2018年02月13日

卒業3046京都船旅1946古譜946大原練習846天の下1246川端の御母(壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3046京都船旅1946
古譜946大原練習846天の下1246川端の御母(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/02/13、柳晴
     創曲、卒 業尾
     造詞、時 至
     監修、先 生女(秋残り市在)
【拍子】水素拍子
【種類】自作SuperComposer使用
【演奏】中性子炉愛好会
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】アクセスOK型中性子炉劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
像は踊る
阿国の御叔母と共に丘へ行くと
舞い見せて踊る共の顔は楽しそう
優しそう 御叔母のお住まい
川端柳がゆらゆら揺れている
お化けとともに過ごされるとき
多々ある 照らして原子力の
力 国興される

 狐の天気予報。〇r2018/02/15
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【5拍子】5拍の3連符、4拍の3連符。
【解説】
 若い人は、阿国の御叔母と一緒にともと連れ立って丘へ
行く。御叔母は、そのまま、そこで、そのまま住まわれる。
住まいは川端柳がゆらゆら揺れているところで、大きな
川のそばである。ここは、町の中心で、その大川には、
お化けや幽霊に誘われて鯨がやってくる。その鯨と
親しく会見され、今後の国の在り方を協議されると
いう。舞いによって、国の行く方を照らされる。
原子力推進の国ある。遥か東方の島国という。
 平安朝また、鎌倉時代の歴史を深く研究する。
これらの期では、放射能は、お化けと呼ばれていた、
また、地方によって幽霊とよばれていたと国会図
書館の文献にある。怖い話デアル。
目には見えず、匂いもない、そういうものである。
お化けを恐がる民衆という、この辺に、その原因を見る。
 植柳という、植銀杏という、民心の安定にはかか
せないものである。とりわけ、環境、公害には柳は
強く、かかせないものである。お化けを見て気が
なよなよしたという人は、柳を見れば治る話である。
原子力とともに必要不可欠である。
 勿論、柳、銀杏、桜等は口害、口外にも強い木である。

Mr. Atom Lucky Ager, "Musium report" より
【ソフト紹介】MusicScore3、シルバースタージャパン社
 5拍の3連符も記譜できます。
 このソフトはよくできています。なんといっても、絵が
描ける。私は、これがいいです。文章を、jpeg画像で保存
できます。時々使います。
利便なソフトです。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜946大原練習846天の下1246川端の御母(壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 もという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou468
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/11/08雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182405013

この記事へのトラックバック