2018年04月14日

卒業3110京都船旅2010古譜1010大原練習910天の下1310London Forehead (壮強太陽)鳴恭川世讃歌):イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3110京都船旅2010
古譜1010大原練習910天の下1310 London Forehead (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)

【創曲】2018/04/14、柳晴
     創曲、霧都倫敦
     造詞、花添町子
     監修、先生女 誉(秋残り市在)
【拍子】
【種類】London
【演奏】London Music Associates of Fog
    仮名文字ローマ字混ざりあえ
【場所】霧が出れば、演奏します。
【作成ソフト】
  @Music Score3、シルバースタージャパン社
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
ここロンドン、仕事をして、働き者と
ハイド氏がおはようと、越えかけてる
ジーキル博士答え、ここ若い人、遠くより
来ている 英語の花咲く、学びの庭に
尊い教え受け

 狐の天気予報。〇r2018/04/16
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【解説】ロンドン額
 若い人は言う。『ロンドン額です』と、自分の額を言う。
学び、働きという、Study-work, スタディー・ワークの町という。
霧の額の辺りという。麓に毛林がある場所と。目の上の眉毛という。
花山のお、という。眉毛のたっとびとそ。その町である、ここ、
ロンドンという、はきやのふるゆる、という。せせよのふるく、
という。めてゆてれれすふふる、れれそおるふるせてせ、よよよ、
花、えるふ、れれるすすゆる、これを、ろんそめという。
ロンドン山のお書きという。ハイド論、これという。
 歌を歌うという人という、かか山のおいき、という。
かるせの山、ここゆるせてふ、これを、乱筆という。
乱鈍という、乱筆の町ともいう。ロンドという。古い
町名という。歌の形式になった話という。
ロンドン古音お書き、これである。
 
葦之ヶ原慕情のお文
楽器を、血という。
こういう場所を論という、倫ともいう。
倫道という、論道という。楽器の道という。
これを、未知という。道知らずという。
楽器を、いう。
楽則という。ゲンデレという。楽器の道をいう。
これをけという。みた山という、おりらる、という。
未知という楽器という。
レーンボーという。レーンの楽器とそ。
弓なりの楽器という。七色の音という。
十二色のレーンボーという。自然の話である。
十音楽器という。ーモニーという。
ここの家をテンとそ。
ハーモニカの家とそ。ドレミファという、
この音の間隔に違いのある、音階という。
このハーモニカをいう、レインという、レインカともいう。
レーンカーの山という。これを連歌という。連歌の山という。
みなせという、水無瀬の山とそ。
水瀬山吟十六音という。これをイシという。イシハツという。
めめふれの山という。
 京都五山をロクという。ロクレルという。これを、メンフル
という。メステともいう。メステの山という。
 水無瀬山船ゆら、けけふる、おりふる、という。
れれふるるてるやるる、これを論という。
 楽器のレーンボーという。弓の家という。ゆみふるふるる、
という。四季の花という。花華山々とそ。
 四季の自然は指揮である。式ともいう。式という指揮棒の
振りという。どういう式か、仕方は色々ある。
 式の色という、これを、式色という。古く、指揮をいう。
式色という。振りを、ながいきという、ながゆきとも。
 音の楽をと、とそ。楽をとる式という。これを、式ふぁという。
式やりともいう。式ふぁの山という。ファーレルという。
ファックルともいう。式をファという。ファーブスともいう。
ファーレル・論ホア、という。戸外の楽をいう。
 式道という、式未知である。駄作者の式である。
こういうやり方である。
 未知なるレーンボー、既知なるレーンボーである。
キチキチという楽器という。ドラムをキチとそ。
 ドラムス大尉お書き、これなるを。ステーシーというドラムの
打つ場所を基地という。東洋都美日出葦の見抜きである。
あの楽はそういう楽である。
 トランという楽器である。かたつむりのお、とそ。
 レーンの楽器という。ボーの楽器とも。
ぼういつの山という。漢字の書かれた楽譜という。ぼういつの
越天楽とそ。
 自然をいう。あの越天楽、日出葦の弓である。葦造りの弓、
キュキュマウマウという。そういう楽器である。
 ロンドン・スッパナ、これを記す。襟を立てての襟ざるという。
ロンドの山という。ロンドンである。
 ロンドという、キチキチの屋という。日出キッツァンという。
日出吉の山という。倫敦幕府お書き、これ江戸なる頃の弓である。
弓吉(ゆみよし、ゆみきち)という、弓々の話である。
 バイオリンをいう。虹の奏者という。顔が日で、楽器が虹で、
弓である。バイオリン奏者をきゅう(急)という。キュキュ花と
いう。音をキュウ連という。バイオリンの音をいう。
 駄作者という、バイオの山という。
日ぃ出る山のお絵、これなるを。
付け:野に咲くキュキュ花もある。葦之ヶ原の自然という。
十二色の虹を見た人である。
Mr. Atom Lucky Ager, "London report" より 

【ソフト紹介】
@Music Score3、シルバースタージャパン社
   移調もワンタッチ。絵を描けます。
   利便なソフトです。
Aバンドプロジューサー KAWAI
   旋律を造り、このソフトに入れます。
   伴奏を選べば、名曲にしてくれます。
BHarmony Assistant、 Myriad
   ハーモニカ譜、尺八譜、篠笛譜、
   ・・いろんな楽譜が造れます。
   歌を歌います。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜1010大原練習910天の下1310London Forehead (壮強太陽)鳴恭川世讃歌)』
俄家判 みという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元
MusicScore3


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou1108
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1918/01/09雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182977524

この記事へのトラックバック