2018年05月31日

卒業3185京都船旅2085古譜1085大原練習985天の下1385 LewisNocturneSolo (兜虫)独唱(壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3185京都船旅2085
古譜1085大原練習985天の下1385 LewisNocturne(Beetle)Solo (兜虫)独唱(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/05/29、柳晴
     創曲、Lewis Black
     造詞、Bridge Willow
     監修、Tec Trance
     訳  薬師楢 任(秋残り市在)
【拍子】
【種類】オーロラ拍子
【演奏】Leodhas town singers
    Lewis Old Orchestra
【場所】
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  Aバンドプロジューサー KAWAI
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
1.ピアノが鳴り終わり歌手立ち一言の
 兜虫の話 音が小さく流れだし
 盛り上げる虫の話 後、歌手
 歌いだす 夜静か 心にしみわたる
 しみじみとする流れ行く歌声に
 明日よろし
2.島の日 兜虫が飛んで木に憩う
 オーロラ待っている 虫の音に聞く
 宿の歌 今晩は宿へ行こう 歌聞き
 飛び回る 楽しいよ 人、手を打ち
 合わし 口ずさむ歌 虫は悠々飛んだ
 宿よろし
3.頭にとまって気持ちよく バイオリンの
 音聞く きれいだよ 花は飾られ旅人の
 楽しみに ギターを弾く飛び入り
 兜虫飛び飛ぶよ 聞けば勇気湧いて
 虫の夜 人の世は ともに音添われ
 時よろし


 狐の天気予報。〇r2018/05/31
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
 兜虫注: 演奏は島人です。
      トンデル私です。
Mr. Atom Lucky Ager, "Lewis report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
Aバンドプロジューサー KAWAI
BHarmony Assistant、 Myriad

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館夏期展示
『古譜1085大原練習985天の下1385 LewisNocturneSolo (兜虫)独唱(壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
秋残り市、描人知らず
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou1858
     画商『曽端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/02/23雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183359146

この記事へのトラックバック