2018年01月08日

卒業3013京都船旅1913古譜913大原練習813天の下1213キツネ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:高瀬川行代
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 正
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:ドクダミ薫
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業3013京都船旅1913
古譜913大原練習813天の下1213キツネ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2018/01/07、柳晴
     創曲、祈願 正(やなぎ)
     造詞、原始 求
     監修、今時 喜作(秋残り市在)
【拍子】
【種類】寿歌謡
【演奏】往来歓楽家、原子炉愛麹。日会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
キツネはよい心を
持っている
神の使いと
崇められ


 狐の天気予報。〇r2018/01/09
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【解説】
 キツネの信心
 五代将軍、犬公方とそ。何でも得川葦は、キツネ公方である。
お狐様のお通り、狐火の持ち主である。狐が稲穂をくわえて、
やってきた、ここは北国蒲鉾道、ついぞ昭和の時である。
こうして稲穂は伝えられたという。昭和三年狐日和のことである。
 ある晴れた日に、婿を迎えるという。狐の婿という。
結納は稲穂であったという。在原業平の声である。
釜開きのお茶という。これを文福釜という。
狐の風呂たきとそ。喜びの釜という。
 葦稲穂という。稲穂の由である。
キツネの信心という。誠心誠意のこととそ。
信心をキツネ参りという。キツネの面を持つ、
ひょっとこという。キツネ参りの通る蒲鉾山の秋残り
庭国である。キツネを崇める人である。
 生類憐みの礼とそ。生類崇めの令という。
政府の令人である。礼人である。秋残り政府という。
キツネが剣道へ行くという。キツネのあがたという。
崇めの田である。あがたのキツネという。
狐火の灯るあがた道という。そんな灯で道へ歩いた
葦とそ。双胸の胸、よい胸とそ。来たキツネという。
 北国の樺太である。樺太から来たという。『おお、
泊まりなされ』、とそ。樺太という狐のからである。
狐がら、太いのは尾である。狐の雄という。
 雄々とやってきた婿さん、狐火灯る良いの晩である。
これを、おしょうばん、という。宵の晩である。
良夜という、狐のお通りの夜である。
 きつね信心、これを稲穂心という。稲穂を崇めて
『よおっ』という。良い晩である。
稲穂のはかという。墓のある田とそ。これを、ぼでん
という。はかたの良い五郎地とそ。いらつきつらむ、
という。秋残りの稲のなりという。キツネに感謝を
する、御馳走ばしりという。走り走る葉の尻という。
はしりとそ。炊事場をはしりという。いなだきえ、
という。稲の屋のはしり書きとそ。
 信心はキツネ通りとそ。狐の歌、これ也。
 信心の気、常という。お気常という。
吉良(きら)の語元である。吉良と光るは、狐火である。
フォックスろく、これなるを。
Mr. Atom Lucky Ager, "ゆーじょる report" より 
Usuallyという。通常をいう。遊女ありである。
狐の遊女(ゆな、ゆうな)という。遊郭の芸という。
ユージョアリーである。通常楼のお書き、これなり。
いつものきつね、吉良よい、きららか、きらび、きらびやに、
きらびやか、とそ。狐変わりという。言葉の変遷とそ。
きらびやかはキツネの尾っぽである話とそ。
生類憐みという。気は常とそ。狐の芯得という。
新芯をろうそくという。蝋燭の灯、これを、ともす常、
新しい未来である。これを、来見という。らいけんの
山という。犬の友、キツネの尾に連れられて高山廟
という。しかと見る話とそ。鹿の絵、これを、しんぱ
という。キツネを思う話である。
 『あのおなごはきつね』という。尾が長いきおつという。
気の落ちとそ。これを、きれらく、という。気落ちのはま、
という。気を遣ることとそ。遊女山お書きこれとそ。
狐山のことである。蒲鉾道へ歩けばわかる話とそ。
おきつね通りである。
略。
【ソフト紹介】MusicScore3、シルバースタージャパン社
 私の愛用ソフトです。もっぱら、これを使っています。
簡単な絵が描けること、楽譜の色をかえたり、背景に
画像をいれたりできます。自動コード機能、伴奏も入
れられます。装飾音符、連符、移調可。テキストの縦書き可。
WAV、MIDファイルでの出力も可。画像ファイルも出来ます。
楽譜の装丁も変更できます。
他、限りがありますが、スキャナーで音符を読み、
楽譜にすること。作曲には、一通りそろっています。
利便なソフトです。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示
『古譜913大原練習813天の下1213キツネ(壮強太陽)鳴恭川世讃歌』
俄家判 ねという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、元

-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:Kyou138
     画商『礼端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/10/02雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182070246

この記事へのトラックバック