2017年04月08日

卒業1730・京都船旅630古譜500大原練習120鯵の青染め(凶太陽):イカスミ柳

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1730・京都船旅630古譜500大原練習120鯵の青染め(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/04/07晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】諸土の民(もろつちのたみ):歌
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
鯵宮の柱木 朴ノ木が植わる林森に
梟が鳴き留まりいる 樫木に蝙蝠
いつも歌を歌い暮らす日々に 夜に
更けを見たるや 群れ飛ぶ鳥 吾が
巣へ帰る 古巣 恋しく声振るう
遠くに聞く 啄木鳥の木を掘る
気高き 音すがし もの休むと
静かな夜の訪れと
気高き 音すがし もの休むと
静かな夜の訪れと

 狐の天気予報:〇r20170409
 狐よ、狐よれ、とも。ぶ。
 過去をそく、という。
 場所、み。
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:ほあゆ。
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山

槙之木雲〜〜柳雲〜〜山吹雲〜〜桃雲〜〜銀杏雲〜〜朴ノ木雲

173020170407 900社,1000名古屋白,1800社屋,2000ナイトバー  

日本探索、横浜、第4章横浜駅、第2節黒林区3福、1730
【執筆】若きジャーナリスト
【掲載】毎晩新聞
【・・】発木区
【挿絵】
【本編】
 横浜紀行。おりあって訪ねた横浜の街、私を迎えてか、梟が
鳴いている。少し霧がかった夜のはやい頃である。蝙蝠が群れ飛び
吾が巣へ帰るのか、鳴き飛ぶ。霧に飛ぶ蝙蝠である。山々の遠くに
見える横浜の小さな森である。時折、澄んだ高い声が聞こえる。
啄木鳥の声である。東西に月を見る。二つの月、よこらくの山、
これをダブルという。ダブル月のダフ夜、今の世にこれを伝う。
槙之木雲、地上にまで達する雲である。柱状の雲、横浜の街の
象徴である。私の前に柱状の雲がいくつも並んでいる。
雲並びの丘、緑の木雲、これなり。
横浜ブールバール路上にて。 
 (江戸鰓文庫、これを記す)
 
Japan Note:Betty Heart, lady-repoter.April 7, 2017
【PLACE】Yokohama
【PAPER】United States of America, non-official paper
【PAINT】
【Notes】
We walk here and there in Yokohama town. Foggy weather,today.
We drop in old book shop on the boulevard. We have bought an
old book on Yokohama town. This is on Yokohama in Edoyoko era.
Big bats are flying in the sky. Pillars of cloud stand on the
earth. These are several green pillars with fat.
We have a look at such a seen accidentally. We have a
light fog in the evening. In frot of ourselves, there are
two moons glowing, Stars are triangle. It seems for us that
we read a book on fairy tale. This is, but, real as dream at
night. Yokohama is wonderful town. We give a glance on boule-
vard, big ant( a meter long) friendly walk with us.
After we look at the nice seen, we drop ourselves in the inn.
We recomend that you would have a visit Yokohama once or
twice.
This is computer writing at inn.
Good night, reders, and have good dream, good morning will
come again.

『古い本に挟まれた楽譜 江戸横久年我月行日』撮影:槙之木梅之進
       
 
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜500大原練習120鯵の青染め(凶太陽)』             
馮飛菊 画書家判 おにという字。もに、とも。
 秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
    著者@250上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-54905
     画商『奴端』名画専門
     豪華額縁付 2000鬼円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
記事は架空です。著者@250,472
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179347311

この記事へのトラックバック