2018年06月27日

卒業3226京都船旅2126古譜1126大原練習1026天の下1426  LewisNocturneIdolRun 拝像進 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3226京都船旅2126
古譜1126大原練習1026天の下1426
 LewisNocturneIdolRun 拝像進 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/27、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
松笠胸飾り 初花の踏み行き
葦真直ぐ立つ柳世 翠は野茂る
野の村辺 像が立ちらんらんと
見遣る山 背にし 堂々と
動く像 我とともに暮らしてる
日の本、大和世

 狐の天気予報。〇r2018/06/29
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 巨大な像という、これが動く像である。
日本大和時代である。胸に松笠の飾りをつけた、
松笠という、後に陣傘である。これを胸につける
像という、目は勿論開け閉じする、緑色の目である。
緑黄光という、光りをだして、進んでいく。
この道路を時代という、歴史道ともいう。松傘道
という。
 横を見れば、竪穴式住居が並んでいる。原初形態田という。
勿論、この像を拝する原子炉村である。
 上海からモロッコ行き列車に乗れば、大きな造りの石造
という。残る建造物である。あれが、歩いていた頃とそ。
 手に、木の棒にくくりつけた石という、石器という。
それを手にする村人である。
 こういう時代が来るという、江戸朝着物姿の頃という。
竪穴式住居もできてきているという。
『いずれの御時にか』という、更衣あまたという、貫頭衣姿の
鉄器、片手という、小脇に土器をかかえた村人である。
 そこで歌われていた、ラを半音下げた歌である。
 
 そういう時代の歌である。ラが半音さがっている。
これは大和朝の一種である、音楽である。

 若い人は、この歌を聞きながら、像と一緒に歩くという。
偶像進神である。崇拝の道という。古代文明人である。
竪穴式住居に住む人々の生活という、絵に描かれている。
絵の通りである。葦藁造りのスカート様、竪穴式に住んでいる
大和原人である、葦之ヶ原人種である。
偶像はその人たちの手で造られた話という。
歩く埴輪もいた頃である。
 
Mr. Atom Lucky Ager, "Gree report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1126大原練習1026天の下1426
 LewisNocturneIdolRun 拝像進 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2268
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/22雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183661275

この記事へのトラックバック