2017年01月28日

卒業1617・京都船旅517古譜377大原練習2コード譜(凶太陽):イカスミ柳

【曲名】卒業1617・京都船旅517古譜377大原練習2コード譜(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
   midファイル
【創曲】2017/01/28晴創曲造詞
【拍子】5/4 
【種類】
【演奏】  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)

 コード譜
 拍子 5/4  強弱弱強弱 ーーー、−−
 
 Am      Am E7
 君は降り降る ろろ降る雪花 天津寄せる風 
 
 Am G7 Dm
 襟を立てる  行きてまた 行く 
 
 E7 Am G
 春先の 蕾ふくらす 間に溶けるゆ
 
 Am Am Dm
 き、雪またゆ  く、谷を越ゆ 凍える足の
 
 G7 Dm Am  
 先 先、蕾は  開く   哀れ雪 
 
 Am
 冬去るを
 
 狐の天気予報:〇r20170128
 狐パル。るふ。
  場所、ふ、ふふとも言う

  狐の休み。
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴

秋残り効果音楽学校・入試対策
       的中予想 問題 
 入試対策専門教員
『本コード譜は、今年度の入試に必ず
 出題される。簡単なコードで記譜されている。
 初見で歌えるものである。基本的なコードを
 理解しているかを問うものである。
  秋残り効果音楽高度歌手専門科は、舞台また
 映画、慰労・・分野へ、優れた数多くのコード歌手を
 出している。大多数の受験生が第一希望にあげる
 学校である。コード譜を渡されて、どう歌えばよいかは、
 周知。今までの講義をしっかり、
 聞いて自分のものにしていれば、合格確実である。
  もう一つ理解できていない人は、この場で自分の
 ものにして頂きたい。
 本コード譜を見ると、5/4拍子 強弱弱強弱と指定
 されている。簡単な作りである。・・・・
 ・・・・・
  そこの駄作君、歌ってみたまえ。』
 『・・・・』
 『わからないことがあるなら、いいなさい。』
 『5/4拍子で、一小節に四分音符が5つ、強弱弱強弱、
  これはわかります。第一小節Amですので、ラドミで
  歌う、これもわかります。ーーー、−−と指定が
  ありますが、ーー--、−--とすれば、歌詞と律とが、
  あいますが、この小節は歌えても、次からは歌詞とが
  あわないです。』
 『ーー--、−--のように歌ってよいものである。 
  初見ということを鑑み、指定通り簡単に、
  −−−、−−と歌えばよろしい。
  コードの構成音だけで歌うことは、
  いわずもがな。しかし、コード譜には歌詞がつい
  ている。ーーー、−−と歌えば歌詞とあわない
  部分が出る。こういう問題がでてくる。
   本教員が予想したものである。
  かくなることに、一つの解を与える
  ものである。これを兼ての本、予想問題である。
   6小節目で、Dm、行く、と二文字である。
  行くーー、と歌い、後は休むなり、また、
  行ーーー、く−−、と歌うなり、これは歌う人の
  自由である。
   問題は、歌詞の文字数が多い場合である。
  7文字あったり、また8文字あったりする場合である。
  これを初見でふりあてるには、力量がいる。
   小節ごとに、−−−、−−と、前から順番に振り
  充てて行き、充てられない部分は、遠慮なく切り
  捨てる。そして、次の小節の頭から歌っていく。
   これで初見である。パート別に合わす場合、
  小節の頭の部分で文句があっていく、これでよい
  のである。
   かくの如く、本、問題は初見で歌える。
  余分、本歌は、5拍子という拍子であるが、
  歌は全部、4拍子に集約され、集約できるもの
  である。音楽には、多分に娯楽の要素があり、
  音楽を知らない人にも楽しんでもらおう
  という音楽の周辺の目的がでてくる、世の中を
  みてもそうである。音楽を聴き、手拍子を打つ、
  4拍子がこれである。知らない人でも拍子が合う。
  ほとんどが4拍子であるのは、こういうこと
  からである。4拍子になっていく音楽である。
   現今、世の中で絶賛されている大原練習は、本校
  出身の新進気鋭の作曲家の手によるものである。
  ・・・・・駄作君、座り給え。・・・・
  皆で、歌うことにする。Amから始まる、
  和音の合唱である。低音部を歌おうとする人も本講の
  講習生には、いわなくともいる。これで、入試は
  突破できる。合格道である。』
  ・・・・
  係員『レコードをかけます。』
  教員『伴奏である。コードが本歌である。』
  
   
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
秋残り市立美術館冬期展示
『古譜377大原練習2コード譜(凶太陽)』            
馮飛菊 画書家判 こえという字 
 秋残り市、凡人倶楽部所属、凡 民(ぼん たみ)
                            



字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

    著者@560上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-53775
     画商『辺端』 名画専門
     葦野原展示即売会 2000円(葦竹額付き?)消費税5円
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@560,359
posted by 秋残り at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178577340

この記事へのトラックバック