2017年03月21日

卒業1700・京都船旅600古譜460大原練習90サハラの夢(凶太陽):イカスミ柳

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1700・京都船旅600古譜460大原練習90サハラの夢(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/03/20晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】ジャガタラおいきアベックかむかむ、
高平 京(みやこ):歌 
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
 サハラ砂漠の旅 来たるモロッコ
 月の砂漠は今 目前 星飛ぶ
 月が影落として ヤシの木影立つ
 顔を覆う布がゆれて 熱い風立つ
 砂浜見える葉 向こうには蜃気楼
 町のように砂の中 きつねび見え
 しらざゆき
 月影に座り見る蜃気楼中の我が家か
  ペルシャ越え来たり砂漠にいる今
  いつも見る道具が目前 家中
  懐かしい我が家の戸、襖開けては
  歩き歩き回る ここ遠く 里離れ
  うつつや 蜃気楼 その中に私が
  いる 砂漠の中 我が家ありあり
  確かな目の前 椅子にかけ 再び
  見る見ては見る
   夢覚めた夜よ
   夢うつつ蜃気楼 
 
 狐の天気予報:〇r20170322
 狐ふけ。ふる。さづ、とも。
 場所、ここも。
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:やらめき。
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山 

 1〜4小節 作
 5〜8   1〜4を、第3線を中心に上下逆にする
 9〜12   1〜4を、小節ごとに終わりから記譜
 13〜16  9〜12を、第3線を中心に上下逆にする
 20小節目 19小節目を、第3線を中心に上下逆にする
  後   作  
 
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館春期展示
『古譜460大原練習90サハラの夢(凶太陽)』
白い蜃気楼              
馮飛菊 画書家判 すらいう字。もろ、とも。
 秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
 
 
    著者@490上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-54605
     画商『地端』蜃気楼に入る 名画専門
     豪華額縁付 2000円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@490,442
posted by 秋残り at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179151974

この記事へのトラックバック