2018年04月22日

卒業3120京都船旅2020古譜1020大原練習920天の下1320London, Hometown 故郷 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3120京都船旅2020
古譜1020大原練習920天の下1320London, Hometown 故郷 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/04/22、柳晴
     創曲、霧都倫敦
     造詞、花添町子
     監修、先生女 誉(秋残り市在)
【拍子】
【種類】London
【演奏】London Music Associates of Fog
    仮名文字ローマ字混ざりあえ
【場所】霧が出れば、演奏します。
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
  BHarmony Assistant、 Myriad
   旋律部分、Harmony Assistant付属80%
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
幕府前のお方 霧を見てる
晴れるやや晴れ 花霧玉霧の
丘に住まわれ きさに喜び言われ
今日も一日良い人に会うとも言われた
方状の霧の中の人 頭に顔隠し
ロンドン町 行く人


 狐の天気予報。〇r2018/04/24
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town. 

【解説】ロンドン故郷
 ヒュームライトの丘という。倫敦幕府の前である。そこの
ヒューコックという、ヒュウと風が鳴る丘である。コックと風が
鳴り止める丘とそ。そこの言葉が、Wee ウィ という、言葉と
いう。Ween Londonという、音楽の家のある丘という。ここの
風の教えである。一連のロンドン・マイナーである。
 WeenConという。カールレルという。ここを、メンという。
メルテスという。若い人の家である。今もそこにいるという。
 中国へ行った若い人と言う。雲雨の契りという、中国の
古いことわざである。ここ、ロンドンでは、霧有の契りという。
霧が私ですと、御叔母のことである。これを、フォギーという。
Foggy sayingとそ。
 Mist Foggyという霧の名である。 これを、Miss Mistという。
失う話の霧の濃さとそ。見失うという。自分の足元すら見えない
濃い霧という。それを、ムムという。ムムムともいう。
それで声を出すという。声を出して、自分を知らす。
これを、むみ浜、という。むみ山のお書きという。
 オーキョウラムという。メメのおよりとそ。ようゆうの
メンテルという。これを、メルユスという。ユースという、
こと山のお書きそゆ、という。せっぷのえうる、すすれる、とそ。
るるはらる、という。るる流る、山ふさという。山々のゆえ、という。
ゆんのむらやら、という。ややのお書きという。
霧や、やや晴れるという。霧、ややや晴れる、とそ。
どちらの言いもある場のやや、とそ。山々のお書きという。
これを、むむ張り、という。むむむ張りともいう。
霧の張りという。ゆうままのえてゆて、という。
めゆれゆすすれる、めてす。これを、霧という。
相待ち山のお絵という。後、かのうという、かなう町
という。愛町という。これを、ラッビンという。ラビ
ングの愛という。相という。これの、ソウルという、。
相愛という。ラビングルーという。流れのあいという。
 逢引山という。ソウとそ。これを、そうのやら、という。
せめするのかなう、という。かのうとも。けるれすたま、
という。玉山のお書きという。けけゆれ、れれす、そうる、
とそ。後という、そうろう、という。何々して候(そうろう)
という。候文の山という。
 So do I という。英語の so が、この"そう"である。
これを、にんはま、という。はまべらの言いとそ。
ゆみゆけのおいい、という。おいという。若い人をおいという
霧の御叔母という霧御叔母の山という。霧山の語元である。
これを、そう山という。ソウマウンという。マウントの山という。
Mount Mistとそ。MMという。M語という。M山のお書きという。
Mを山という。
 山を私という、ビッグ・ベンの塔という。この塔が会う霧という。
音を鳴らして自分を知らすとそ。相愛の塔という。ビッグが愛う
という。ビッグの愛という相である。これを、そう・わたし、
という。相私相愛という、そうかいという、相会とそ。
 爽快なビッグという。爽快の語元という、古く霧という。
爽快霧という霧である。塔を山という。ビッグ・ベンに会う
という。相爽快という。姿の相を姿相という。これを相思という。
相互い思うという。相思相愛のそうかい、という。相会という。
総会という。そう山のお書きという。
 英語を交えての語元説きという。説解の山という。
ロンドンの山、これをトリキャッスルという。
たばこ山のお書きという。達筆トムとも。
 何事も得る、得側日出葦という。若い人の言いとそ。
豊と海と。ほうかい、ほうかい、と頷く、そうかいという。
霧の海を霧相と。霧の姿の豊相である。いろんな姿の霧
という。三角形の霧も、丸い霧もある、これを平面
という。三角柱である、球体である。
シクト山という。シクトの言いとそ。
sict という、かわ山とそ。霧がかかった山をシクト
という。霧山千ともいう。タオユレという、田を呼ぶ
とそ。タオの山のお書きという。これをロンという。
論鈍という。論鈍の敦夫という。倫敦のあつしの山
という。霧山敦夫という、ロンドンドン 論ドンドン
という。総会の山という、頷く人である。
 ソウルという、無状の霧という。姿のない霧である。
これを、有状霧(うじょうむ)という。
ところざし、という。志の話という。心の状態を霧とそ。
心理を霧という。花山のお言いとそ。花山という、方状の
山という、論鈍霧が出る、緑林構という場の歌とそ。
ロンドンマイナーの歌である。
 玉状霧を錐という、ゆうすい山という。うすい山という。
三角錐の霧という。この状態が、霧であり、心理であり、
錐である。新理事様態をさまという。霧様心理という。
道具の三角錐という、錐という。これを、ガイという。
心理外の理想と。これを、蓋然という。蓋然性心理という。
心理学の一分野である。蓋然性心理学という。後、パブロフ
という。医学の心理学とそ。体の状態と、心の状態を論ずる
心理学である。きりの山のお書き、これなる。
 木で言えば、同じという。桐という。起動という霧の興り
という、消えという。衝動という、霧の動きとそ。
これが、心理学の衝動でもある。
 以下省く。
 倫敦花町霧花の蘆家の歌。
Mr. Atom Lucky Ager, "London report" より 

【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1020大原練習920天の下1320London, Hometown 故郷 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 みという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou1208
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/01/17雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183052541

この記事へのトラックバック