2017年04月16日

卒業1739・京都船旅639古譜509大原練習129(凶太陽):イカスミ柳

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1739・京都船旅639古譜509大原練習129(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/04/16曇創曲造詞
【拍子】4/4 自作SuperComposer使用
【種類】諸土の民(もろつちのたみ):歌
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
金の砂漠河流れ 青い砂漠に金の川流れ
磯に着き 天の川なり 仰いで遠きを思う
花の空と
 羅天の歌流れ この日 月星は歌い
 星鳴き夜 歌に変わる金の砂漠 今の
 夜変わり 夜は今 世は明示と 刻々と
 うたうた変わりの 夜世変わり 踏み
 改めて 明らの修め 私の明示異真
明修 天の山が星造り 星はささやく
金の砂漠川流れて天に至ると 遠い世の
話 今なる 銀河の空 

 狐の天気予報:〇r20170418
 狐む、狐よむむそ。ぴゅ。
 過去をとく、という。
 場所、める。
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:めせ。
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
    
槙之木雲〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲

2017/04/16 900美揣摩槍,1000八方節,1800昔都,2000御旅所、寝
Edo100dragon Jan,48 @000NY,100ALBM,400LA,600TC (Green Daylog)
(one line -- A line diary) 鰓員(えらいん)卿 エライン京という
都へいった話、一行話。 鰓員の今日である。リンク詳細は下である。

日本探索、駅、第4章横浜駅、第2節10新橋辺、1739
【執筆】若きジャーナリスト、待つ良し記者
【掲載】壁新聞
【・・】鰓区札町
【挿絵】楽譜
【本編】
江戸横奉行所にて、取材、以下
 花札月という、絵月の話である。
祭祀をするという、花札を将棋盤の上に置いて、これをめくる
ことをいう。一日一枚という。この行為を、司る人という。
日めくりという。日を見るこという。これを、日見子という
人という。カードをめくる行為をいう。これを政という。
カードがめくられた状態を政治という。絵を見ることが楽しく
なる。絵好みという。これを、EdoEco(えどえこ)という。
えこの見という。これで、政治経済という。政治を経て済んだ
ことという。卑弥呼の絵という。卑弥呼の名前の話という。
日見子というたという。祭祀を操り、鬼道に仕えるという、
話である。花札の繰りという。
 洋式に13のカードという。カードの国の祭祀という。
ドラゴンのリバティという。これをアメリ風という。
カードの雨の国という。カーディナル・ドラフという。
楕円月暦の話である。
 ここに、中国の話が出た、麻雀の操りという。
これを麻の国という。12の牌があるという。
4×9=36 36日の1ヶ月という。朝の暦という。
これをシーハという。シーパイという。
順に並べられた麻雀の牌という。
一枚を裏返しにしてその日を表す。日表の暦という。
これがあるひぃに、ペブという。ペッツの山のペブラム
という。中国の古いカオという。ここを説く話である。
 色んな楕円がある数学暦という。これが、サントという。
中国の山のお書きという。中国の章という。これを省とぞ。
ショート・ラッセルという。ショーラマという。
ラクシャという。数学という、数の真魚日(まなび)という。
日々学という。音の出る日の麻雀という。シーパイの
パイ音という。ニゴロという。ゴイチニという。
符の数えという。これが山戸という。山戸の国という。
世界を説く国である。中存という、中野国という。
後を、中原という。中国を中原という。孔子廟という。
孔子の中原という。中六の歌である。
 ドレミファソラシという。ドラの数えの音の見、
これを音見という。音見国という、中国の山戸という。
アメリカの山戸の運という。グリーンという、セブンラック
という。セブン・フリッジの出来とぞ。
 オーストラリアのカンガルーという、動物を竜という。
シェープ・ドラという。カンガルーの山という。カンガルーの
手という。手に花を持ったカンガルーの姿をダイアナという。
ダイヤモンドの女性形である。ダイアナ台という。大穴の山
という。ダイレガーという。ダイミスのだいショットという。
だいの言葉の並べをいう。だいの言葉づくしという。
つくしの花を手にする女姿の竜である。
 アメリカの自由にカンガルーという。カンガルーの姿の
女神という。これを、自由のは、とぞ。このはを、派という。
中国のシンとぞ。閥ともいう。親派という。この派は、ハ調
である。中国の歌という。ドレミのイタリアという。
ドーナツの楕円という。ドはドーナツのドである。
この音楽数学が2、4、8、・・という。音符のこととぞ。
速さに126という。128-2=126の話である。
 エースというスタートである。
ヨーイ・ドンを、エース・ラットという。
ラットの走りである。カンガルーの走りとぞ。
世界経済論音楽見である。遊戯の理論という。
後の世の、ゲームの理論である。
日見子の数学という。日見論という。
ゲームの理論のカレンダー解きである。
 36日、今日を強という。1強日という。
1ヶ月36強日である。
竹の碑(日)で、1強竹日という。麻雀の牌を
カレンという。古い中国語である。
カーレル・ラックという、中国のピンポンである。
白球の追いという。カレン・ゲームという。
中国楽の話という。カレンやら、カーなる山という。
子という中国のことのたっとびという。
達日言いという。カーレ論という。カービの
くっくすという。音楽料理の花という。
竹食らいの話である。
パーレルレンルーの山、パナのはっくらという。
パナ山のお書きとぞ。そうきょうという、
世界をそう、そうきょうという。世界をそうきょうという。
歴史の意を含んだ楕円を真という。そうきょう真円という。
真円をいう。楕円を切り離して、真円をいう。
楕円と真円の世界論という。ドラ法の法見見(ほうけんみ)
である。
 物をたっとぶ文という。ソンテという文である。
 子をたっとぶ中国人という。ニン、ハオとぞ。
 カンガルー竜、お書き。竜子書きという。
 
後、麻雀牌には、東南西北白発中、花牌がある。
後述。後見日見_子。 
(江戸鰓文庫より)

稲作の中国、これをニンという。
ニン・ハオという、中国のアイ(挨)という。挨拶という。
ニーというアイ(挨)が出る。ニーからという。ニーばらの
ちゅんいつという。ちゅうらくのとうほふという。
とうほふのからゆき、という。ターレル・ラックの山という。
当方中国という。これを、ファンジュンルーという。
ファンユン中国がこれである。ファジュンともいう。
ファンインという、中国歓迎のファンユンジュンという。
ファンユンジュン中国をファンレムという。ファンルンという。
これが、香港をキールンという、この系の中国である。
オースト中国をオーストリアにして、オーストラリアを
中国という。古い時代の一時代である。オースト中国
という言いという。日別の、日を別けた話という。
日辺の話という。ダビがこれである。ダビ日という。
楕円より出たダビである。これをダビ出という。
ダビやらの話という。楕円のカルタという。
楕円カルタの中国模様の中国カルタという。
楕円のトランプともいう。ダービルレッツのパミゆり
という。これが、ドレララという。ドレホレのマブレル
という。このマブが、まぶいという。まぶしいをまぶい
という。まぶい太陽のダットクという。マブレムの出と
いう。言葉の話である。マブセルという楕円の言葉になる。
マブという、まぶゆきという。ゆきゆきの行きに、
言葉の進行をいう。言葉がはなされていく過程のハブという。
マブハブという。これを、英語のマブという。
ハブの進行形である。アイ・ハブ・ビーンという、
現在に繋がる進行形という。英語の進行形の話である。
アイ・ハッビングという。ハビング論の言葉の解とぞ。
稲作より出た進行形が、稲の成長の行きという。進んで行く
話の言葉である。これを稲作という。稲作の山という。
稲田の植えの山という。稲作の話という。
かってに数字もあってくる楕円、円のことをいう。
稲作の山、楕円をとうとぶ、とうふという。
東府の山とぞ。1739である。卒という意味が
添わって出る、とうとびをいう。かってに出てくる
話である。稲作1739を意図しなくとも
おのずと出てくる文である。数が添わる話とぞ。
 言葉を拝んで使う話で、言葉をとうとぶ姿という。
言葉に感謝をする、これで、この文がかってに出てくる。
考えなくとも、そのままである。
 ファンユンジュン中国がこの話である。
子をたっとぶ、ツォーツァオという。字をたっとぶ
ことをいう。字の国という中国のことである。
ツォー、ツァー、ツォーツァオとぞ。
あとがき。
 駄作者脳は、こんな脳である。そうきょうの脳である。
今の話とぞ。9:31 2017/04/16  

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜509大原練習129(凶太陽)』           
馮飛菊 画書家判 ゆという字。
 秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
『Old piese in old book, april 43, dragon'17』
camera shoot:Umenoshin Makinoki
  
  
    著者@180上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-64997
     画商『留端』名画専門
     豪華額縁付 2000鬼円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
記事は架空です。著者@180,481
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.  
posted by 秋残り at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179456484

この記事へのトラックバック