2018年04月30日

卒業3129京都船旅2029古譜1029大原練習929天の下1329London 環状列石(霧隠れ石) (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3129京都船旅2029
古譜1029大原練習929天の下1329London 環状列石(霧隠れ石) (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/04/30、柳晴
     創曲、霧都倫敦
     造詞、花添町子
     監修、先生女 誉(秋残り市在)
【拍子】
【種類】London
【演奏】London Music Associates of Fog
    仮名文字ローマ字混ざりあえ
【場所】霧が出れば、演奏します。
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
立つ石並ぶハイド公園に切り出で
見えないその場に佇んでいた
何時晴れるやらと帰宅もできるかしら
不安中 長く待てば声聞こえ耳をすます
霧傘さして人が来た
  見知らぬ人とわかりまた待ちに待つまた
  人見えまち去り行くそのままに立ち立つ
  つのる不安ありあり すこし明くなり
  空の切の薄まり 日がさしはじめ
  ありがたきかな御日のお顔見え

 狐の天気予報。〇r2018/05/02
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】
 Hyde Parkという、昔、環状列石があったという。あいにく、
霧が出て、家にいたという。霧隠れの石という。ロンドンの古い
伝えである。若い人哀歌、これを歌う。

 円盤世界一週という、若い人のロンドン絵巻に添えられた歌である。
ドローンから発射された円盤に乗って江戸からやってきた若い人である。
ドローンと一緒にきた人である。魯鈍という人である。
 その円盤で、国を造るという。ここ、ロンドンから遠く
上海からアフリカのモロッコへ鉄道を敷いて、リニアモー
ターカーを走らすという。リニアー・モーター・トレインの
線路に沿うて、原子力発電所をズラーっと並べるという。
それで国はできるのだという。円盤を使って、国を造るという、
 旅行に円盤、リニアモーターカーを、という。上海港、カサ
ブランカには私の乗る和船が待っています、という国造りの
みやっこである。国造(くにのみやっこ)である。
こくぞうぞう(国造造)の若い人である。大和朝廷時代人でもある。
 ぞうぞうと言うて像を拝む人である。ミサもまたよいものである。
自由の女神に捧げるミサという、御朝(みあさ)のともである。
これをみともという。叔母のみともという。朝をともと読む人という。
御朝のミサという。操の体という。太宗の操体という。

霧で周りが見えないところへ着地した円盤という。
 円盤体操ですかという、太極圏へ突入した円盤という。
その頃のロンドンである。Hacksonという、くしゃみの出とそ。
くしゃみ河原拍村とそ。

 向いの対岸をポーと見ていた、アレッ・ポーの村である。劣都村
という。Leicesterという、劣村である。劣都ともいう。
れつですという、おとるですという、若い人の言いである。
劣鳥という鳥である。大きな鷲である。女神の肩に止まって、
ケロケロという。カエルの鳴き声をまねる鳥である。
大和原始時代の鳥である。原始時代の昨今、自由に飛び回っている
鳥である。
 ケロ鳥お書き、これなるを。
 
走り水
 弟橘媛(おとたちばなひめ)の仰ることには、きしこ、はなゆら、
けてよて、すすそ、とれふせ、れれふ、そそゆす、こるれ、
せせおり。そゆすて、ほつゆ、れてほる、すっくる、せむせむ、
これを、としとそ。
みるれる山のお書き、という。

Mr. Atom Lucky Ager, "London report" より 
【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1029大原練習929天の下1329London 環状列石(霧隠れ石) (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 みという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou1298
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/01/25雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.

posted by 秋残り at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183120752

この記事へのトラックバック