2017年10月10日

卒業1907・京都船旅807古譜677大原練習297天の下112朝山(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:日山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:日スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:日山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:日紙祖川劣る

【曲名】卒業1907京都船旅807古譜677大原練習297天の下112登志春の子(壮強太陽):イカスミ柳(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/10/10柳晴創曲、熊 釜造 造詞、丹波 花由 監修備州 ソル(秋残り市在)
【拍子】
【種類】ジャズ時雨
【演奏】往来歓楽家、火打石愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
柳 手にし 本を読む日々
しおりに柳葉 帳面にもはさむ
天神鉛筆持ち書けば字そろう
身は正しく心穏やか 一日安全
健康の日 幸せ
  火打石にささめ出だして
  門口備えの塩振り踏み外へ
  日向かい拝んで学び舎へ行く時
  挨拶よく言葉穏やか よい日は
  始まり 笑顔出でる よい人
門出 富士を拝し手を打つ 花手
柏手の音高らか こだま返りの音聞き
一時の喜び 山木見ては茂る葉花や
よい木の心や 木造りの舎 学び舎
 
 狐の天気予報。〇r2017/10/12
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.
【柳よい気】
 柳に雪折れなし。風に逆らわず、葉をそよがす。枝垂れ柳の
姿たっとし。柳切という。柳葉を切る、持ちのよいことをいう。
持てばよいことをいう。
 柳を常に持ち、身を質すをいう。正しい木のね、心根をよい気とそ。
原山のおきのことはも、とそ。ありるるかゆくせせるすすゆ。
せるれるせせもよ、ふふるかむふるててゆ。ゆゆという。
めせゆせのお書き、これとそ。
 ゆゆの木、柳そよという。かざれるれれふ、とそ。れれの山、
みどるや、みーはらのとゆろる、という。ててよのふれふ、とそ。
 これを、こんぱる(金春)という。金の柳、銀の柳の飾りのよろふる
という。これを、みっとせ、みとせ、という。さんまなのや、これを、
れつる、という。柳のしだれ、という。枝を垂らすすが(相)の世と
いう。ペッパー山という。富士ゆる山という。ペッソという。
ペルスのやや、ともとそ。日をかんむる山のすがという。これの
歌とそ。日の日の日、のぬのののやまれ、という。よむやむれれす、
そつゆれれそてとそ、とそ。
 歌柳、華流の花山という。めせふせれれすそむゆ。
これを、れむる、という。ペレソの山のお絵、とも。
 後という。コレラという。コレラ金の流とそ。ドレラ金のユーロレ、
ようろうの山、ようろうよ・花、という。金流の金流歌という。
きみせむるるすよよ、とそ。ユーロだる、華やら、という。
フランクの国の山とそ。フランク君国という。フランク国である。
ユーロダラーとそ。ユーレルロックともいう。花幣のはなかゆれ、
流れ柳の、柳のお金という。正しいお金という。桜のお金ともいう。
桜柳金貨という。柳の桜という。龍王の山、柳の山、桜あえ山とそ。
 秋残りのや、柳葉造りの桜世という。柳のさくらみ、とそ。
ややふむれれふそよるせてそ。これやら、すすゆすれぷくゆるるろろそ。
これを、れんめ、という。れんそうのすくれる、という。ゆゆれる
ややよら、せむすややよ、これにと。
 にとみ柳世、めとせ桜ら、ふるるれん、とそ。これゆら、けるゆ。
べっぷのふ、これにら。
 らんせるのフランク国ありるありれろありすすすゆ。
フランク山お書き、これよ つ(空けて書く)。
 
 尚、解答について、文献書籍、スマホ等持ち込み可。
 参考文献、『社会心理学』『犯罪の心理』『パブロフ心理学』他、
       インターネット諸サイト 
 出題:秋残り社会人学校世渡り雑術科教師 穂乃帆 人部(ほのほ ひとぶ)  
 
【一答案】 
【評】 70/100

 
ソウキョウ 1817/07/05つつづゆるゆ(ほそす、とも) 
900三条川原,100四条の森,1400静小島,1800五条川家
京都府凶都上空くくく

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜677大原練習297天の下112登志春の子(壮強太陽):イカスミ柳』          
馮飛菊 画書家判 て、ごという字。
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん) 
『古布に描かれたもの 江戸暦牛年麹。日月梅日』

槙之木梅之進撮影 そうきょうの葡萄道堂裳楼の屋にて
陽が清きという所
『Old piese in old book, July 4, dragon'6』
camera shoot″。日Umenoshin Makinoki

beige brown

    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-66677
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましても、その方とは、まったく
関係はありません。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の
秋残り、本ブログ著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,649
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181246785

この記事へのトラックバック