2017年03月22日

卒業1701・京都船旅601古譜461大原練習91西佐渡島うろ小崎木岸壁詣で(凶太陽):イカスミ柳

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1701・京都船旅601古譜461大原練習91西佐渡島うろ小崎奇岩壁詣で(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
   midファイル
【創曲】20170321晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】鬼 惨状:歌 
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
   うろ金糸風呂夜 鬼寄る田は 名ずれが
   成り くつぶ頃 夜に お増し門 さたがいに
   鰐 ぶ飛び 途根は追う 我が金エイ
   のれがなれが名 鰐の成す いおあり田
   鰐 お増し門 冴え 稲屋久日 塀へ
   いつ谷 仮名のうろ金糸 蝋とる鯛
   しばし 細磯(さいそ) ほ熨斗 さばき
   柵入れ 金手地 折れがな地を 成す
   祝蟻が 阿地尾の木 滝さの子等 
   花卯のろい左
      
 狐の天気予報:〇r20170322
 狐ふけ。ふる。さづ、とも。
 場所、ここも。
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:やらめき。
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山 

 西佐渡ヶ島のうろ小崎という所に奇岩壁がある。
遠い世の鬼おこしという。鯔背ろい(いなせろい)という。
鬼の愛出という。遠い世のIDという。ID-1701という。
鬼の鯔背の是という。ゼックス楼の番花という。
絶見奇岩壁である。ゼッケンの鬼元出しである。
遠い世に見られ使われとぞ。鯔背のゼッケン、
是なるを。鬼が書いた譜という、本譜である。
大きな奇岩壁の楽譜である。自然楽派という。
船に乗ってみる楽譜である。これを塀にあしらった
ゼックス楼である。もろこぜの鯔背ベイである。
人知らずの港という。鬼が置いた船という。
砂上蜃気楼郭行きという。遊郭楼の天見(あまみ)
である。天邪鬼という。蜃気楼に棲む鬼である。
 いたる所に、鬼語が書かれている。これを、
季語という。鬼変わりの譜である。
 秋残り文献には、鬼季語の項に載っている。
天邪鬼の季節はいつですかと、いう。『いつ』の
項である。古い文献に『いつれの、おほんとき・・』
と書いてある。
 鬼元出しという。源氏お花の、隠し角という。
遠い世に、いいつれ、という。源氏物語の頭飾りで
ある。いい連れと住むという。蜃気楼のいい名付け
という。頭に白い布を飾る、遠い世のしきたりとぞ。
源氏物語白頭巾である。これを冠白という。
鬼変わりの関白とぞ。冠白・白敷布とぞ。
 清掃清潔に変わったとぞ。白式部所である。
新姫楼家の寝室である。変わった鬼という。
鬼姫物語である。奇々怪海の鬼渡り、これを、
佐渡という。鬼の左、いい名付けである。
咲衛門という、鬼隠れの埼である。源氏御門
という鬼である。彼の書は、彼女で、いい連れの
おほん時である。鬼の書である。鬼の所である。
鬼所、鬼女、鬼婦の話である。
 彼の書の、彼の序である。『いつれの、おほん
ときにか・・』である。白式部と変わった話
である。白式部茶という、一服の茶。読書
よろしき。よろ敷き、しらぬい。見たりたり。
白い蜃気楼による、しらぬい、という。 
 よい連れという。良識という。奇跡という、
鬼の席である。良席という。新譜上である。
・・・
新しい譜でござります。お聞きくださりませ。
祈願よろしく奉り候。
・・・
季は候とぞ。鬼の季とぞ。秋残りという、
季である?????。しらぬいの形、これなり。
 秋残り市新式部省調べ。
  
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜461大原練習91西佐渡島うろ小崎奇岩壁詣で(凶太陽)』 奇岩壁見楽、船上絵             
馮飛菊 画書家判 おに、という字。もに、とも。
 秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
       

    著者@490上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-54615
     画商『里端』蜃気楼店 名画専門
     豪華額縁付 2000鬼円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@490,443
posted by 秋残り at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179173614

この記事へのトラックバック