2017年10月17日

卒業1913・京都船旅813古譜683大原練習303天の下118原子炉家(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:日山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:日スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:日山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:日紙祖川劣る

【曲名】卒業1913京都船旅813古譜683大原練習303天の下118原子炉家(壮強太陽):イカスミ柳(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/10/16柳晴創曲、熊 釜造 造詞、丹波 花由 監修備州 ソル(秋残り市在)
【拍子】インターネット流通フリーソフト90%
【種類】ジャズ時雨
【演奏】往来歓楽家、火打石愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
双ぶ原子炉の大きな壁 その中の屋
よい家の我が家 トーチカ様のよい家
世々渡るわたくしの誇りは我が家と
住んでは都の家 原子炉の家
船浮く浜あり渡り蟹描く我が家横
 
 狐の天気予報。〇r2017/10/18
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
 
 巨大なトーチカという。そこに住んでいたという若い人という。
中に家があり山があり川流れ畑もあったという。海もあり波も興る
家という。ははぼという。後にトーチカという。たくさんの家族が
住んでいたという。花ふら山のお書きという。
 工場があったという。そこで金属を拵えた話である。
コンピューターもあったという。後の世は、手造りの世である。
ロボットがいたという。大きなロボットという。そのロボットで
家を建てるという。ロボットが建築家である話である。
ミョンホン暮らすという。ミョントンの山という。これを明ける
という。紫期の頃である。原子とともにいた話という。
ターミナラという。民楢の木とそ。記とも。民楢期の秋残り国で
ある。やよ明けてという。ややの山、ははぼの中である。ここを、
光が来る、という。光来区である。後に、コーという。
 後光とそ。おきやら山ふれれるそとすさめすすすゆれれる。
この言葉とそ。光来区の話である。後という。あさはさ、とそ。
朝光の屋という。山絵屋とそ。蟹描くに、横行きという。
 縦歩く蟹の屋、ふてるふてれとそ。後は、かにかく、という。
トーチカという。い草は、この中にある。戦草茂るトーチカ
である。戦車という、い草積む熊とそ。ロボットが曳く、ロボット
載せて人が曳く、そういう秋残り国である。牛や馬に曳かせない、
そういう頭脳である。鈍な発展をした頭脳という、秋残りの国で
ある。『いつの御代のことでありましたか、すぐれてときめき
たまうありけれ・・』とそ。十二単のロボットという。ロボット
の衣装である。
 後の世には、駄作家がこれを真似て書くという。原始維新の
ころという。トーチカ山の山、泥降り山とそ。泥が天より降って
きたとそ。幾夜幾夜、降りつ降りつ、ありはられ、くくそむつ、
れれ降るろろ泥という。大きなトーチカ様が音を出す、そんな
大量の泥が降ったとそ。雨も一度に降ったのである。
一時間に海ができたという。そんな量の雨である。
 若き日の地球という。そういうコロポックル期である。
ロロロという。ロロ期とも。ロロコ、ロコロ、コロロ、
ココロ、コロコとも。コロポックルの若い人である。
 身部のおうし光地の下という。おうしこうちのみつね家とそ。
トーチカのような大きな家である。原子炉閣という。
先の世は、ウランと呼ぶ話である。空き残りの原子炉という。
コロポックルの発明である。
 駄作家は秋残りという。
 コロポックルの真似をしている。頃穂黒のお書きという。
 人口太陽がははぼの中でひかっていたとそ。星も月も輝く
 トーチカの中である。

ソウキョウ 1817/07/11つつづゆるゆ(ほそす、とも) 
900三条川原,100四条の森,1400静小島,1800五条川家
京都府凶都上空くくく

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜683大原練習303天の下118原子炉家(壮強太陽):イカスミ柳』          
馮飛菊 画書家判 毛という字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん) 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年麹。日月梅日』
槙之木梅之進撮影 そうきょうの葡萄道堂裳楼の屋にて
陽が清きという所

    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-66737
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましても、その方とは、まったく
関係はありません。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の
秋残り、本ブログ著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,655
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181298858

この記事へのトラックバック