2017年02月17日

卒業1638・京都船旅538古譜398大原練習20大原母港(凶太陽):イカスミ柳

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

【曲名】卒業1638・京都船旅538古譜398大原練習20大原母港(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/02/14晴創曲2017/02/16造詞
【拍子】112/64(7/4) 
【種類】蛙の合唱団員
【演奏】大原回山余、往来歓楽家  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
 明日は港より出でる 船は
 汽笛の音残して 祝われの中
 高らかに帆を揚げて 楽しみ積み
 名残り惜しく 我が幸先の幸多かれと
 祈りまた会い見むと 港を後に
 
 狐の天気予報:〇r20170606
 狐あぐ。ほそる。
 場所、湯、(ふるべ)。
 狐の休み。子供保育の為。
 狐言:砂漠きよき、よりよきのや
    
   ((明日晴れたなら行こう、大原砂山))   
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
明日晴れたなら行こう、大原砂山

 大原演習--秋残り音楽女学院高校
 『今日は大原で、演習をします。大原練習で各自
 書いたものを歌う。』 卒業考査にいれます。
 記譜、演奏、歌という三位一体の練習演習である。
  ビルが立ち並ぶ、東京という、指東の方である。
 指を窓の外に指し示すよう、教師がいう。
  窓の外にはいささか風が強く、窓にあたる。
 大砲の音のように聞こえる。風の音である。
 大きな竜巻こそ起こらず、砂風もない、ビルが
 立ち並ぶ東京砂漠という。遠い世のことである。
 いささか仮想のような気もする砂漠である。
  大都会であるという、東京の大原という場所である。
 大原の千縁という、二つある大原で、一千縁と二千縁
 という。後に、山の手ふもとという。そこの丘に建つ
 女学院である。守礼という、学院の是である。
  そこの演習である。練習の楽譜という、現実に音に
 する考査である。卒業前の梅ほころぶ頃である。
 えくぼの女学生が書いたことである。楽譜である。
 コンピューターで書いている人である。ちらっち見た
 東京である。これを学校瞬景という。
 http://akinokori.sblo.jp/article/86140612.html
 今は一流の歌手に
 なっている、あの女高生が歌った歌である。
 http://akinokori.sblo.jp/archives/201401-1.html
  この文が学校瞬景の文であるという。駄作家の
 手本になっている話という。駄作家は、この文、この
 練習歌とも自分のものにする話という。何でも得る側
 という、駄作脳である。過去であろうが、未来で
 あろうが、何でも得る側である。
  この地にも、勿論、日出葦はある、悠々と立って
 いる。得側日出葦という、東洋都の人物である。
 合戦でも合旋でも得る人である。
  練習の歌でも得ておこうと駄作家が、真似をする。
 機械先生の話である。
  『諸君は卒業をすれば、学び舎を母校と呼ぶ。今は
  諸君の思い出の過去となる。
  http://akinokori.sblo.jp/article/42643791.html
  人生の船出ともいう時である。
  足跡という、過去を振り返れば、鮮やかに
  蘇るものである。
  http://akinokori.sblo.jp/article/43057378.html
  Les empreinte de pas 足跡、
http://akinokori.sblo.jp/archives/20141024-1.html
  窓の外(日本語訳) 
  http://akinokori.sblo.jp/article/177349333.html
   諸君の先輩が作った尊い曲である。
  目前の大原母港を出でいく船、
  諸君の未来である。荒波を越え、未知の海、また、
  立ち寄る港も未知である、初めてである。
   楽譜で言えば、初見である。人生は、
  これを余儀なく要求する。未知なるものである。
  皆、これを乗り越えていく。願わくば、
  この練習また演習が、役立つものであることを。
   諸君の手による練習歌謡は、卒業集に置き、保存
  する。ここを訪ねてくれれば、諸君は我が足跡を
  見ることができる。思い出の一葉にして頂きたい。』
   初見の人生行路より。
    
***駄作家より、祝卒業。
 残る日々を有意義にお過ごし下さいませ。 
  
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館冬期展示
『古譜398大原練習20大原母港(凶太陽)』              
馮飛菊 画書家判 れれという字
 秋残り市、凡人倶楽部所属、凡(ぼん)
       

    著者@450上巣真芯、植え住まし
        UESUMASi W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-53985
     画商『途端』 名画専門
     豪華額縁付 2000円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@450,380
posted by 秋残り at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178790076

この記事へのトラックバック