2017年04月07日

卒業1729・京都船旅629古譜499大原練習119白数街道(凶太陽):イカスミ柳

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1729・京都船旅629古譜499大原練習119白数街道(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/04/07晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】諸土の民(もろつちのたみ):歌
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
十の白石 玉歌 歌い行く 白数
青い砂 白敷石 踏み歩む 数えては
離れ白い島造りの様の 庭家 十々合わせ
二見の世 尊き音 口の尊き口に 塔は立つ
白き門より入れとの立札 白数道の
田の島図 歩めば楽しき

 狐の天気予報:〇r20170409
 狐よ、狐よれ、とも。ぶ。
 過去をそく、という。
 場所、み。
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:ほあゆ。
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山

1729 20170407 900社,1000名古屋白,1800社屋,2000ナイトバー  

日本探索、名古屋、第4章名古屋駅、第2節白区3白数道、1729

【執筆】若きジャーナリスト
【掲載】文筆青年
【・・】発草区
【挿絵】
【本編】
 記者は名古屋駅へ着くや、早速、白数街道を経て、
その街道にとある屋敷を訪ねた。 
田の字に白石が敷かれている、また、その横には、
シマの字に白石が敷かれているという。門には大きく、
『汝、白き門より入れ』と書かれている。ここ、名古屋では、
知らぬ人はないという程、有名な句である。人は言う、
『あの門のように、潔癖な、潔い人たれ。』 記者も老婆に
道を尋ねた時、穢れを知らぬ道だよ〜ん、と言われた。
何とも白づくめの名古屋白という。白潔の名古屋という。
有名なホワイトタウンである。 道々、もらった小冊子に、
『田之島図』と概略が書かれている。田之島亭、田島亭という。
有名なところである。今から訪れる、『田之島図』を手にした
記者の楽しみである。  

Japan Note:Betty Heart, lady-repoter.April 7, 2017
【PLACE】Nagoya st. around
【PAPER】United States of America, non-official paper
【PAINT】
【Notes】
Enter ye, in by the white gate.
A famous sight seeing spot, we have visited.
At first, we look at the gate. That is all white
colour maden. We read letters on plate of gate. They
write, "Enter ye,in by the white gate." Famous words,
those are.
We have a panphlet of House Tanoshima.
There are Ta-no-ji stones to be arranged by famous gardener.
田 Ta-no-ji stone garden, the gardeners put stones in
as chinese letter Ta. They call that Ta-no-ji.
シマ Next to Ta-no-ji, there are shima-no-ji stones arranged. So
they, usually, call Tajima house or tanoshima house.
There are ten white stones to be arrnged in tanoshima house.
There is white stones way in front of this house.
People in Japan call here Nagoya-white. Their sayings
are, "People live as white. Upright as white."

『名古屋白、楽譜状 江戸6年4月16日』撮影:槙之木梅之進

 
 
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜499大原練習119白数街道(凶太陽)』             
馮飛菊 画書家判 おにという字。もに、とも。
 秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@250上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-54895
     画商『奴端』名画専門
     豪華額縁付 2000鬼円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----
ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
全て、仮想です。実在とは、無関係です。
記事は架空です。著者@250,471
Notice;writer says;
Names are virtual on this article.
Matters are not real.
posted by 秋残り at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179343846

この記事へのトラックバック