2018年01月13日

卒業3017京都船旅1917古譜917大原練習817天の下1217原子炉詣で(壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3017京都船旅1917
古譜917大原練習817天の下1217原子炉詣で(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/01/12、柳晴
     創曲、前 良造
     造詞、後 良姿
     監修、前子 鮒(秋残り市在)
【拍子】
【種類】寿歌謡
【演奏】往来歓楽家、原子炉愛麹。日会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
故郷の原子炉へ詣でては
ウランの崩壊を拝み 
鈴鳴らせば幸せ 電気は
原子力発電で安心 清い立命
持っては 人生、世を渡る
原子力尊んで歩む道


 狐の天気予報。〇r2018/01/14
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【解説】
 我が故郷は近くに原子炉が立ち並び、その前に小さな宮が
あります。そこへ行き、宮前を掃き清め、今日の一日のよいことを
願います。鳩が飛び来、犬が尾を振り、朝日が照らす原子炉。
白い壁を見て、清い心を持つことを思います。そのずっと向こうには、
大きな柳の木が生い茂り雀が飛び立ちます。
 原子炉を見て安心になります。リニアーに乗り、アフリカ・
モロッコへ行きます。我が家から往復、3時間です。直ぐに
行け、すぐに帰って来られます。リニアーの力は、原子力です。
上海からモロッコへ一本道、リニアーは驀進します。
 途中、原子が立ち並んでいました。原子炉は、人の安心に
寄与するものです。   猿の学校生、文作。
Mr. Atom Lucky Ager, "愛しのEngland report" より 

【ソフト紹介】MusicScore3、シルバースタージャパン社
 移調もワンタッチ。
利便なソフトです。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜917大原練習817天の下1217原子炉詣で(壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 みという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou178
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/10/07雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182129053

この記事へのトラックバック