2017年10月02日

卒業1901・京都船旅801古譜671大原練習291天の下106流れる闇(壮強太陽):イカスミ柳

そうきょうの思い出し:日能野鷹世
字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:日山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:日スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:日山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:日紙祖川劣る

【曲名】卒業1901京都船旅801古譜671大原練習291天の下106流れる闇(壮強太陽)(鳴恭川世讃歌讃歌)
【創曲】2017/10/02柳晴創曲、熊 釜造 造詞、丹波 花由 監修備州 ソル(秋残り市在)
【拍子】市販ソフト
【種類】ジャズ時雨
【演奏】往来歓楽家、火打石愛好会の皆様
    仮名小文字ローマ字混ざりあえ
【場所】4戦回演、秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
長丘に闇流れ来て 
夜は昼間のようになり
また黒い闇来れぱ 
黒様の夜 夜は二回ある
黄色い闇の夜 また 訪ねて
 
 狐の天気予報。〇r2017/10/04
 狐と。 過去をとく、という。
 場所、そ。 狐言:こって。
 狐晴れを、柳世葉とぞ。 
 桃晴れごぎつね、秋晴れごん  
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
柳太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山  
品花雲しなよる〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲
Be in Ideal town.

 今日はどこへ行くか、家から一歩出れば、長丘である。また、長野丘
という。家はどこの家かと、その日による、繰京の家とそ。京(みやこ)を
繰るという繰京家である。住めば都という。田舎の山という。京に田舎
ありという。ここを、連田という。葦田もあり稲田もあるという京(みやこ)
の話である。闇は何回でも来るという。闇を訪ねてびれふれという。
びれというビスである。後、村という。ビズおすをビレゆらという。
ゆんますという。京(みやこ)はビレやりという。ビレ地は閑静の村、町
とそ。住宅街という現今の京である。これを、ビズビレという。
ビズ山のビレという。ビレやらよよよという。夜がたくさんあることをいう。
 ここの山である。長丘という山である。蒲鉾山である話とそ。
家の中に訪ね来た蒲鉾山もある。これを食らう山形屋とそ。
蒲鉾食らいを緑山のお方という。緑山の丘という、田という。
これを丘田が原のはんめという。半開きの目で蒲鉾を食らう
墓の記という。これが、ゆうまのゆうこうという。浜々のひんた
という。れれその山の麓を浜ゆら蒲やらという。蒲鉾のおい山という。
 らんぶるやゆよとそ。ややゆゆよよという。やゆよのだまゆきという。
丘々の墓を、丘墓という。山に墓があることとそ。これを墓やらという。
墓を丘といい、丘を墓という。今は、丘は丘という。墓は墓という。
これを丘墓の山という。丘陵をいう。この語元という。
 丘墓の山、これを蒲鉾山という。この形の御陵という。
墓陵の歌である。黄色い闇が訪れるという。おうおうという。
ここを、乙とそ。おうという乙の読みとそ。乙形蒲鉾という。
これをオーケーという。カーという山の言い元とそ。
 カーラキという。から山のえっぷという。これを、記という。
記の山の記しという。記山という。帰参の絵という。
これを、帰武という、のちとそ。喜墓をかえるとそ。
喜墓を開くという。記を開くことともそ。帳面を見る双ヶ丘である。
電子喜墓もできている電子簿帳という。帳簿の山という。
 会う開きの簿である。喜墓の山のお書きという。鬼籍の話という。
鬼の籍である。墓のことを喜墓という。会計簿を簿記という。
古く記簿という。会計の簿という。薄暮れ山の薄暮ともいう。
 山を見る、蒲鉾食らいの簿記食らいという。薄暮れを記す
墓張の記簿という。ぼ浜のお書きという。
 会計記簿は、蒲鉾野とそ。蒲鉾山のおいきあらふる、
あてるらという。蒲鉾記帳という。会計の帳簿である。
ぼを取る会計という。赤黒の黒山、赤山のここらくという。
かゆれるれるふという。けっせの決算という。
 かもゆのおかりとそ。このかりが借りという字をたる
とそ。おたとりという。借方の山という。かしこの簿という。
墓の薄暮れ頃をぼぼゆみという。かしこは貸方という。
貸し借りの対という。これを貸借対照という。あい照らす
記のこととそ。貸借対照の造りである。
 山の会計という。山の夜の山々という。これを、
けんてとそ。県の手をしゅるという。知ることをいう。
けんしゅの山、ここまらとそ。ここやらのかまゆきという。
かまれるかま、とそ。語元の解という。語元の話である。
語元のきか、とそ。語元の言葉の意である、解とも。
 簿源とそ。喜墓やら、墓元のやます、という。
 やまゆれれそ、やまいの語元である。墓をたっとぶ
話である。丘という字の造りの造りの解とそ。
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世讃歌 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館秋期展示
『古譜671大原練習291天の下106流れる闇(壮強太陽)』          
馮飛菊 画書家判 りという字。おから山はらる
蒲鉾開き
秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん) 

    著者@350上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-66617
     画商『加端』名画専門
     豪華額縁付 2000円ヤナギ
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
楽譜の作曲者名、作詞者名等はもちろん、私が
勝手につけた名前で、ええ加減に書いてあります。
同じ名前の方がおられましても、その方とは、まったく
関係はありません。実際の作詞作曲者は、私、駄作者の
秋残り、本ブログ著者小林壱裕です。
記事は架空です。著者@350,643
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181165035

この記事へのトラックバック