2017年04月05日

卒業1726 日本探索、駅、第1章東京、第1節浅草2 :イカスミ柳

卒業1726 日本探索、駅、第1章東京、第1節浅草2 :イカスミ柳
1726 2017/04/05、900東京都庁、1200オムライス、1500横浜出張所、1800クラブ、、2000バー、
(挿絵 絵々好子)
日〜〜槙之木雲〜〜柳雲〜〜梅型雲〜銀杏雲〜〜桜雲〜〜サツキ雲〜東雲

                     始祖鳥
      
竜                    

竜                〇   
 竜                  〇    
標語 そうきょうは、よい時です!!!
日本探索、駅、第1章東京、第1節浅草、2
【執筆】丸々三角男
【掲載】日本新報
【・・】名古屋朝報慰問舎にて
【挿絵】絵々好子:日本展覧所属画家
【本編】
 向こうの空を見上げると、太陽を背に受けて、大きな鳥が飛んでいる。
2間程の翼である。始祖鳥である。頭に冠をいただく鳥である。こちらを見て
飛んできた。挨拶である。こんな大きな鳥がいる。記者は喜びの声をあげた。
 右手を見れば、池に山のように見える島がある。鹿児島である。どうやら、
この島からやってきたようである。都会の煩雑を逃れ、ようよう来た浅草で
る。浅草駅近辺には、よくある光景であるらしい。島には、たくさんの種類
の動物も棲んでいる。京竜もいる。大きな龍で、立って歩く。ラジラと
呼んだり、クジラと呼んだり、もちろんゴジラもいる。皆、ラ種生物である。
 ゴン種生物もいる。カネゴン、カネラゴン、ミズラゴン、ミズゴン・・・・
みな、百科事典に載っている生物たちである。植物も大きな植物がある。
花の直径、1間くらいある。太陽も大きく見えて、4mくらいに見える。
 時間によっては、楕円形に見えたりする。別世界である。
ここ、浅草特有の景色である。
 池から上がって来たのであろうか、ラドンがやって来た。ドン種生物で
ある。ハルドン、アキドン、ハルマゲドン・・・。春には髷をするという。
 浅草竜という。ハルマゲドンである。ヨイトマケドンもいる。色んな龍の
生息する、ここ、浅草は、そんな土地である。
(江戸鰓(えどえら)文庫、これを記す)  
   
Japan Note:John Luky Spade, repoter April 4th, 2017
【PLACE】Tokyo,Asakusa st. around
【PAPER】London Times
【PAINT】Ee Sukiko
【Notes】
Here live various dragon. Various giant birds,too.
A dragon is coming and is laughung at us friendly. 
Big flower is in his hand. He says, "My friend is living
in the land called Ona in England,you know him? He is
a singer named Poma. He is writing novel for children. Have
you read his book? It is very interesting for me that
my dream come true. We, dragons, have various dream."

Now, we are living in Nagoya city. A flower is decorated
in our room. He gave us this flower. Best souvenir!
Edo era in Japan, very nice.

『浮橋池 江戸5年8月7日』撮影:槙之木梅之進 f:6 1000


===========================
 ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
 全て、仮想です。実在とは、無関係です。
 記事は架空です。著者
Notice --writer says;
 Names are virtual on this article.
 Matters are not real.
 
posted by 秋残り at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179325431

この記事へのトラックバック