2018年03月05日

卒業3068京都船旅1968古譜968大原練習868天の下1268夏雪邦(壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3068京都船旅1968
古譜968大原練習868天の下1268夏雪邦(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/03/05、柳晴
     創曲、卒 業尾
     造詞、時 至
     監修、先 生女(秋残り市在)
【拍子】水素拍子
【種類】
【演奏】中性子炉愛好会、火打石同好会
    特別出演、Flash Jazz 愛光会
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】アクセスOK型中性子炉劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
おいら夢見る 勇躍世に立つ
船旅ぬ街 花ゆらる夢の世
川が山なら、船が山行き、花の船旅、
これ、山登の夢なり。


 狐の天気予報。〇r2018/03/07
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【5拍子】
【解説】そうきょう国往来
 ひなの日のまつ、という。かにかくにの日という。
蟹が国ひく、という。かにかくにくにいき、という。
ニューヨークの女神の光を受け、これを手持ち、京から、
福井の海下、隧道を朝鮮京城へ、治癒動く北京へ行き、
ツンドラ凍原からアメリカへわたる。
 一方、ペキンからモスクワへ、ヨーロッパへ。
一方ペキンから、上海へ、上海からインド、アラブ
モロッコへ、リニア炉の建設をする。動力は原子力である。
上海からモロッコの国を、そうきょう国という。
 かにかくにの国造りという。
 南京政府の南京郊外、柳条溝という。ここに、東条英日
(とうじょうひでき)のドンがなる、という。正和の広人
という。これを、そうきよう郎という。ドン発という。
南京政府で、これをおこすという政治家ある。原子炉
建設のドン発である。正に和する広人である。上海から
モロコへ一直線リニアーを走らすという。若い人である。
世界リニア網をいう。これも、もう、出来ている。
 はなゆ 卒、という名前の人とそ。こういう話で、
これを造る秋残りかにかくに造りという。蟹、かくに、
造りという。このように作る、核造りである。
蟹の甲羅を核という。角帽の李蘭発手、という。
とみそむ、この言葉の出来に、核の出来を見る。
夢をよるという、夢を見ることとそ。
 ドンをいう、建設の祝いで、祝砲をいう。
 これを東条栄という。この日を、東条日という。
東にある旭光の条である。東条英日の祝砲という。
これを広むる人とそ。正和の広人という。こういう主役の
話である。自由の女神の光を受く日の本の祝砲ドンである。
西郷の率いる甥ドンである。この甥ドンが造るそうきょう国
とそ。偶像崇拝者である。柳条溝という、ここでやる、
という、若い人という。甥らのドン発という若い人と言う。
 祝砲を打つという、こういう企画である。若企画という。
企画郎の南京政府にいる若い人である。
 柳条という、柳の太陽という、この、柳光を溝で受く、
大砲にきられた条という。これで、企画発である。
ドン発のそうきよう国という。希望斜め上、仰角35という。
土下座の目の線という。土下座のあのお姿の像である。
御祖父の恰好である。若い人の御祖父である。
像を拝む若い人の恰好である。像の真似をする
人である。かにか国を造るというそういう若い人である。
ひなに寄せて。蟹が国という。

Mr. Atom Lucky Ager, "Freedom report" より
【作成ソフト紹介】
@バンドプロジューサー KAWAI
 WMAファイルを、これで作りました。
簡単に効果がかけられます。フェイザーとか、
はっきり知りませんが・・・。私のような、
初心者以前の者は、わからなくても、こういう
具合にしやシャンセと、お聞きの通りです。
慣れた人なら、もっとうまく作れます。
AMusicScore3、シルバースタージャパン社
 このソフトはよくできています。なんといっても、絵が
描ける。私は、これがいいです。文章を、jpeg画像で保存
できます。時々使います。
利便なソフトです。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜968大原練習868天の下1268夏雪邦(壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 るという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou688
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/11/30雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182590171

この記事へのトラックバック