2017年03月29日

卒業1717プログラム:イカスミ柳山吹卿

卒業1717プログラム:イカスミ柳山吹卿
『蜃気楼絵画』18160822ドイツ美人画家

                 飛行機


~~~~山吹雲~~~山吹雲~~~山吹雲~~~山吹雲~~~山吹雲~~~山吹雲~~


蜃|      山山 

気蜃|     山山山    川川川       

楼気|    山山山山山      川川    木           

閣楼|   山山山山山山山            木    船船船船

砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂砂



18160822,水,晴,盆,500起,900江戸南町奉行所,1300幕府,,,sotu1717.txt

標語 そうきょうは、よい時です!!!

 ドイツ留学記第717章7節7
【日付】2017/03/29晴
【作者】私、駄作好平
【読者】多数 
【予定】20170507  九州湯布院温泉、音楽講習会
    20170606、済、東京にてコンピューター・プログラムの講演。
    20170401、済、アウフヘンベルグ独
    20170204、済、函館済
    201801〜02、済、南極ペンギン氏会    
【....】 
【本編】
『ドイツ美人が描いた絵』である。
 蜃気楼の絵だという。『ニッポン大好き』という。一生懸命に、
日本語を勉強した彼女である。よく見れば、絵には漢字が
書いてある、それほどの日本好きである。日本に棲むのが夢という。
日本へ行けば、必ず私に会うという。・・・・
 日はたち、ふと知り合ったドイツ人、はて、私のハイデルベルグ在
の時であろうか。そんな思いが胸に去来する。遠い日の若き日々を
思う。肩合わせ、手をつなぎ、歌を歌い若き日を謳歌したハイデル
ベルグの一夜、胸に鮮やかに残る頃である。
 蜃気楼という彼女であった。蜃気楼の中に入ったという。未来の私が
かいま見えたという。古い私の日記である。引き出しにしまわれた私の
過去の記録、何気なく読んだものである。

駄作者弁:
 オソマツ駄作プログラムで作ったものです。字を変数に充てていけば
できます。先に字で作って、後で変数に充てます。その後、字で作った
部分を置換で変数に置き換えます。変数を新たに作ればよいです。
Q、R、Dです。
  doitu5.nako

-----------------------------------------------------   
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@250
  
  
posted by 秋残り at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179246044

この記事へのトラックバック