2017年03月29日

卒業1718ドイツ在手記:イカスミ柳山吹葵

卒業1718ドイツ在手記:イカスミ柳山吹葵
『蜃気楼写真』金の砂漠を見る、和船造船所にて08170119在独或る人:写真

                 飛行機


~~~~山吹雲~~~山吹雲~~~松雲~~~槙雲~~~柳雲~~~桃雲~~


蜃|      へへ 

気蜃|     へへへ    草草草       

楼気|    へへへへへ      草草    木           

閣楼|   へへへへへへへ            木    船船船船

砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂



08170119,水,晴,盆,500起,900大和朝廷,1400紫式部省,1600蘇我邸,,sotu1718.txt

標語 そうきょうは、よい時です!!!

 ドイツ留学記第718章8節8
【日付】2017/03/29晴
【作者】私、駄作好平
【読者】多数 
【予定】20171224、 函館五稜郭フルート独奏 
    20170507、済、九州湯布院温泉、音楽講習会
    20170606、済、東京にてコンピューター・プログラムの講演。
    20170401、済、アウフヘンベルグ独
    20170204、済、函館済
    201801〜02、済、南極ペンギン氏会    
【....】 
【本編】
 ある人がくれた写真である。ドイツの和船造船所で撮ったものである。
蜃気楼が端に写っている貴重な写真である。ハイデルベルグ在時に、
海軍を訪れた時である。砂の流れとともに行く和船である。遠い世には
水が流れるという。この日は、大和朝廷が写っていた蜃気楼である。
大和朝廷より派遣された人という、遣独使船よりのハイデルベルグ在で
ある。ベル・パシフィカを経て着いたドイツである。
 蘇我氏とともにいた頃である。遠き世で発見される、csv一行日記
である。 
 歴史家によって、年順に整理されるという。

駄作者弁:
 変数の部分を入れ替えれば、上の名写真になります。
doitu.nakoをダウンロードして、そのまま実行を押せば
この記事になります。一行日記もだんだんできていきます。
今日の日記は900年頃の日記です。
  doitu5.nako
-----------------------------------------------------   
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@250  
posted by 秋残り at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179246368

この記事へのトラックバック