。

 エテカ花、山やら、るるれ、おいす、ててるるるほ、こゆれゆ

とんる、という。こうゆれこうこうのぺっと、という。

これを、ペルレルという。ルファールのファーレルという。

めんすの山のお書きという。これを、れんてのゆ、とそ。

 めててという、ここゆるれれするるるる。これゆ、せむせら、

ろんすろんそててるる。こゆれるせせれ、とそ。

このことをちゅう、という。注という。

意を注ぐ話とそ。

Mr. Atom Lucky Ager, "Gree report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1128大原練習1028天の下1428
 LewisNocturneOldStoneHouse 岩屋竪穴 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2288
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/25雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183681321

この記事へのトラックバック