2017年03月26日

宣言、機械師、ファイル作成法・・卒業1711・京都船旅611古譜481大原練習101スルタンの森(凶太陽)(鳴恭川世讃 歌):イカスミ柳

//====宣言、機械師、ファイル作成法
A=1711 //卒業ファイル  
Y=「スルタンの森」 //副題
X=「古譜{A-1230}大原練習{A-1610}{Y}(凶太陽)」 //曲名 
B=A-1100    
C=「鳴恭川世」  //副題 
E=230  //百分時  
F=今日
Z=「{今日}」に「+0/0/2」を日付加算、「yyyymmdd」に日時形式変換           
G=
H=A-1258
I=sotu //ファイル名
//-----------------------------------------------------------
//ーーーー −−−− −−−− −−−− −−−− −−−−

**span style="color:#008000;">**strong>字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る**/strong>**/span>
【曲名】**a href="http://otoko.org/2017/{I}{A}.wma">卒業{A}・京都船旅{B}{X}({C}讃歌)**/a>
   **a href="http://otoko.org/2017/mid/{I}{A}.mid">midファイル**/a>
【創曲】{F}{G}創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】諸土の民(もろつちのたみ):歌
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
青い砂に乗り船は砂漠を越えて進み行く
木々が立ち並ぶ道の中程 そうきょう
よい泊り 日が落ちスルタンの森に
月がかかる頃に 梟が鳴き蝙蝠が
飛び交う 一日終わり 感謝を捧げ

 狐の天気予報:〇r{Z}
 狐べざ、狐べら、とも。ふ。
 過去を晴れ、未来をあし、今をみ、という。
 これを、狐のよめなまという。
 場所、ぽ。
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:やみる。
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
**img src="xxxg" width="35">太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
 
====プログラム編?。駄作者のすること。
 フリーソフト『なでしこ』
 私のいつも使っている駄作用、駄作プログラム?です。
記入は、A、Y、E、G、I、の変数欄と、【拍子】【種類】 
【演奏】【場所】【歌詞】【解説】の欄です。
あとは、『Nを、コピー』と下のプログラムにありますので、
サーバーへいって、貼り付けすれば、完了です。
駄作への招待となります。
 『なでしこ』というフリーソフトを使っています。
 これをコピーして、なでしこソフトに貼り付け、実行ボタン
 を押せば、フォルダ、ファイル、コピーのフォルダもでき
 ています。
//----------------------------------------------------------- 
===プログラムは、全然わかりませんが、エエかっこうして、
 下の文をつけます。
  変数、A、B、・・・で、計算さして、その結果を
 文章に入れて文章を完成さす。これをNに代入し、コピーして、
 サーバーのファイルに貼り付け。コピーまでが自動化で
 、あとは、サーバーのファイルへ貼り付けするだけです。
 (記事記入です。) 
  サーバーへのuploadは、この辺はわかりません。
 インターネットを、あちこち巡り歩き、知識をふやしている
 ところです。初心者向けでも難しいです。
  たしか、・・・・秋残りプログラム学院社会人
 インターネットコースでやっているらしいですけど、・・・
 探してみます。
  極極極超超超初心者でもできる!!!。プログラム講座、
 これらしいです。
 ====
 下は、このプログラム実行後、サーバーへいって貼り付け
 たものです。同じものです。
  使用される場合は、
 一番上の変数『A』の番号には、新しい番号を
 つけて下さい。コンピューターに、 
 同じファイル番号があれば、ファイルが書き
 換わりますので、同じ番号は付けないでください。
 同番号のチェック機能はありません。
***Aのファイル番号に、B、Hの番号が連動
さしてあります。Aを入れれば、後の番号は入れなくて
自動で入ります。シリーズ物、連載小説の章、節番号
など便利でよいです。B=A-1100と、ありますが、
この部分を変えれば、自由に番号が入れられます。
H、同。
  プログラム中の{I}のファイル名を、
  それぞれmeisakuなどに変えれば、名作編となります。  
  http://〜のアドレスは、ご自分のアドレスに変えて
  下さい。
 //-----------------------------------------------------------
 は、文を書く時の、この範囲をこえないようという、目安です。 
 ←     この範囲で書く                → 
 サーバーのファイルでは消してください。
  このプログラムで文を書いて、実行すれば、フォルダ二つ
 (当フォルダとコピーフォルダ)ができます。
『N』の部分の.txtファイルができています。
 フォルダにファイルが入っていませんので、色々表示がでます。
 そのまま続けるを押してください。
『N』の部分の.txtファイルができています。
後、本フォルダに、名画ファ
 イル、名曲ファイル・・)を入れて、実行を押せば、コピー
 フォルダにコピーファイルができます。
 .sm3のファイルは、私使用ソフトのファイルの拡張子です。
 ソフトによって変えて下さい。 
 *html部分、『**』は、『<』に変えて下さい。
 ****画像の額は、
   **img src="http://otoko.org/2017/{I}{A}.jpg" width="340"
alt="" style="border:ridge 10px pink"> ピンクの額ができます。
 pink を、silver に変えれば、 シルバーの額になります。
 プログラムは、
  //====宣言、機械師、ファイル作成法  から
  //====終わり まで。
この記事です。
  コピーして、なでしこに貼り付けて、OKです。
   ご使用に際しては、くれぐれもご注意の程を。
   本プログラム作者は、無責任ですので、
   皆様の責任でご使用下さい。
   つぶそうが、改変しようが、勿論自由です。
 このままでもちゃんと動きます。プログラムにも至らない
 ものです。
 記入するところ、変えるところを色付きにしてあります。
あと、X、Cのカッコ内に文をいれれば、それぞれ【曲名】に
出てきます。各項目【曲名】・・・を旅先、観光地、旅館、
などに変えれば、旅日記になります。
 {F}日,晴,休,700起1600LOS別宅2030就寝 は、私の一行日誌です。  
  7時目覚め起床、16時米国ロスアンゼルス別宅着20時半寝る
  今日の日記もできています。
  この部分を一番上にもっていってもよいです。
  サーバーでは消してください。
  記事記入の少しの手助けになります。
  飛行機にて、記す。:イカスミ柳 駄作者  
   
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 {C} の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『{X}』             
馮飛菊 画書家判 おにという字。もに、とも。
 秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
**img src="http://otoko.org/2017/{I}{A}.jpg" width="340"
alt="" style="border:ridge 10px pink">
**img src="http://otoko.org/2017/{I}{A}.jpg" width="340"
alt="" style="border:ridge 10px silver">
    著者@{E}上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-5{A-1240}5
     画商『奴端』名画専門
     豪華額縁付 2000鬼円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@{E},{H}
 {F}日,晴,休,700起1600LOS別宅2030就寝
  」を、Nに代入。
「{デスクトップ}/{I}{A}{Y}」へ、フォルダ作成。
「{デスクトップ}/copy{I}{A}{Y}」へ、フォルダ作成。
1秒待つ。
Nを、「{デスクトップ}\{I}{A}{Y}\{I}{A}.txt」に、保存。
「{デスクトップ}/{I}{A}{Y}/{I}{A}.txt」を「{デスクトップ}copy{I}{A}{Y}/copy{I}{A}.txt」にファイルコピー
「{デスクトップ}/{I}{A}{Y}/{I}{A}.sm3」を「{デスクトップ}copy{I}{A}{Y}/copy{I}{A}.sm3」にファイルコピー
「{デスクトップ}/{I}{A}{Y}/{I}{A}.mid」を「{デスクトップ}copy{I}{A}{Y}/copy{I}{A}.mid」にファイルコピー
「{デスクトップ}/{I}{A}{Y}/{I}{A}.jpg」を「{デスクトップ}copy{I}{A}{Y}/copy{I}{A}.jpg」にファイルコピー
Nを、コピー。
//====終わり  

***************************************************
===================================================


字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1711・京都船旅611古譜481大原練習101スルタンの森(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/03/26晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】諸土の民(もろつちのたみ):歌
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
青い砂に乗り船は砂漠を越えて進み行く
木々が立ち並ぶ道の中程 そうきょう
よい泊り 日が落ちスルタンの森に
月がかかる頃に 梟が鳴き蝙蝠が
飛び交う 一日終わり 感謝を捧げ

 狐の天気予報:〇r20170328
 狐べざ、狐べら、とも。ふ。
 過去を晴れ、未来をあし、今をみ、という。
 これを、狐のよめなまという。
 場所、ぽ。
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:やみる。
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山
 
====プログラム編?。駄作者のすること。
 フリーソフト『なでしこ』
 私のいつも使っている駄作用、駄作プログラム?です。
記入は、A、Y、E、G、I、の変数欄と、【拍子】【種類】 
【演奏】【場所】【歌詞】【解説】の欄です。
あとは、『Nを、コピー』と下のプログラムにありますので、
サーバーへいって、貼り付けすれば、完了です。
駄作への招待となります。
 『なでしこ』というフリーソフトを使っています。
 これをコピーして、なでしこソフトに貼り付け、実行ボタン
 を押せば、フォルダ、ファイル、コピーのフォルダもでき
 ています。
//----------------------------------------------------------- 
===プログラムは、全然わかりませんが、エエかっこうして、
 下の文をつけます。
  変数、A、B、・・・で、計算さして、その結果を
 文章に入れて文章を完成さす。これをNに代入し、コピーして、
 サーバーのファイルに貼り付け。コピーまでが自動化で
 、あとは、サーバーのファイルへ貼り付けするだけです。
 (記事記入です。) 
  サーバーへのuploadは、この辺はわかりません。
 インターネットを、あちこち巡り歩き、知識をふやしている
 ところです。初心者向けでも難しいです。
  たしか、・・・・秋残りプログラム学院社会人
 インターネットコースでやっているらしいですけど、・・・
 探してみます。
  極極極超超超初心者でもできる!!!。プログラム講座、
 これらしいです。
 ====
 下は、このプログラム実行後、サーバーへいって貼り付け
 たものです。同じものです。
  使用される場合は、
 一番上の変数『A』の番号には、新しい番号を
 つけて下さい。コンピューターに、 
 同じファイル番号があれば、ファイルが書き
 換わりますので、同じ番号は付けないでください。
 同番号のチェック機能はありません。
***Aのファイル番号に、B、Hの番号が連動
さしてあります。Aを入れれば、後の番号は入れなくて
自動で入ります。シリーズ物、連載小説の章、節番号
など便利でよいです。B=A-1100と、ありますが、
この部分を変えれば、自由に番号が入れられます。
H、同。
  プログラム中のsotuのファイル名を、
  それぞれmeisakuなどに変えれば、名作編となります。  
  http://〜のアドレスは、ご自分のアドレスに変えて
  下さい。
 //-----------------------------------------------------------
 は、文を書く時の、この範囲をこえないようという、目安です。 
 ←     この範囲で書く                → 
 サーバーのファイルでは消してください。
 下の方、/sotu1711スルタンの森/sotu1711.xxx xxxはソフトの拡張子です。
  変えれば、ファイルがコピーできます。
 このプログラムで文を書いて、実行すれば、フォルダ二つ
 (当フォルダとコピーフォルダ)ができます。
 『N』の部分の.txtファイルができています。
 フォルダにファイルが入っていませんので、色々表示がでます。
 そのまま続けるを押してください。後、本フォルダに、名画ファ
 イル、名曲ファイル・・)を入れて、実行を押せば、コピー
 フォルダにコピーファイルができます。
 .sm3のファイルは、私使用ソフトのファイルの拡張子です。
 ソフトによって変えて下さい。 
 *html部分、『**』は、『<』に変えて下さい。
 <<画像の額は、
   **img src="http://otoko.org/2017/sotu1711.jpg" width="340"
alt="" style="border:ridge 10px pink"> ピンクの額ができます。
 pink を、silver に変えれば、 シルバーの額になります。
 プログラムは、
  //====宣言、機械師、ファイル作成法  から
  //====終わり まで。
この記事です。
  コピーして、なでしこに貼り付けて、OKです。
   ご使用に際しては、くれぐれもご注意の程を。
   本プログラム作者は、無責任ですので、
   皆様の責任でご使用下さい。
   つぶそうが、改変しようが、勿論自由です。
 このままでもちゃんと動きます。プログラムにも至らない
 ものです。
 記入するところ、変えるところを色付きにしてあります。
あと、X、Cのカッコ内に文をいれれば、それぞれ【曲名】に
出てきます。各項目【曲名】・・・を旅先、観光地、旅館、
などに変えれば、旅日記になります。
 2017/03/26日,晴,休,700起、1600LOS別宅 は、私の一行日誌です。  
  7時目覚め起床、16時米国ロスアンゼルス別宅着20時半寝る
  今日の日記もできています。
  この部分を一番上にもっていってもよいです。
  サーバーでは消してください。
  記事記入の少しの手助けになります。
  飛行機にて、記す。:イカスミ柳 駄作者  
  
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜481大原練習101スルタンの森(凶太陽)』             
馮飛菊 画書家判 おにという字。もに、とも。
 秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)


    著者@230上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-54715
     画商『奴端』名画専門
     豪華額縁付 2000鬼円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@230,453
 2017/03/26日,晴,休,700起1600LOS別宅2030就寝
 
posted by 秋残り at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179213994

この記事へのトラックバック