2018年03月02日

卒業3064京都船旅1964古譜964大原練習864天の下1264 NewYork Dawn, Auld roak (壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3064京都船旅1964
古譜964大原練習864天の下1264NewYork Dawn, Auld roak(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/03/02、柳晴
     創曲、太陽田 万作
     造詞、月形 全平太
     監修、先 生女(秋残り市在)
【拍子】水素拍子
【種類】ニューヨーク古歌。
【演奏】花音 薫、ロック・オルガン。
    (フラワー落としの手法、名手。)
    ドラマー、蛸手 入道。
    中性子炉愛好会、火打石同好会
    特別出演、Flash Jazz 愛光会
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】ニューヨーク街。セッション横丁。
    自由の女神型中性子炉劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
夜明けが近づく 音がしてなる
ドーンドン 朝には大きな音が聞こえる
夜明けの音 闇去る 光の見え 起きてみれば
像立って にこりと笑う おはようと言い
小手光見る 空に太陽照らす自由の女神
舞台に堂々と。

 狐の天気予報。〇r2018/03/04
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【5拍子】
【解説】
 ((歌))
 ここ、ニューヨークの夜明けという。ドーンという、音がする
夜明けである。 Dawn-ドーン、という、夜明けである。
3拍子で、夜が明けて行く。3泊明(さんぱくみょう)という。
この歌である。5拍のうちのあとの3拍。夜明けの律が3拍と
2拍である。5日の夜の越しという。ニューヨーク泊という。
自由の女神のお膝元という。輝かしい人という。ニューヨーク
の意味である。ニューヨークへ行けば、5泊しろという。
3白眼という。自由の女神の御目という。良雨冠の山という。
ニューヨーク・ロンデーという。ロング・デーという。
ニューヨークの3泊を5泊という。三碧(山碧)の山という。
5泊しろという、5泊せよのしろ、という。5泊白い。
何々しろ、という。何々しろ-いっ、という。この言葉の
使いをニューヨーク・ロンデーという。5泊白語という。
ニューヨークが語元である。3泊眼もそうである。
片眼を3回つぶる、ウィンクという。ニューヨーク・ト
リルという。ニューヨークの自由の女神の御元の御言葉である。
ニューヨーク・ジャンという。このジャンが、横浜の、そうじゃん
という、じゃん言葉である。同じ港町である。てんいんという、
言葉である。『掃除しろ〜いっ、早くじゃん』という。
ニューヨーク・ランデーである。ロンデーをランデーという、
英語でシェープ・アップという。シェープ・アップ・ガッツという。
これを、がい-GUIという。ニューヨーク・ガイナマーという。
 美女が駆け寄る良い男という。アン・マーグレットという、
まぐれ男という。自由の女神をそう呼ぶ。Good Annという。
Anともいう。アンダーという。このダーがじゃんである。
浜言葉なら、アンじゃん、となる。これが、ニューヨーク
がいの言葉である。ニューヨークの街言葉である。
ここで、じゃんという。じゃむという。じゃむじゃんという。
ジャム・セッションという。光と音楽という。フラッシュ
・ジャズという。火打石の楽である。ジャム・セッション
である。ニューヨーク・ジャム、ジヤズともいう。
ニューヨーカーという、ニューヨーク人である。
『いずれの御時にか、女御更衣あまた』は、フランス革命
前後の御叔母の入浴の着替えである。じゃんカラーという、
カラード・ルックである。御叔母の前垂れという。
赤ちゃんの胸あてのようなものとそ。そういう話が概論である。
ニューヨーク概論、これなるを。
 ニューヨーカー。ロンドナー、トーキョウアイツ、
キョーター、ヨコハマピッカーをいう。マピックの
じゃんく、という。ジャンクションという、言葉の
ながやらという。流れのジャンクションという。
現代常用語である。横浜のじゃんに、ニューヨークのGui
ガイがかかる。郊外の流れがかかる、ジャンクションが
入り口でもある。口の外の口外である。これを、口概
という。ガイラブの山という。ニヨークのガイアで
ある。山をガイという。ガイアを麓という。ネーブル・
レーテという。ネモス山のお書きという。略。
 ニューヨーク・マンハッタン・ロークー、御叔母ありてそ。
めやら、やまやら、ありるありる。ニューヨーク、我が町。
ニューヨーク・ドーン、この歌なるを。
 American citizenship, American dream, 吾にあり。
 Zをジーという、ニューヨークである。Z記という、
 この文のあと付けである。ジーキラーの山という。
 ガイア・ラーバンの山という。
  ジックラック、ゆっきゆっく、はにはにのくるする
  ゆいゆい、という。ニューヨーク紀行である。
  ガイア・ラーバンという蒲鉾前のつら行きである。

 自由の女神を宇という。
 自由の女神が家である。そこに住んだ若い人という。 
 若い人は言う。『あれは宇(いえ)やった』と。
自由の女神の中にいたという。宇であると。原子力
もあったという。自由に生まれ出てきたと、自由の
女神からでてきたという。我が御母である。御叔母である。
女神から生まれた人である。像から生まれたと
自慢をする。偶像崇拝者である。自分の御叔母であり、
御叔父上である。これをね偶像になっておられるという。
有名な人や、という。偶像のことである。歴史で出てくる
話という。西郷の叔父さんという、若い人と言う。
 中岡の叔父さん、坂本の叔父さんと維新群像が出てくる。
神の叔母もおられるという。世界に光をだしておられる
という。天地創造後である。明示威信という。
御叔母の明示威信後である。明治維新前からおられる。
そういう威信を持った歴史を説く人である。花音 薫
という演奏者もいるという。
 Flower Sound 香水 (フラワー、サウンド、コウスイ)
という。そういうように、名のように名乗る人という。
自由の女神の別名であるという。テック・ランゼルという、
乱国の山という。テックの御叔母という。西郷さんを
呼びなされという。それを、レムッションという。レムゼラ
のおふり、という。西郷さん、およびです。という。
 『おいどん』という言葉という。おふねがおよびです。
やはり、『おいどん』となるサイゴンどんの話である。
 こうして積まれた大砲とそ。西郷どんという船積み
である。維新前の船という。維新は夜が明けてからという。
江戸の朝は紫朝でくらかったという。これを、銅像の拝み
という。これで、アメリカは夜が明けるという。
自由の女神の御教えという。西郷さんを及びなさいとの
言いの西郷郷という。西郷のくにという。
 これを、西郷拝という。銅像を拝む形式という。
右手をあげて、ぐーを握る仕草という。拝まなくても
そうすれば、スポット理解できるという。スポーツ
観戦でよく見る光景とそ。Vの印の腕字である。
艦船がウォーと声を挙げた時には、V字のウォー
を腕前に出す。時計を見る仕草という。この握った
ぐーに、人差し指をくぐらす、手話という、国を
意味する。これを、サーチ・ライトの嵯峨氏という。
懐中電灯を前で横に振る、その上に、この時計を
見る恰好の手を添える。サーチャーの恰好である。
光の教えという。これが、威信を表す明示の光という。
 明治維新は夜明けであるという。洋風化が押し寄せて
きた頃という。それまでの藁葺屋根はアトランテスに
あるという。沈んだ大陸という。アット・ランのマーク
という。ランドールはっとん、という。発頓という。
 発頓印という。Rに丸を付ける字とそ。これを、レメ
とそ。レメ山のお絵とそ。このランドールが、国を
表す手話である。
 めつるぎ、という、女神の光の手の替え予備とそ。
これが、滅を連想さす。鎖が自由を汎という。自由を
表す鎖という。国を鎖につないである叔母の足元という。
 鎖国という国である。江戸朝の話である。
 幕府の中枢機関という、五稜郭中という。江戸表と
いう。江戸裏という、五稜郭をいう。裏には閣がある
という。このかくをいう。ペン立つ人という。ペン
立つ書くという。レムッション・レーテルという。
 西郷のレッテルである。ビール瓶にはってあったという。
西郷の隆盛ビールという。この盛りの解である。
沈んだ国という、手話の仕草のこととそ。
 思惟という意味ともいう。それを、拝祖という。
おっけく、という。拝み一種という。沈んだ国は
アトランテスである。これを、アットの国という。
アトランテスのビガスキという。その国の郷の屋という。
砂糖の原産地とそ。アトランテスでできたのである。
これを砂糖を経由したバーテイといういう。後、パーティ
という。パーティ・バーティという。ゴルフのアット・
ランという。バーディのゴルという。ゴルフをゴル
という、ゴル語である。アトランテスの言葉とそ。
ゴルゴらんどく、という。ラテというかまれが出る。
ラテンの、後の言葉という。ラテン語が螺鈿をいう。
貝の話という。かみやみ、という。やんだかみ、という。
病の髪とそ。これを、秒の神という。秒針の造りである。
秒針加工を神のような加工という。これを、やみ、という。
やみかみのひっぱ、というハという。葉巻という、煙草の
かんと、という。ハーレルの屋とそ。ハミテスともいう。
 これをビットという。ビットの屋という。ビミ浜と
もいう。レウレンテ、レウレンテスとも。
 アトランテという。アトランテスという。御叔
母のお渡りという。そういう話とそ。城の石の舟運び
という。四国から運んだ風呂のような舟という。
秀吉の話という。自由の女神の話という。
 これで、自由の女神が船を曳いていかれたお渡り
になったことという。アトランテスの渡しという。
この通りの名の海である。アトランチック・
オーシャンという。オセアナ大陸という。オーシャン
読みという。このオーシャンが、おーさんである。
四国の方便である。シャンゼあつ、という。四国から
渡った石という。秀吉のシャンという。四国の阿波踊り
という、蜂須賀小六という、秀吉の部下である。
 この頃の渡しという。わたど(渡戸)という。これを、
私(きさ)という。きさ渡し(私渡し)という。
石の運びをいう。着いた所をハという。きさのハとそ。
波止場の造り元という、言葉の波止場である。
 これで、返事をハとする辺という。秀吉公の話の
ある所の返事とそ。秀吉の港とそ。川港という。
 淀の港の造りという。ハの造りという。そこに
銅像の光が届く、淀を呼ぶという、淀光という。
これが、自由の光のことをいう。自由の女神の光
を、淀光という。良雨冠という、その上の光である。
偶像崇拝者である。若い人の話とそ。
 三丸虫という。燦の光ともいう。燦光(さんこう)
という。淀城の別名でもある。燦光城という。
 、これで、世の人々という、後の世の人々である。
光を当てる城とそ。燦光虫という。夜中虫のお蔭
という。夜光虫の山という。
 自由の女神のお説き、という。サンという、人名
につける言葉である。これを、光という。秀吉を
サンというあだ名の呼びとそ。秀吉の兜を燦光
という。自由の女神の冠の裏造りという。
どちらも光である。これを、光の書という。
サンマルムシである。sotu3064という、タウトイ
ものである。参考注という、学問に通じるものと。
秀吉を拝む話とそ。秀でる学びという。
 蒲鉾道の教えという。カウイウ話である。
 
読み人知らず者 注: 試験には礼点が待っています
 とそ。答えにすれば、そうなることとそ。
 卒は間違いなくやってくる、駄作者の卒論とそ。
 sotu論という。
 
Mr. Atom Lucky Ager, "Freedom report" より

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜964大原練習864天の下1264NewYork Dawn, Auld roak(壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 るという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou648
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/11/27雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182563612

この記事へのトラックバック