2017年10月30日

卒業1928・京都船旅828古譜698大原練習318天の下133原子力炉々々(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:日山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:日スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:日山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:日紙祖川劣る

【曲名】卒業1928京都船旅828古譜698大原練習318天の下133原子力炉々々(壮強太陽):イカスミ柳(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/10/29柳雨、台風接近 創曲、子 葦
   造詞、子 葦 監修、二和 音家(秋残り市在)
【拍子】
【種類】ジャズ時雨
【演奏】ピアノ:二和音 好雄さん
    往来歓楽家、火打石愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
原子炉閣に素晴らしい反応 人を
とまして悪を追放する 街に立った
威容 希望ある明日 原子炉に
感謝して拝む 人の夢がなり
歌に歌う日は楽し

 狐の天気予報。〇r2017/10/31
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【壬生寸楽】
 身振り手振りの山という。壬生でよをいう話という。
壬生山のお書きという。これを江戸画という。あのがわの
絵という。賀名生川(あのうがわ)という。ガナブヨという。
川が流れていた壬生世の山という。香蘆峰という原子炉で
ある。この原子を画用という。峩洋川(ガヨウガワ)という
川があったという。いかなる川である。後の世という。
 壬生狂言という。『蜘蛛の巣』という壬生の画殿である。
絵である話という。狂言の歌という。山丘という。山二の
歌という。歌々家という。歌の家である。これを狂乱という。
狂乱物という。京の古い字である、狂とそ。後という。
 目という。京の古い呼びとそ。一山の歌とそ。
目のみやこ(京)という。これを、江戸のく、という。
江戸の山という。江蘆峰という。これを、香る江という。
川が流れていた壬生所という。ここの、画も、という。
蒲生という、がま所という。がまの生えていた川という。
ごみゆる、という。この蒲(がま)の枝という。これを、
原子(はらこ)という。げんし、という。
 この、げんしの地租という。減という。減の世という。
原資の山という。こうろほう、という。かみふり、という。
かみを振るをいう。髪川の歌という。
 株田山のお書きという。会計学原資という。会計の原子炉
という。会計の記帳をとる原という。ここを、会計川原という。
会計の合わせという。会稽の会見という。
 赤札山の朱い壁という。花札のことをいう。花札を裏返しに
積んでおく。これを、一見という。一見山のお書きとそ。
 札の邦という。札邦台という。この台の屋という。
この台を上(かみ)という。上台という。会計の上代である。
これを新選という。新たに選ぶとそ。選ばれたものという。
新選組という。新発という。
 新選組の原子炉という。これを譜という。原子炉譜という。
新選組の山という。道を行く新選という。新発原子という。
リニアーを走らす新発原子炉という。会計が伴う話という。
赤字の山という。新発原子を赤字にとる、黒髪の山という。
会計という。会計山という。カードの会計という。
 一枚の花札、一県である。48県という。これが、会計の
意味とそ。米穀然りである。52州である。
 カードラックという。壬生楽の壬生の学びという。
福島山という。山に吹く風、原を吹く行く走る風という。
島吹きという。台風は台の上という。人の息という。
花札に吹く息風という。台風は、ふーっと息をかける
話とも。裏風吹かしという。息をかけてふうふうという。
こそ泥の噂をいう。泥地に吹く風という。こそっと吹く。
こその土という。こそ泥の上の風、福島遣りという。
 これを、歌とそ。遣りを歌という。福島歌という。
風吹く島の48県という。48県の合わせという。
合わせ風を合風という。台風二つが一度に来るという。
合台風という。
 二人で息をかけるなという、こそ泥の話という。
一人でかける裏風吹かしという。山のふれるおあ、とそ。
そういう話である。会計の合わせは、合という。
 村合わせの字とそ。字(あざ)を復活さすという。
どんどんあざを使ううちである。
 字(あざ)と地名の話という。柳の原姿は、人である。
柳腰、柳眉、・・合柳という。字を使う壬生合柳である。
柳にげんしあり。原子もある話である。
 原子路走るリニアという。原子炉双ぶ原始である。
遠い昔に原子炉がたくさんあったという。
完成された社会であるという。こそ泥の未来という。
泥造のウランという。場漉き場物語とそ。
 場を漉く風である。ばすき風という、合台風をいう。
合場の話である。 略
    (文、 合わせ田 大風 子 書す。) 
 新選組国会録、記録官、合議遥か
 新選組内閣書記官である。
 新選組原子炉諸機関見回り役、48番所勤務
   添い、52枚州トランプ内閣大統領造り
   息の合った話である。
   台風が息をする日、フロルーの都にて。
   イルマとハービー、ウェルカムである。
   地震島に吹く風、放射能や如何に。
   雨が洗うかしら・・・。御手洗音頭、はなゆ。
   風の放射、息吹く風を放射風とそ。
   風の放射能、原姿風という。
   原初吹く放射の能(力)とそ。
             れれれ。
    風姿花伝書、これなるを。
    原子家伝とも。炉家、これ書く。
    (手、二号 富和、書)
【新選組内閣】
 そう今日は、新たに選ばれた者で原子炉内閣を組閣します。
我が国は、近代科学の最先端を行く原子炉国家であります。
近代科学の妙という原子力発電、また、他の科学、この科学に
よって、悪を追放する、とりわけ、原子力によって悪を追放
する。私の信念であります。先日、環太平洋をリニアーで
回り視察してまいりましたが、双ぶ原子炉は壮観そのもので
あります。原子力が善を言い、良を言う。悪を駆逐する力、
人の精神的原子力である、この体現であります。心の原子力、
原始力といってもよいでしょう。よい原子、よい分子を心に
これを塔是にしてきた、わが塔であります。
 原子力塔を見れば、原子力的良精神が湧いてくる。
近代科学の良精神的利用、これが原子炉をどんどん作る良心
であります。
 科学によって悪を追放する、この先鋒が原子力であります。
悪を追放する力、原子力であります。我が精神に宿る原子力、
素晴らしい精神であります。もとより、原始にも原子があった。
いわずもがな。
 この国会塔の外には原子炉が並び、柳がそよいでいる。
台風来たりて、放射する、その息をや。台風一過、秋の空、
その空は原子炉の上である。原子炉200万基記念。 
 
ソウキョウ 1817/07/24つつづゆるゆ(ほそす、とも) 
900三条川原,100四条の森,1400静小島,1800五条川家
京都府凶都上空くくく

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜698大原練習318天の下133原子力炉々々(壮強太陽):イカスミ柳』          
馮飛菊 画書家判 日という字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん) 



    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-66887
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名ということ
です。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の
秋残り、本ブログ著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,670
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181424095

この記事へのトラックバック