2017年11月02日

卒業1932・天の下137原子力炊飯器(ステーシーリット)(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:日山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:日スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:日山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:日紙祖川劣る

【曲名】卒業1932京都船旅832古譜702大原練習322天の下137原子力炊飯器(ステーシーリット)(壮強太陽):イカスミ柳(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/11/02柳雨、台風接近 創曲、子 葦
   造詞、子 葦 監修、二和 音家(秋残り市在)
【拍子】戯歌
【種類】ジャズ時雨
【演奏】ピアノ:二和音 好雄さん
    往来歓楽家、火打石愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
放射能混じりのご飯 原子力鍋
常々食べては拝む 火打つ石のささめ光
出し 配膳に火落とす時 私のご飯は清らかな
味がする 感謝をして 箸をつける
強い体ある

 狐の天気予報。〇r2017/11/04
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【 】
『はふれば、こによて、ききして、れれたる』
 この文の解をロムという。けけせての山という。
山手の臼にえてをいう。これを、れせて、とそ。
『読みの葉を振る、ここの世の手、効をとるれれの花』
とそ。これを解のよる、という。秋ふる山のお書き
という。
 『キョール』という、けれのゆやの夜のあか、とそ。
『きょうの』という。これを、京という。けれせての
ゆゆ、とそ。京都を『キョールル』という。けめろれ、
という。えるてせのえばんつ、という。これを、
めってよよよに、れとをいう。これを『め』という。
 るるふるのゆゆそ、とそ。秋残りの言葉の解をいう。
ユーレンファールクゥという。秋残りのことの、
言いとそ。秋残りをユーレンファールクゥという。
ユーフラの山という。秋を、ユーレルという。
ユーの山のお書きという。このユーの解をれめという。
あるれるのゆゆすす、という。レムッテとそ。
レメソユのうりふる、という。
 これが、ユーランという。ユーロをユーランという。
ユーロ・ダラーという。ユーラン・ドーレルという。
めれふれのふふるる、という。
 ユーランという、けられくの季という。けせてせの
ゆゆす、という。これが、れめそのうつ、という。
けってらーらら、という。めるぶすのおりれる、とそ。
 ユーラン・レールという、ユーロ・レールのおりそ、
という。ゆゆすす・らまる、という。この山のるる、
とそ。るる明けのめぶ、という。みぶの明けるく、
という。ややもてのゆゆす、とそ。
 ユーロ・ダーレル・ロールク、という。
 ゆーろん・かれらるの山という。ゆめっせの歌
という。これを、きょうめ、という。
きょうたらのくくれく(くくれす、とも)という。
めぶれる・らっく、という。かれっせの山のお書き
という。
 『ゆめふれの山、ありてそ、えれれ、るるす、うつる
まぶれる』という。めてやての川という。めるれるの
ゆゆれる、という。これを、アーフラーという。
アーフレーテという。アフレルのやや、とそ。
あふれる山のお書きという。
 みぶすうゆうのやら、という。秋残りやられる、
えてゆてそそするるす、という。これを、め、とそ。
めめの山のお書きという。
 ユーラン・ロークーのやくせ、という。これの歌を
ユーラカという。オーリルロンレーのれれんそ、という。
めてゆすれれふ、これなるを。
 秋残りをユーラルという。ユーラルレールゥという。
ユーレテふぬぬぬ、けれそのゆゆ、とそ。
秋浜のお書きという。
 これが秋残り語の解という。かい山の絵という。
れめその山二のお書きという。かい川のるもるという。
めめそのゆゆす、とそ。
 日本語の古語の造りを解く言葉とそ。英語然り。
仏語然り。独語とそ。世界の言葉を解く言葉とそ。
秋残り語の話という。日本語であるような、中国語
であるような、英語のような、独語とそ。
 色んな言葉のような響きとそ。秋残り語である。
歌語である。歌におく山という。
 るるるる夜明けのく、という。夜明けがきた、
という。夜明けの句である。区であるとも。
これを調とそ。言葉の調をいう。英語調、露語調、
とそ。ラールルメーラレという。めめそのよはべ、
という。めめそのゆゆす、という。これを、アメンフル
という。雨沢の山の明けをいう。アメンフールレールと
いう、調べを英語とそ。英語調の言いとそ。日本語調
で言えば、アメンフルレルという。露語調で言えば、
ドーメルローテという。ドメンセの山という。
世界の言葉を、ボキという。ベレレルのふくゆく、
という。あきほられめる、るるせれ、るるふ(るる、
ともいう)、とそ。秋残り語の話とそ。
 レレッテアーククという。アークレーテのひわらぶ、
という。これを、れふめる、という。れれそのゆゆす、
という。ゆむゆすおりるる、うるす、てそる、それって、
すみすよ、という。これを、秋浜という。秋浜語という。
秋残り語の一種である。後、みぶれる、という。
壬生語である。みぶつるる、という。壬生語のことを
いう。
 『ルールハールラーレ』という。るる山のややゆ、とそ。
はるれらのお言いという。。めぶすてのあすゆす、という。
めめそのあるくる、という。めってよよんす、あすせてろろす。
これよらえっぱ、すすてす、ろろふ、れむす、れもん_の夜
とそ。れーらるれーれの山夜という。山をたっとぶはなゆかの
屋とそ。秋残りの屋という。これを、やまそのゆ、という。
ゆや山のおりれる、とそ。えっぱさっぷのそしゆす、という。
めてゆてのゆゆす、とそ。らるふる山のお絵という。
 これよるええす、ゆすゆすれれそれれすれれふ、ええの夜
という。えの山のお書きという。
 上品な秋残り語である話とそ。
ドイツ語を独語という。独語を独り言という。アウフレテ
という。ドイツの心理学の造りをいう。アウフヘーベローテ
という。アウフレステとそ。しんぱらのおらめる、という。
アウフヘーレケ・ろろそのゆふ、という。アーレルクース
という。あれふれのアメンリラという。アメリール論とそ。
あまべら山のお書きという。心理を尊ぶはくれのゆゆれ、
という。はくいすま、という。はくれる、という。
はむすて、という。はむらの山のお書きという。
 これを怪という。解の一種とそ。怪解の山という。
心理を解き出のゆくす、という。ゆくれくろろす、とそ。
ハーレルルーラのうすてす、という。これをギリクツとそ。
ギリクレクのすっくす、という。ギリクのやよ、とそ。
やよ花のうるれ、という。後、キリシャ語という。
ト・アラの夜のふれ、という。ト・メラーという。
トの定位置語とそ。トの定冠という。定冠詞のトをトッペ
という。トッペのとるれる、という。英語のザをいう。
定冠詞のザである。ザのトの屋という。家の造りのことを、
ギタという。ギタやら、という。ギタのギターランという。
弾くギターになる。ギターにランがなる、ランニング・
ギターという。ギターをめでる言葉でもある。
ギターリストの『リ』という。リを里という。
ギター里ろく、とそ。ギターロックという。
ギタレル・ルックという。山々のおきれ、とそ。
ギターのカッティングをとる、カットとそ。
ギターの消音をいう。律の消音である。カットによる、
律出しである。ギターにつき物である。
 カッティング・ラニングという。ペーステという。
カット・カーラーの山という。これが、すてやら、という。
ステーシーというドラムの用語という。捨て石のおき庭と
いう。捨て石の律という。ドラム用語である。
 ギターがこれをとる、ギターカットである。カッティ
ングの弾きという。ギターとドラムの山という。
ドラムズという。ドッテの川の長与という。長与川
ありれる、ながさよよよ、するすれてふ、これよる。
ドラムとギターの合し方とそ。ドッケルロークという。
ドミッソともいう。名曲によるよろし、という。
 駄作は秋残りである。名曲による話とそ。
ドラフル、これなるを。ドラフトの山のお書きという。
 座と戸の定位置、ドラの捨て石、庭の国の律という。
虎の石のドラ石である。ザット・ドラの話とそ。
秋残り庭国はこんな国である。怪の国である。
何処にあるか。ぬっと出る国という。
お化けのような国とそ。
 捨て石、置石も、今何処。庭国はアスファルトの庭国
である。虎石定円。虎の子渡しの名園とも。
公費によって敷かれたという、今は昔の話とそ。
ドラ無の話である。音はすれども、姿や何処。ドラムの
名前で出ています、捨て石、ステーシーの話とそ。
点々と置かれた楽器群、ドラムの音、ステージの話とそ。
石が音に変わったお化けの話。
 お化け、怪獣となって出てきたマルクスさん、ダブル・
サウザンドの17世紀、2000+17の今である。
これを、昔は今という。お化けの国の相対性原理である。
17世紀の今という。楕円と真円の関係である。
数字の数間を読む解釈とそ。思想を解く偉大な講演である。
【ドラム説】
 ステーシーリット、ステーシー律をいう。リッツとも。
 ステーシーのことを捨て軽(すてかる)という。
ステンカラーリクの屋の戸という。てその屋をそめ、とそ。
流率のおくら、とも。れめそのゆれ、という。
これを、ステーという。すてらせのくゆれる、とそ。
その律をりゅうれという。流率の流れ間という。
合間ともいう。ドラレルルックの山という。
これをドラムルという。ドラムの語の出来とそ。 
葦之ヶ原合戦名将ドラムズ大尉講演録
 『ドラム由来』より。
  
ソウキョウ 1817/07/28つつづゆるゆ(ほそす、とも) 
900三条川原,100四条の森,1400静小島,1800五条川家
京都府凶都上空くくく

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜702大原練習322天の下137原子力炊飯器(ステーシーリット)(壮強太陽):イカスミ柳』       
馮飛菊 画書家判 日という字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん) 



    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-66927
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名ということ
です。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の
秋残り、本ブログ著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,674
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181461883

この記事へのトラックバック