2016年12月25日

卒業1534・京都船旅434古譜294大原の暮れ(凶太陽):イカスミ柳

【曲名】卒業1534・京都船旅434古譜294大原の暮れ(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】2016/12/25晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】
【演奏】伴奏:駒笑み人
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷(紅世赤夜章)
 おうめ、おうめねの目、草居の暮ゆく日を
 目とぞ。ちゃ具馬に飾り付け暮の喜びとぞ。
 越える年越し、そばにおおめ、おおめねの
 ゆまぐま、いたり ゆま越え年越し 
 大原の日 実野草居の屋 押し越して
 ありる ふる春の日(け) 越して
 小春の日和 おり来る あけて明日
 かなゆき日
 
 狐の天気予報:〇r20161227
 狐ざ、あす。
 (rの丸印、ランドール)ほっぱ(ほっぱ原)。
 ほっぱすれって、というれて風の吹く原とぞ。
 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴 
 日を目という、けという。
ふる春の降りて来る、この降りを『け(気)』という。
これで、日をけという。
ふる春のけという、きともいう。ふる春の記という。
ふる春の気という。気記やらという。
ききぜまの歌という。ふる春の気の絵のふけ、という。
えふけのゆく、という。ゆくえふけのいき、という。
ふけいく暮れいき、という。これを、かないき、という。
かないきの暮れとぞ。かないき暮れという。かないき暮れ
の山、ぐれるるやおら、という。ぐれん(紅蓮)の炎という。
炎の絵とぞ。山の紅蓮炎という。夕日である。朝日である。
朝焼けの景という。これを、やまべ、という。
やまふら、という。山るるれれほ、という。
らんするの山とも。えくてぞの山という。これを、
えくしゆき、という。えくしずのふるるく、という。
山麓をえくしという。串ざしの帽という。その形である。
これをけいという。けっからという。けいそむのすすゆす、
という。れれす、るるす、とぞ。
 くりしききりび、という。おうめごえ、という。
年越しの山という。年越し山のおうめ、おうめね、という。
ねという、日を表す言葉である。
 年越しね、という。のちとぞ。年越しという。
 とし山のお書き、これとぞ。
おうえふる春かわゆり、れれふ、すすす。
これを実野(じつの)という。さねの、ともいう。
実野かっぱら、という。これを、かっぽうる、
という。実野を行く話という。実野行き、あられら、
ふっくす。れれっそ、れてる、ははふ。
かっぽうるの山、これなる。
 にれじつの山花という。れれすのふふる、れれほ、
ほっくるれっせ、という。ほくすくのうくゆく、という。
これを、ペル気(け)、という。日の降る景をいう。
けいたらのやまとぞ。けるるるけうすく、という。
けっぱのやまのいほ、いほやら、すする、れれそ、
うるす。ペッペの山、こすれすれれふ、という。
これを、あすれら、という。あすてすの暮という。
あすてす暮れのあゆれる、という。
 あすてすの場とも。あすてっしょ、日と場をともに
意味する。らるんすの言葉使いという。
 今では、はっきり、切り離して、意味を意味を明確に
する、この言葉を、あす、という。あすの切り、という。
あす切りの霧という。山霧の山らま、という。
切りと霧の話である。らるんす、とも言わない今である。
秋残りの頃である。遠い日の話という。おんそま、いられ、
いるふる、おうめの屋、おうめねのね、という。
日をねとは言わない今である。
 ね取りの日取りという話という。日という意味で、
ねという場合とぞ。意味を知らせる言葉を添えること
とぞ。
 *おうめ越え、おうめね越えという、年越しのことをいう。
  
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館冬期展示
  『古譜294大原の暮れ(凶太陽)』             
   馮飛菊 画書家判 ぱの字
                            

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

    著者@130上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-巴294十
     画商『理辺』 名画専門
     葦野原展示即売会 2000円(葦竹額付き?)消費税5円
              3000円バージョンアップ判
     有名作曲ソフトSuperComposer付
     創郷のご案内
     東洋都百貨店にて、東洋都身日出葦サイン会、
     多数の来場者が予想されます。
     ****     
     Air-Akinokori、葦之ヶ原飛行場より
     秋残り電鉄、葦之ヶ原駅下車
     秋残り地下空中電鉄、夢舞台駅下車
     乗合自動車も出ています。
     秋残り航船、イワシュビッツ港下船         
*****
 休 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@130,276
posted by 秋残り at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178162868

この記事へのトラックバック