2017年03月04日

卒業1662・京都船旅562古譜422大原練習52山之家(凶太陽):イカスミ柳

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1662・京都船旅562古譜422大原練習52山之家(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
   midファイル
【創曲】今日晴創曲造詞
【拍子】7/4 
【種類】蛙の合唱団員 
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
 あこは大きな泥が流れて
 船揺られて 泥乗り旅
 明日はおきられ 昇り旭に
 太陽(大洋)、矢を射り、
 矢を受けたと
  家の前から泥の坂道
  旅いくツキ 泥空旅
  泥は上下 黒い世の中
  日かくし泥空 流れ降りた
  空が泥から降りました  
 
 狐の天気予報:〇r20170303
 狐べ。たゆる。
 場所、べ。べっぽ、ともいう。別保
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:あすは、おいき。
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山 

付点音符をカリプソという。
複付点音符キュロソという。
キュッカリれ、という。キュロとカリを使う
譜という。本譜である。秋残りの言いとぞ。


秋残り市という。秋残りにはいろんな自然がある。
遠い御代の雛祭りの話という。裏の池に船が浮かん
でいた頃である。大きな船という。
 この船が出て、しばらく、ドーンという音が聞こえ、
泥が降って来た。長く降り続き、時もわからぬ程とぞ。
泥に埋もれた我が家という。
 この時の窓ガラスである。泥がこびりつき、
ふいてもふいてもとれない、こびりつきである。
我が家の畳もそうである。ふいてもふいても、
雑巾には泥がつく。なくならない泥である。
畳表をめくれば、畳には泥がたまっている。
廊下もそうである。なんぼふいても、バケツは
泥水である。そんな泥である。泥天という。
この泥をこよなくめでる内である。家という。
秋残り邸という、この家には、自然が訪ねてくる、
そんな家である。秋残り市の話という。
ある時は、星が落って来たという。星墜落訪問と
いう、泥の話である。星泥の星という。
その泥がある。塩も降って来たという。塩星泥星
という。そんな自然である。砂の流れるホシという。
場所、地ほホシという。そういうことばの由来である。
泥降りふりふりという。いつまで振るやら、家は
すっぽり泥の中。この泥が好きなうちである。
 ある時は水が訪ねて来たという。水で家が回った
という。そんな豊かな自然である。
 恐い話でもある。秋残り創郷譚。都を創む項である。
砂漠も出て来る話である。砂が訪ねてきた砂星である。
遠い御代のことである。
 ひいな話、これなるを。20170303記す。 
 
 家を坊という。棒という。泥棒家の秋残りである。
泥降りの坊である。坊棒の墓、これを物語る。
秋残り国夢譚。

 泥埋もれの矢、赤泥とぞ。色んな泥が降った泥々家
である。泥だら家という。金泥、銀泥の星である。
金の泥の墓という。金泥のやしろ、秋残りの家である。
泥を上という、御泥御方という。オドロオカタの銀土
という。この泥で作った絵具を使う人である。
 金銀堂家の出である。秋残り金銀堂家である。
今も秋残りにある墓である。秋残りと書いてある。
そぞろ山、これを笑む山という。山笑み日、ひいなよの
頃とぞ。泥日のひな日、これをまつるという。
砂鶴のまつるが飛んでいた話という。砂流れの、泥流れ
大きな里である。大里ひいなの話という。
 星が訪ねて来る。我が家のひいな星という。金暮_れ
(きんぼれ)のまみゆく、という。金銀の星の訪ねである。
略。 

 花札の金トという。金トトの札である。その裏にキュと
かいてある。きゅうはく、という、箔のうち方である。
きゅうはく打ちという。金トトの花、これなるを。  
  

      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館冬期展示
『古譜422大原練習52山之家(凶太陽)』              
馮飛菊 画書家判 とという字
 秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
       

    著者@380上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-54225
     画商『地端』 名画専門
     豪華額縁付 2000円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@380,404
posted by 秋残り at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178974966

この記事へのトラックバック