2016年12月23日

卒業1528・京都船旅428古譜288落ち越ゆる(凶太陽):イカスミ柳

【曲名】卒業1528・京都船旅428古譜288落ち越ゆる(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】2016/12/23晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】
【演奏】伴奏:駒笑み人
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷(紅世赤夜章)
 落ちれば再び上がれば再び落ちる
 体 帆置きの後ろに駒ともに落ち落ちる
 滑るツツツ--上がれツツツ--つる滑りの
 坂を越え行き行きて風の音の息
 上がれ落ちを越え かじかむ手
 寒き雪の中 落ちて越えて来た
 駆者、駒ともに落ちの越え
     
 狐の天気予報:〇r20161224
 狐か_る、よれ。
  (rの丸印、ランドール)
  ふさ。
  ふさ越えゆ、ありるる。
 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴 
 余の手記。『落ち越えの記』
 朕、行きて行き、落ち落ち落ちて行き、越え越えて
行き、また行き行きて、行き行く。大原ゆ、かゆれ、かかそ、
越ゆるふるう、かかや、かかぜ、ぜぜ花、ゆゆす。えるて、
すすゆ。るるす、るるほ。えほる、えほ、さか、、ほいと、
さか、ほい、おおるふふゆ、るるす、けけそ。さかざく、
こまよ、こまよははる。やわる、くくくく。
 こまゆら、駆者ゆ、そそす、れれそ、るほ。
ぺぺ坂、ゆゆゆ、坂落ちる、落ちてぞ上がる。
上がるゆ、けけす。
 手、ははゆ、もうもう、思う御母御上ゆ。
御母、お面(おおも)、あるゆ、ありてゆ、
おりおりおりおり。こまゆ、ねがう、ねねを、
あるゆ。ふっふす。かすざゆら、いきす、すうっ、
すうっ、うっ、いきゆき、はなす、ゆらふ。
けるる、おるれ、おるす、おるる。
 駒はゆら、帆置き車ゆ、体、おお落ちる。
 後座、かたゆ。かたせ、はらら、るるふ。
 れれふる、せせそ、おるすゆ。これゆ、
 かかれら、れれそ、おんすゆ。またゆら、
 上げ上がる、くくれれ、れれす、れれふ。
 ふるる雪やき、雪ゆら、なりなるる。
  よよ氷雨ゆ、ひささ、ささら雪、
  ささらゆら、ささふ、ふくる雪冬。
  かあるれれ、れれる、はられ。
  すっそよ、せせす。るるす。るるほ_る
  あるる、れれそ。
 雪降り降り、道ゆ、凍るゆ、駒滑り、
 駆者落ちすら、落ち、体ゆ、かたゆ。
 駆者、かたゆ、ゆ雪、行き行きてまた行き行く。
 駆者の雪、駆者、落ちるように体傾く。
 耐え耐えて、体もどし、駆者、雄々し、勇まし。
 我ゆ、座から滑る。置き帆後ろ、なりなり。
 立てにつかまり、体ととのふ。
  ありありあり、体ゆ、ゆゆす。体ゆ、ほほす。
  上がりまた上がる。落ち落ち、上がりあがる。
  行きてまた行く。越えごえて、大原ふるうゆ。
  大原ゆ、我がゆ、ふふる里。御母ゆ、かかる、
  かから、思い思う、御母御上、ゆゆす。
  御顔、なつかしき。
   朕ゆ、越えふる。越えて越え行きて行く。
   朕、かゆゆ、かかるゆ。朕、行きて行く。
   行き行きてまた行き行く。大原ゆ、かゆれ、
   ははゆ、ももゆ、ももふ。古里原ゆ、かゆ。
  日出葦ゆ、落ち、越えたり。
  そうきょうの記、これゆら。 
 
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館冬期展示
  『古譜288落ち越ゆる(凶太陽)』             
   馮飛菊 画書家判 ケの字
                            

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

    著者@520上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-巴288十
     画商『理辺』 名画専門
     葦野原展示即売会 2000円(葦竹額付き?)消費税5円
              3000円バージョンアップ判
     有名作曲ソフトSuperComposer付
     創郷のご案内
     東洋都百貨店にて、東洋都身日出葦サイン会、
     多数の来場者が予想されます。
     ****     
     Air-Akinokori、葦之ヶ原飛行場より
     秋残り電鉄、葦之ヶ原駅下車
     秋残り地下空中電鉄、夢舞台駅下車
     乗合自動車も出ています。
     秋残り航船、イワシュビッツ港下船         
*****
 休 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@520,270
posted by 秋残り at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178141956

この記事へのトラックバック