2018年06月10日

卒業3204京都船旅2104古譜1104大原練習1004天の下1404 LewisNocturneMoonRabbit 月兎(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3204京都船旅2104
古譜1104大原練習1004天の下1404 LewisNocturneRiver 岩戸中川(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/06/10、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Home Stone
     訳  Grace Tran(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】指揮:天照大御(あまてらすおうみ)
    Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
    歌手: Web Web Singers
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  AMusic Maker, Magix社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
オーロラの月夜 月兎踊る夜
岩戸の中 壁画には君と私 描かれ
ここ 大和の川 奥に流れる
魚飛びはね 蝶ひらひら
花山 岩宿の中庭 
音楽も流れ

 狐の天気予報。〇r2018/06/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
 
【解説】
 『現在は、インターネットだけで歌って
  います』と、いう Web Web Singersの
  皆様、アキノコリ・ミュージック所属
***
 カードから、国を作る、これは半ば常識である。
リニアモーターカーという。この線路を敷き、これに沿って
国を作る。南京法の山という。南京政府という、南京ホア・ロンルー
という、これを実行する東条洋網という。レールを網という。
 汎太平洋リニア網という、ここをなんばという、なんば山の
お書きという。ワーレーという、ワマンハーのヤッセルという、
イウチチという、わっての山のワーハーという。
 めっする冷泉のかんぺという。あわするせってのすすゆ、とそ。
 ドローンと円盤という。これが道具である。原子力網の
整えである。世は原子を戸という、花揺れのかっけという。
これをカーデラという。メッツのゆきふりという。やむせる
たたよ、れれる、おんせという。これをレルホルという。
ゆむてすのれろんそ、という。
 日本という国もそうである。神武朝にできた木の線路という
48枚の花札の国とそ。木製の円盤、飛行機が飛び交っている日本
上空という、木製自動車もある話とそ。
 トランプというカードを前に考えた、それでできた
アメリカという。ペンタロンズという。論の山のお書きという。
 南京柳条口という。ここを出でナムをいう、ネーベル・ロンデー
のあおはっすくのゆいはる、という。ゆいの山、これをロムレルという。
柳条口発の祝砲ドンである。ドンが鳴っていた話である。
 レムンホア、レムンスクのゆうるる、という。ペンスベのあおれる、
という。ふうつる山のお絵という。レッツという、論のうるうすゆゆ
とそ。この文が計画書である。上海よりモロコへのリニアモーター
木道である。すでに時代は逆行している話である。
 江戸時代人が闊歩する昨今という。着物着物という話である。
江戸幕府の到来という、山川葦である。葦木を植えて心安定という。
病すぐる、山居、岩穴無洞穴家のたびととそ。旅人算もこの頃できた
話という。リンゼー・ロンドンという。アーキル・レッセーという。
この通りの世の中が到来する。今がそうである。神武朝の幕府
という。ロンドン・バックスのお書きである。バックする時代という。
論半という、磁石道でも作る話である。
 古い日の秋残りという、鴨川ができた頃という、この沿いに原子力発電
書という、古い建物がたくさんあった時という。この時すでに100万、
200万基という、発電所の数である。もっとたくさんあった話である。
 円盤という、飛行物体という、この道具で線路を敷き国を造る。
糸状の国という。円盤立国である。柳条溝円盤幕府お書き、これなる。
 京都船旅という、京都を船で旅すれば、こういう考えが出てくる
ものである。京都スイス論という、すいすい論である。
 神武の東征もそういうものである。船旅の神武という。
丸い輪っかのついた船ともいう。祇園精舎の祭りという、
たくさん並んでいる話という。京都丸にて。倫敦幕府、葦書き。
 モロコ論である。青花の屋、これを、レンブスという。
メーベルのゆい、とそ。めっぶる。レンゼーのあおれる、という。
せっての山のお書き、惟たり。
 I yu Lottu cell, Wee hac le-te uusu yu.
れるはるのローマ語である。
 I hats yuts le-tese so.
 文尾soが、今の英語のsoという。
 蘇我春尚のおゆれ文、これなるを。
 礼文という島書きである。ルイス島の譬えという。
 これを、かまんぼこ、とそ。
 Come on beaucoup というルイス島の古い言葉とそ。
 ボクレル・ルッスーの山、これをルーイズ・ロンズー
という。はなるるれれる、るるる、これなるを。
Mr. Atom Lucky Ager, "Lewis report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
AMagix Music Maker

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1104大原練習1004天の下1404 LewisNocturneMoonRabbit 月兎(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou2048
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/03/05雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183499929

この記事へのトラックバック