2018年05月14日

卒業3146京都船旅2046古譜1046大原練習946天の下1346Lewis NocturneWalk meadow 草原夜歩 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3146京都船旅2046
古譜1046大原練習946天の下134 6Lewis NocturneWalk meadow 草原夜歩 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/05/14、柳晴
     創曲、Ann Beauty
     造詞、Rich of Island
     監修、先生女 誉(秋残り市在)
     訳 森林 牛雄
【拍子】
【種類】霧拍子
【演奏】Leodhas town singers
    仮名文字ローマ字混ざりあえ
【場所】霧が出れば、演奏します。
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
夜歩き牛を友 帯光 はてしなく
空に広がる 鳴くや 喜ぶ牛
吐く息 白少な 角に巻く紅白の
布が美しい 布張り空 行方には
匂い香り富有 (飽きもなくに)
時富む夜 邦の道


 狐の天気予報。〇r2018/05/16
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】
 牛の角に、紅白の布を巻く、角の保護という。
万物に安全をという、秋残り邦道人である。
牛歩の歩み、紅白布の美、帯光の通りという。
帯光に添う匂い香りという、森林の邦に留意をとそ。
留意す、縞である。縞国、二本という、五黄のウシという。
黄色人種という、鬼光を有す、人という。
若い人のYOUTHである。Use youth の時香りとそ。
若い人の或る夜である。一夜という。
 得河綱牛という、牛を愛でる人である。生類憐みの令
という、動物愛護法という、EDOの法令という。
今に生きる法律である。EDOのLewis牛という。
江戸山牛歩の文である。これをあやという、文という。
文行の文香という。学校を文行という話である。
 本を読みながら歩く、字流れ綾という、帯光の流れる
字である。これを、邦の字道という。字が道く(いく)
という、道人である。字道の山という。
 山にかかる帯という。昼の往路という。
オーロラは昼にもある。昼のオーロラを、道光と
いう。道帯光という。昼帯光である。闇の帯光という。
発電所を帯光所という。明示時代の頃である。
オーロラ発電で、明治という。帯光電化の話とそ。
往路の明示という、帰路も明治である。
 これで、めいじを明治命という。明示命ともいう。
これを歴史の作という。秋残りの明示である。
着物姿の闊歩する今の世とそ。江戸の姿という。
古い話という、これを歴史の縞という。
歴史島とそ。ルイスのことをいう。歴史ある島である。
グレート領という。ルイス島のことである。
グレートブリテンという所にある島という。
 着物の帯という。オーロラという縞という。
オーロラ地という、帯地の話という。オーロラの
絵柄の帯という、織り帯地とそ。
 大公帯とは、どんな帯かという。偏向帯の歴史の
見方という。偏光の話である。
 帯を斜めに巻く着物の着方とそ。どんな帯ですかという。
ルイス掛けという、帯地の着方とそ。これを、ギブックス
という。ギブレルともいう。古いローマの肩掛け布という。
プルトンの原子という。プルータスという。ブルテスの帯
という。あの帯をローマ様に掛けたら行くんぜよ、とそ。
いくんぜ掛けという。帯の肩掛けである。たすき帯に
帯を使うことという。これを琴路(ことじ)という。
琴路掛けという。たすき山お書きという。
男物の広幅の帯ともいう。女帯も使うという。
 広巾帯の使いである。明示時代はそういうように使う
という。着物の明示という。そういう時代である昨今という。
昨今明示のおばんれく、という。おばん山のお書きという。
明示時代という秋残りの明示である。今をいう。
明示時代に闊歩する人である。若い人という。
オーロラ柄の帯、オーロラ掛けの帯、それを往帰路
という。ピーキロの結婚式という。ピーキロと鳴く鳥である。
 フィガロの結婚であるという。マゼンダ色という。
マゼカラという、マゼインフッセの山という。マーという。
マーブルという、大理石の地という、大理石の織りという。
 驚きのマーブルである。この文がそうである。
帯の文、驚き織りの綾とそ。
 良しをうしという。良いことをいう、うし言葉とそ。
 これを牛という。牛家の話とそ。
Mr. Atom Lucky Ager, "Ireland report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1046大原練習946天の下1346Lewis NocturneWalk meadow 草原夜歩 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 びという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3
伴奏譜5-3  bansohu5-3.mid


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou1468
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/02/09雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183229614

この記事へのトラックバック