2017年10月28日

卒業1927・京都船旅827古譜697大原練習317天の下132香蘆峰風(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:日山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:日スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:日山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:日紙祖川劣る

【曲名】卒業1927京都船旅827古譜697大原練習317天の下132香蘆峰風(壮強太陽):イカスミ柳(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/10/28柳雨、台風接近 創曲、子 葦
   造詞、子 葦 監修、二和 音家(秋残り市在)
【拍子】フリーソフトによる
【種類】ジャズ時雨
【演奏】ピアノ:二和音 好雄さん
    往来歓楽家、火打石愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
香蘆峰が立つ後ろ 原子炉立つ 台風が
声出し 揺れる地 家はきしむ 葦之ヶ原平
ゆり風のお越し ゆらゆら遊路 レニングラドの
遊路養路から来た風吹き あられんてそっぺ、
おやどんした おどんみょうの花盛り
そわそわそよ吹く風

 狐の天気予報。〇r2017/10/30
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【桑港】
 It's high time that  Kingdom Frank is established in seventeenth
century. Everyone says "This is double thousand, memory eight."
Vieille nmuber of 88(Ity ite), we use coxen lack. In same time,
Taihoon named number 22 salutes, to Japan, and says, "High
time, good day." People say, "Welcome."
Double numbers are very nice. This day is Double day.

**coxen lack: Lack means lang. coxen lang.
Mibu part in Akiokori country, they call their words
Mibusn llet. Mibu words.

ダブル日という日である。台風、名をそろえてきたり。
『よく、おでんした、ごゆるりと、ここ壬生は新鮮所。
 香蘆峰殿も、さぞかし、お喜びのことです。』
 若い主人のごあいである。
台風喜びて目を見せたり。
『アイティ・アイト、メメメ』とぞ。
88をアイティ・アイトという。目の意味である。
22という。目の形容である。
ダブル・サウザンドという、1000,1000 目のことである。
2000という。センチュリーである。千都揺らす話とそ。
セントユリーである。coxenでは、これをセンチュリーと
いう。cox englishである。みぶれるの山という。
アイ・ガイブ・レッセという、葦之ケ原が揺れた日という。
 去年、おととしの台風の孫である。紀州もる、という
名とそ。揺るがしたセントブルグ、elle台という。
elle台のかれ、とそ。エリエルの山のお絵、これとそ。
 香蘆峰に会いに来たとそ。自然の寄席である。
 歓迎する壬生の世、世界界世のおよよ、とそ。
 オハラハーから、おわられーとそ。おっくるれって、
 壬生語の山、セント・ロンデル語という。
 ロンド・センテルともいう。コクスンの山、これをいう。
 香蘆峰の祖峰世、けぶられ、とそ。イルマ風の来たりる、
 ハービー、とも連れて。アーマとイルマを呼ぶ。
 壬生愛林のおこ、とそ。『アーマが来た』とそ。
  アメリラ風、これをとそ。
  コクスンの言葉という。アーマが喜ぶをいう。
 ハービーをコックとそ。案内の朋、そよ寄席の慰安
 という。あーる・れーるぅ・ロンラルレル、これを、
 壬生弓という。壬生ららの山るら、という。
 メッセ・ルッセのアウトロ、という。べっかむ山のお
 書きという。
  原子炉の香蘆峰もあったという、台風の回顧である。
 壬生所新鮮所の話である。新選組の台風という。
 『あら、れんて、そっぺ。』 歓迎のあいとそ。
 挨拶の言葉である。ここ山のお絵、これを記す。
 
 桑のみな、という。くわみなのゆりく、という。
これを、フリスルという。今のFriscoフリスコという。
フリスコの由来という。フリベラのくっつり、という。
フリをゆけという。ゆけみな、という。
ゆけみなと、という。ゆけ山の奥手とそ。
 フリスル・ロンドの歌、これという。二和音の上下の歌である。
    (文、柳山田 明男柳(秋残り市在))
ソウキョウ 1817/07/23つつづゆるゆ(ほそす、とも) 
900三条川原,100四条の森,1400静小島,1800五条川家
京都府凶都上空くくく

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜697大原練習317天の下132香蘆峰風(壮強太陽):イカスミ柳』          
馮飛菊 画書家判 日という字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん) 

    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-66877
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましたら、同姓同名ということ
です。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の
秋残り、本ブログ著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,669
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181415586

この記事へのトラックバック