2018年02月18日

卒業3051京都船旅1951古譜951大原練習851天の下1251光跡(壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3051京都船旅1951
古譜951大原練習851天の下1251光跡(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/02/18、柳晴
     創曲、卒 業尾
     造詞、時 至
     監修、先 生女(秋残り市在)
【拍子】水素拍子
【種類】
【演奏】中性子炉愛好会
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】アクセスOK型中性子炉劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
遠い国 私は生きる 港に立ちて
見渡す 光は遠く届き 故郷に
御父母おられる そを伝え我がに
返る 若き日 会いをたもち
我がを呼ぶを聞くと その声
なつかしさ 胸にあふれる
今成り 国興しの日々 
過ぎ越しつつ 足元 瞳小さき
あり 映る世のうらうら光に
 狐の天気予報。〇r2018/02/20
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【5拍子】高音5拍 
【解説】
 御大叔母おられおられゆ。ありるありるせせゆ。ゆるふれれす。
ふゆふれれほ、おるろすすれる、ほなれるありふ。これゆれ、なるなる
ふゆるれれふ、こするれふる、すすてるやら、おふてせてゆせ、
ここれるはな、ゆるれるおんる、すすゆ。

 御叔母である。御叔母の御光と。
 いつも港に立っておられる、世間周知のこととそ。
自由の女神という。革命をなんぞという。めがみの話という。
光と目という。光を受け、光を返す、光の山のお書きとそ。
命長らえるを革命という。革命的解釈である。
 目を保護する方策をいう。この策の一とそ。
これが光源である。大原という大洋の山という。
ニュージという。おニューの山という。ここへ行くを
ニューラマという。ニュー蜜のこととそ。あふれという。
溢れる光という。あん山のお書きという。おんれ山のいく、
という。これを、ニューはま、という。かま山の言いという。
ふるれる山という。せせゆせのあつる、という。
これを見た山という。光あっての話という。
むみゆみという。えるてるのゆゆせ、とそ。
 これを、つるぎという。剣をかざす恰好を、ひか、という。
ひかみの山という。これを、こうすう、という。こうすうの山の
お絵という。描かれたおんおばという。おば山ということとそ。
こきゆめという。うすれるあてるく、という。めめせのゆゆる、
という。むんせのえっぷ、という。めてるられせ、という。
はぬゆぬのけるく、という。これを、め、という。
目のひかが、山にかかる恰好をぎんべら、という。
ぎっぷのゆめ、という。これを、ゆゆふる、という。
あむすて、という。あむすて山という。山々のお絵という。
駄作音についている相当の絵である。お絵という。
これをええる、という。エールの送りという。
 旅立ちを送るという絵々の山のお描き、という。
音を有す絵という。音らまという。駄作用語である。
かような造りの歌である。絵を見るひぃに、『エエ』
という。良いという意味である。絵、歌、光という、
三位一体という。そういう駄作とそ。御光を見たような、
という、隠し光の隠れ光という。火打石の音入れである。
これを、光という。
 Flash Jazz フラッシュ・ジャズと、先の世ではいう。
珍しくない話である。音を清める光という。かの国の
音楽手法である。
 山を拝み、石をカチカチ鳴らし、光を作るという、そういう
先住民族がいる。この民族の音楽を聞くとそ。革命先史の話
という。この民族が眼鏡をくろう、という。くろうらん、
という。千住民族語という。クロウレル・ルールという。
火打石のことをいう。火打石の打ち方をいう。
 カチカチという音を出す話という。音清めの詔という。
これが、みこと、という、琴をいう。み事にのるのは音である。
これを、革命的解釈という。みことを命と書く、由来である。
先住民族の伝えという。これも、伝わる絵という。
サングラスの目の保護という。火打石の時にもサングラスをする。
千住民族の知恵である。
 光をめでる音という。火打石で二位一体という。サングラスを
する恰好を、にせ、という。にせのけ、という。にせ山という。
にせのえせ、とも。えせという。えのせ、という。えせ山という。
えせのみ、とそ。この『え』は、絵である。駄作者の解釈である。
 瞳で光は反射するという。この歌である。若い人の目の光は、
自由の女神の目、という。自由の女神の目は、若い人の目である。
二位一体の用いという。自由の女神が歩くという話の歌である。
 目がよくなる音楽である。女神という言葉の由緒である。

Mr. Atom Lucky Ager, "Musium report" より
【ソフト紹介】MusicScore3、シルバースタージャパン社
 このソフトはよくできています。なんといっても、絵が
描ける。私は、これがいいです。文章を、jpeg画像で保存
できます。時々使います。
利便なソフトです。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜951大原練習851天の下1251光跡(壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 もという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou518
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/11/13雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182449265

この記事へのトラックバック