2017年12月15日

キーボード名画 卒業1972壮強太陽)鳴恭川世讃歌:イカスミ柳


【曲名】をクリックすれば、音楽が聴けます。


そうきょうの思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1972京都船旅872
古譜742大原練習362天の下177(壮強太陽)鳴恭川世讃歌

【創曲】2017/12/15、柳晴
     創曲、原子 遊道
     造詞、原子路 拝有
     監修、未来 設計雄(秋残り市在)
【拍子】
【種類】ジャズ時雨
【演奏】往来歓楽家、原子炉愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)


 狐の天気予報。〇r2017/12/17
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))

【解説】
キーボード名画
 通りすがりの俳優さんに頼み込んで、登録語の説明をして、
打ってもらいました。
『私はキーボードを打てません。』
『大丈夫です。初心者でも打てますから、これとこれと・・・
ここの所は、流し指で・・・』・・・
『そう言われても、・・・』
『キーボードの名画です。やって下さい。』
『・・・』
嫌がる俳優さんにしてもらいました。
 変換の所が、二打になっていますが、
同時に打ってほとんどいけます。
コンピューターとキーボードを両方映しますので、
カメラのアングルが90度になっています。
見にくいですが、お許し下さい。
 カメラをコンピュータの前に置き、カメラの
後ろから手を回し、撮影も大変です。
図らずもミス・タッチはありませんでした。
器用な俳優さんでしたので、大丈夫でした。
 文字を打つ順番を気にしなくてよいので、楽な
ことは楽です。
 某市が開発に取り組んでいるとか、・・・・。
 
 二本立てです。
***
『我が社が莫大な費用をかけてやったのだからね。
 あの駄作者を俳優に選ぶ人がありますか? 君ねえ。』
『はからずも、ミス・タッチはありませんでした。』
『何を言うのだね、ミス・タッチの場面が必要なんだ。』
『ええ』
『ミス・タッチの場面は、キーをまともにおさえられず、
 キーとキーの分かれ目の所に指がいった、泣かす場面だよ。
 キーボードに向かうものは誰だって泣くんだよ。
 そういう場面は、あるのかね。流し指の場面は?、・・・』
 課長に、どういおうかな。・・・』

 そういうわけで、また、続編ができるかも知れませんので、
よろしくよろしくお願い申し上げます。
キーボード駒分かれの場面。
 皆様座、好例指見せ。

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項
       秋残り市史編纂員、余。
       秋残り市史篇絵巻物

***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***

秋残り市立美術館冬期展示 今期は8mm映画 超短編
名 画
名 画2


-----------------------------------------------------
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-19725
     画商『夜端』俳画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
  著者@350上巣真芯、植え住まし
  UESUMASi W.E.州 Machine   


-----------------------------------------------------
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
一行日記
1917/09/10雨、東京在、10秋残り君来、12すき焼き、16大阪、19宿
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
------

ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名です。
実際の作詞作曲者は、私、駄作者の秋残り、本ブログ
著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350
Notice:Writer says,
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181851047

この記事へのトラックバック