2017年10月03日

卒業1902・京都船旅802古譜672大原練習292天の下107丘の朝(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:日山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:日スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:日山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:日紙祖川劣る

【曲名】卒業1902京都船旅802古譜672大原練習292天の下107丘の朝(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/10/03柳晴創曲、熊 釜造 造詞、丹波 花由 監修備州 ソル(秋残り市在)
【拍子】市販ソフト
【種類】ジャズ時雨
【演奏】往来歓楽家、火打石愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
行こう緑ヶ丘 村晴れてる
行こう字地(あざち) 丘越えて
朝に鷹とまる 隼の肩乗りと喜び
歩く 鮮やかなお日出でて
露含む みずみずしく草は立つ
しも花の麓

 狐の天気予報。〇r2017/10/05
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

【解説】
しも花、紫陽花のこと。
古来、丘に親しむという。孔丘という、孔子のことをいう。
双丘という。これを双方という。そうかわという。
なみの並びのならとそ。ここを、なら双びという。
めんの山のお書きとそ。この麓の下花という。
かかれらのくくゆ、という。下山のおかれる、という。
切羽(せっぱ)の丘まま、という。こう行くという。
こうりょうのきま山という。ここの花の下のあれという。
緑が山の麓行きとそ。ららふられれすすすゆ、れれそるゆたす。
これを、らっかく、という。今の落書という。らっきらともいう。
こみのえたやるすすゆ、れれふ、そそすれれつ。
こみ行きのみぶゆみ、という。みぶすゆのめはら、という。
原の目、よよ花、これをもっきという。木に書く、
おとれの山という。木書山のお書きという。
きしょっける、という。山ややの原ゆら、という。
丘麓のきゅうよという。くみすゆれてるすすゆここれるるす。
ててそゆのお菊という。お菊山のもねという。
丘では、真似をもね、ともいう。丘の方言である。
もね山のお書きこれとそ。
 孔子の真似をする、三つ子四つ子五つ子という。
孔子廟のおゆ、はなるけけろれ、るるす、けてんそ、とそ。
三人四人五人の孔子がいたという。これを、こうせま、という。
孔山のおれてる、という。めめすのておそ、とそ。
孔子の書を論語とそ。孔子の意味を広げた、格子という。
幼子のこうこ、とそ。格子戸のめでという。
『こうしめて、こうしあけ』という。こうこうの山のお書き
という。後、孝行とそ。こうが行く、格子という。
これを、格子のいかれ、とそ。格子戸の孝使という。
鷹の山のお書きとそ。鷹の肩とまりという。
孝のこととそ。鷹のことを孝という。
こうがん晴れ(パレ)という。こうこうの山のお書き
という。丘住まいありた山のこととそ。
 あれゆる丘という。のち、丘母とそ。のち、
おかあさん、という。丘屋のからき、とそ。
下花のみず、という。水のふくまるやた、という。
みずみずしい花とそ。あじゆらとそ。あじされとそ。
あじもつともいう。あじれらのお菊花まる、とも。
紫陽花のことをいう。しさいじ山という。紫陽花の丘
とそ。緑が山丘、花やらくくれるおかれや、とそ。
髪飾りの〆みづら、という。〆山のお書きという。
みづちみづらのお髪という。みづらの山のお髪、
丘見やがた、とそ。ゆみやらゆっき、せせむせせる
せるせすすゆすすほすすよすすらるけらるる、という。
 蒲鉾開きというお花雲とそ。蒲鉾雲の山、ありるありて
せいゆそそるすすむせらす。これを、れれ、という。
まつれるの花、やよ花という。ちよやちよのおじやら、
という。ここの屋のうてやとそ。うつれる山とそ。
うすらゆうらけけすろろほろろす。めてやる山という。
緑ヶ丘山ありるありるありそ。これなる。
 小さい子を孔子という言い方である書きとそ。
 大きな子を大丘という。大人をこうくという。
 こりれる山という。青年を大望という。
 老人を正(しょう)という。せいともいう。
 これを、大正ともいう。老人のことである。
 孔丘という場所の言いとそ。大正言いの
 ごれまらという。これを、時による人生の諸相
 という。時によって、年によって、人をいう。
 たいかんの山という。のち、代官とそ。
 代官の語元とそ。代官の頃である。
 お代官のほうき、という。
 代官のお太鼓という。太鼓持ちのやら、とそ。
 幇間の山という。方落山のお書きとそ。
 落書の山という。落ち山の歌という。
 これを乙とそ。乙の意味でもある。
 乙る人という。鶴のことをいう。蔓とも。
 落ち国という。乙国とそ。のち、乙訓という。
 乙の言いの乙な人という。粋な人のことを、
 おとむという。おとみという。おとそむひば、とそ。
 乙る人という。おち人の落ち人である。
 平家の落つ、という。平家をおとす、という。
 平家の音がする意に解する、花の落ちとそ。
 平家琵琶の山という。門という話である。
 平門の平大正(たいらおおまさ)という。
 平家の大正という。これをおつまる(乙丸)という。
 落ち人の粋な話とそ。粋な話がたくさんある
 平家物とそ。平家物語の一解釈である。
 元は平家である話という。源氏物語は花山物とそ。
 花山の言いである。『いつぞ』という。『いつくにか』
 という。『いずれのゴホン時』という。
 朝紫の緑という。これを翠という。すいな人である。
 いきな山のお書きという。ご飯時の紫とそ。
 正油という。皿に一滴の水を置く、翠皿とそ。
 これを、紫という。かえって、醤油を紫という。
 紫色になる、水を得た醤油の色をいう。『春の色は
 うつりにけら』という。けら皿のおんもろ、とそ。
 皿の一滴の水を置く接待という。平家粋という。
 粋な乙という。素直という話である。平家蟹の
 乙出しともいう。平相の山という。
  秋残り家の料理法である。さらに一滴という。
 『ようよう白くなりゆく山際・・』である。
 紫の山という。枕の明子である。
 みょんどん明けという意とそ。
 みょんの書、枕元につんどく話である。これを、
 平明という。大正の枕という。平明の玩く、という。
 もとやらふみふむせせるそそす、とそ。
 これを、綴るやり、という。点のない書きとそ。
 秋残り語である。玩具という書きである。
 おもちゃの村埼、村咲、村先という。村々の落つる邦
 という。乙邦、乙方の乙な人とそ。音粋の秋残りである。
 おといきな人である。落つる人という。これを、乙る人
 という。劣りの点なしく、である。がんく、という。
 がんぐのことである。乙の地方の言いである。
 平家言いともいう。がんくのむらさき、これなるを。
 むらさき式書きである。平家混ぜとも。元の源氏は玩具
 (がんぐ)という。源氏世の言いである。おつな解釈という。
 点のないとそ。落ち人の点とそ。落第の音の人である。
 弟に竹冠という。乙の国という。弟の国という。
 音乙のの国とも。オトオトの国という。乙音の山、甲音を
 あにという。あに音という。弟の乙音である。音を入れた
 音国、甲乙の山という。孔子を甲子という。かのねという。
 甲の音とそ。山々の音、気高きをとそ。気高い意味という。
 甲子という意味である。乙子を、おつね、とそ。かんそ、とそ。
 かんと、という。かんとの意味である。かんこ、という。
 甲子のことをかんそ、かんこ、かんと、という。
 かんそ音(かんそね)、かんこ音(かんこね)、かんと音
 (かんとね)とそ。音の話の乙な夜、これを、おとや(乙夜)
 という。おつやともいう。艶の話という。艶のごゆり
 である。音通しの夜、乙夜のきぬづれ、とそ。きぬの
 すれる音をいう。通せ音という。とおせ山、これを、
 母宮という。暮れ宮の意とそ。乙の意とも。
 おめはら山のお書きという。ははの山ありるありて
 とおとし、これをとおれるという。とおおと(とお音)
 ともいう。戸音のト音とそ。大事なものという。
 ト音記号の話である。ト音たっとぶ話である。
 秋残り音楽という。秋残楽という。
 駄作群(ださくむら)である。邑という、群である。
 駄作邑群、友軍の来たとそ。だい山のお書きという。
 これをステーシーという。ドラムズ大尉という。
 戦の開である。葦が原の話である。ステーシーのドラム
 音とそ。ドラムの叩きである。その音のステーシーである。
 捨て石地という場所である。点無天という。天の無い点
 とそ。乙の地である。乙の字の恰好の意味である。
 これを、がっこう、という。かっこうの山のお書き
 という。平家学校の山、乙な恰好である。無水の池
 という。ぶうみょうの言いとそ。ぶみょうともいう。
 ぶみふらの花とそ。略
  ドラムス大尉という。ステーシーを連打している頃で
 ある。ぶうみょうの戦士である。得側葦という、葦畑
 近房である。蓮台の山、これをたたとそ。たたのお書き
 という。ドラムの音、落ちる音とそ。落とす音とも。
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜672大原練習292天の下107丘の朝(壮強太陽)』          
馮飛菊 画書家判 くという字。おから山はらる
蒲鉾開き
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

beige brown

    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-66627
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましても、その方とは、まったく
関係はありません。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の
秋残り、本ブログ著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,644
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181174504

この記事へのトラックバック