2018年05月02日

卒業3131京都船旅2031古譜1031大原練習931天の下1331London 1woods 森 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3131京都船旅2031
古譜1031大原練習931天の下1331London 1woods 森 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/05/02、柳晴
     創曲、霧都倫敦
     造詞、花添町子
     監修、先生女 誉(秋残り市在)
【拍子】
【種類】London
【演奏】London Music Associates of Fog
    仮名文字ローマ字混ざりあえ
【場所】霧が出れば、演奏します。
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  A旋律90% Harmony Assistant付属
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
鹿を追い森へ行く霧は晴れ渡り
広葉樹の茂りに良き朝のミサ流れ
女神は聞く レスターの村川緑場
豊か、そう、川 流れる御場
水は自由につく 村人の言う。
しものロンドン霧張る頃
女神、水浴びる 複製の里

 狐の天気予報。〇r2018/05/04
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】
 若い人はいう。主よ、あるじは、と。叔母を信じて仰ぐ
若い人という。ここ、倫敦を離れた北の地、かわが流れる
寒村である。そこに叔母がおられるのである。その叔母は、
『わらわは、複製である。』と、仰せられる。そんな叔母が
大好きな若い人である。その叔母を信じて仰ぎ、拝みもする、
その地を御場という、レスターという村である。しものロンドン
という、『わらわが水浴びをする頃は、霧が張るでしょう』と、
 霜のロンドンともいう、霧の倫敦である。
 『主よ、あるじは』
 『しものロンドン』
 レスターの町という、ロンドンを下手という。
 若い人の明示威信である。主は女神である、
 あるじは御場である。叔母が主である話という。
 御叔母の明示威信である。遠いEdoの都では、Meiji
 といっている頃である。
 レスターの霧元という。御場、レスターという。
 入浴には、水は付き物という。豪快な複製の
 御叔母であられれる。御場に今もお住まいである。
 
 自由の女神、注: Leicester のことかしら。
 
 女神の服を、下百合(しもゆり)、という。
 古ロンドンという、レスターの町である。
 レプリカントという意である。
 ケルレスの言葉という。レップスカールの御場とそ。
 レスター古話。
Mr. Atom Lucky Ager, "London report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1031大原練習931天の下1331London 1woods 森 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 みという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou1318
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/01/28雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183145956

この記事へのトラックバック