2017年03月29日

卒業1716・京都船旅616古譜476大原練習106潟見茂津(凶太陽):イカスミ柳

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

一行日記 20170329,水,曇,祝,500関空,900上海,1300台湾,,
孔子廟
【曲名】卒業1716・京都船旅616古譜476大原練習106潟見茂津(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/03/29曇創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
 砂嘴大きく長い緑砂嘴橋
 船から見てる白我が家
 青波寄せて目を出し喜びに
 迎える 我が行き再びの
 潟見茂津 遠くの京 野々宮に
 絵描き 供える  
 
 狐の天気予報:〇r20170331
 狐ふけ。ふる。さづ、とも。
 場所、ここも。
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:やらめき。
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山 

**駄作者言  重複あり
 オソマツ駄作プログラムで作りました。
csv保存とか、コピーの必要のないものを消す場合、
その行を削除してもよいですが、
プログラムの行頭に // を入れてもいけます。
//を消せば、復活でき再び使えます。
かぎかっこは、二重のもの『』を使ってください。
 色んな形のものを作っておいて、用途に合わせて
使っていけば、文書作成など、インターネットの
ブログ、日記作成に、楽になることと存じます。
 コピーして、貼り付けする場合、コピーの必要もなく、
貼り付けだけをすれば、完成となります。
一重のかぎかっこの中には、プロクラムをいれれば、
動きませんので、入れる場合は、上の欄の変数で
拵えて、{}でくくって入れて下さい。 
 変数を{}でくくって、必要な個所に入れれば、
入力が楽になります。
実行すれば、txtファイルは、
どんどん書き換えられます。名文ができたら、
保存して、即、できたフォルダ名を変える、また
ファイル番号なりファイル名なりを
変更してください。
プログラムの知識は、これくらいのもので、
ないに等しいものです。オソマツ駄作です。
====================
簡単プログラムを次に書きます。
==== 
 --使用言語 次世代BASIC
 REM  作文用
 1000 GOTO 組み立て関連書籍
 3000 GOSUB サイト巡り歩き 
    RETURN 知識倍増
 4000 RUN
 5000 echo OK
 6000 万歳
 7000 END
====
 人心理解型プログラムです。      
 
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜476大原練習106潟見茂津(凶太陽)』            
馮飛菊 画書家判 さという字。ふか、とも。
 秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)

    著者@490上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-54765
     画商『地端』蜃気楼に入る 名画専門
     豪華額縁付 2000円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
植林公園
~~山吹~~山吹~~山吹~~柳~柳~~桃~~桃~~桃~~~~~
  へへ     
へへ   へへ     草~~草~~草~~草~~ 
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@490,458
posted by 秋残り at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179242734

この記事へのトラックバック