2017年03月23日

卒業1704・京都船旅604古譜474大原練習94/メルズーガの磯花(凶太陽):イカスミ柳

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1704・京都船旅604古譜474大原練習94/メルズーガの磯花(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/03/22晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】諸土の民(もろつちのたみ):歌
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
メルズーガ砂漠の磯花タウン 磯花田 葦畑
伸びる沙漠の葦 華麗な花 砂漠オアシスの田
田に咲く花 蜃気楼の家 そにあれば我が身は花 
梨の木がなる家 井戸汲み水 花に遣り 
そうきょうよい朝 日の始まり 磯花村の
真中家 メルズーガ林中
  スルタン通り前にたつ磯花屋敷 花木綿の手の
  手袋はき 鳥とラクダ 飯いをやれば 共に
  くらすこの日 日上がりよい日が来る花家
  青い家の土の物語 万物の日 砂漠にあり
  通りがかり寄らば大樹の木 葉を広げて
  旅人迎え水あげて よき日来るを祈る  
日砂漠に落ち月は上がり照らす砂漠 音静か音
流れ ハヤシ中 大守通り木上 群れる蝙蝠飛ぶ
鳴き声 チイヨチイヨの夜更け 深く深く夜更け
行き物は安楽の時 よい夢見に ゆらゆらゆら
よき眠りに見えて現れる蜃気楼の屋
うつつゆつ 花屋敷 眠る夜
      
 狐の天気予報:〇r20170324
 狐ぶぶ。ふか。さる、さら、とも。
 場所、めぶず。
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:やすふる。
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山 

砂漠メルズーガ 磯花タウン 磯花田
砂漠の蜃気楼 いさゆだ いそはむ
しらゆらび さむれる れれふ れれそ 
そるれる れれふ すすゆ そむれ
そそたる 手の振り そんたんだんさん
くくるやまれ あうれ そそす すすむ
砂漠のここ ここれ るるす

 青い家 なめしかわなめし おる花
 花やら いそかの屋々 モロコのスルタン
 磯花のするめ いか飛び ここほの山
 ころふ苔と こむ屋 こんそく れるほ
 めるる ゆふる れんすれん
 そうきょう村の山
  
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜474大原練習94/メルズーガの磯花(凶太陽)』音符月鳴り             
馮飛菊 画書家判 おにという字。もに、とも。
 秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
       

    著者@440上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-54645
     画商『地端』蜃気楼 名画専門
     豪華額縁付 2000鬼円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@440,446
posted by 秋残り at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179177169

この記事へのトラックバック