2018年03月20日

卒業3081京都船旅1981古譜981大原練習881天の下1281 本岬 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。

【曲名】卒業3081京都船旅1981
古譜981大原練習881天の下1281 本岬 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/03/19、柳晴
     創曲、卒 業尾
     造詞、時 至
     監修、先 生女(秋残り市在)
【拍子】水素拍子
【種類】
【演奏】中性子炉愛好会、火打石同好会
    特別出演、Flash Jazz 愛光会
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】アクセスOK型中性子炉劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
希望のさき 丘の道 登り行く
話ながらに夢の花 大き花 咲けと
女神の声 世の果ての埼 岬 大海原
鯨が尾びれをする 潮吹いて 我を知らす
手をする我 本を手にし 光の中
歩む日々 遠くから流れ来る川にまた旅

 狐の天気予報。〇r2018/03/21
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【5拍子】
【解説】
 旅、旅、旅続きの日々。若い人は思う。
夢に旅、うつつ旅。本を持ち歩む、光の中で読む。
大きな川が流れている、どこから流れ来るやら。
 海そばの岬へ足を伸ばし、見ると潮があがっている。
しばらく見ていると、クジラがこちらの方へやって来た。
尾びれを見せてくれた。また、潮を吹き上げ、むこうの
方にはまた一頭のクジラが潮を吹いている。クジラが
来る岬という、本見る岬という。本見岬の本岬。
 大きな赤い花が咲いていた丘の花園という。
夢の花という、大き花である。園一面に咲いていた
とそ。本岬へ行く道という。川が流れていたところとそ。
 若い人は思う。この川を上り、奥地へ行く。その日は、
あすなりの希望の灯日、女神の光を受ける若人の目という。
輝きに輝くあすなろうの人である。希望の人とそ。
若い人は本に書き入れたその日のことと。ローマ字で
書いてある、若人の記という。

 Veri low-flow morotto bis-mus yum.
 Meri yurie frarelu yus.
 Betts loc-lok luhor-lulu.
 Mits lestus lons-Q lu-yuu.
 
 我、またも、見ん。
 くじつ魚、ゆるふ、れれす。
 めるせる、せんす。
 るる流れる川弓、弓れるするる。
 
 I would see him, again.
 This large sea, I should come here again.
 I have hope coming true sure.
 That is making country over the world.
 I have a dream coming true.
 Dream again dream, tyravell and travell, everyday.
 From tommorow, I would start trip.
 Life is tavell. This's my saying.
 
 夢に旅、旅に夢見、夢あり。
 生きる日、夢あり、旅あり。

 人生はあすなろう旅である。
 夢なり旅とそ。
 
 若い人の本に書いてある。若い人の言葉である。
 ビズフル、これなるを。 
Mr. Atom Lucky Ager, "Freedom report" より

【作成ソフト紹介】
@バンドプロジューサー KAWAI
 WMAファイルを、これで作りました。
簡単に効果がかけられます。フェイザーとか、
はっきり知りませんが・・・。私のような、
初心者以前の者は、わからなくても、こういう
具合にしやシャンセと、お聞きの通りです。
慣れた人なら、もっとうまく作れます。
AMusicScore3、シルバースタージャパン社
 このソフトはよくできています。なんといっても、絵が
描ける。私は、これがいいです。文章を、jpeg画像で保存
できます。時々使います。
利便なソフトです。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館春期展示
『古譜981大原練習881天の下1281 本岬 (壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 るという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou818
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/12/14雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182739205

この記事へのトラックバック