2016年12月22日

卒業1526・京都船旅426古譜286杉坂落ち越え(凶太陽):イカスミ柳

【曲名】卒業1526・京都船旅426古譜286杉坂落ち越え(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】2016/12/22晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】
【演奏】伴奏:駒笑み人
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷(紅世赤夜章)
 雪降りの木道行く 鉄の機械の駒が
 靴音たてては カツカツカカカツ行くと
 顎紐の帽子 面被りにも 雪積り
 人形駆者 小さい体 雪重く
 耐えて行く 駒音 寒空に響く
 木から雪落ち杉坂落ち越え
  落ち:坂が急になっている場所。
     峠近くとも。 
     
 狐の天気予報:〇r20161224
 狐く_こ、そむ。
  (rの丸印、ランドール)
  えさ。
  えさという場所で、狐の天気予報、
  そむである。
 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴 
 駒背の人形駆者、顔に面付け、おかしら頭に帽子を、オハ紐、
顎に留め、雄々しく勇ましく、雪積り、駒背、白を富す
(こまぜ、しらをとみす)、降りつ降り、ゆっからぼっと、
降るをいう。木落ち雪、道に山成す。駒、歩を進め進め、
滑るすべ道、あゆくふるる。れむ、さむそらゆら、ありるる。
 凍る凍る杉並木道ゆられゆられ、駆者いとう夜々、花行き
大原杉坂落ち越ゆ越ゆ。あれるはるる、ゆゆゆ。るるす、
れほる。駒思う、寒きいと寒き夜、駒ありてぞ、ありゆる。
 駒ゆら、ほるる、れれす。寒き冷たきを行く。吹く風ぞ、
帆をふくらし、へこる。へこます浜という。落ち越え、峠
近く、ありゆら、ふふる、るっす。
 駒思う、駆者思う。駒足滑るゆ、滑り滑る。落ち越え思う。
落ち越え、安きを心とぞ。心強き花床、木道行き行く。
 花床、積り積もる、うるるく雪降り。降り降りて、
白落ち坂、声澄みて、凍る気、白息、口から凍る夜々、
寒々き、冷た冷たゆ、越え行く杉坂、なま、はゆゆ。
るるす記、これなるを。
 生き吐けば凍る、そんな寒さである。
駒、落ちまで上がり行き、下まで滑る。
落ちめざし、上がる。また、下まで滑る。
幾たびか、上がりあがり、落ちを越ゆ。
越ゆる坂、るる落ちつ。幾たび坂なる。
旅行く大原落ち越えゆる、ははむ、るるほ。
ほるる坂床、ありすゆ。れれす。るるす。
 るみ川の山、白(しら)をかしら、とぞ。
白かしら山、この山の御名とぞ。記す。
過ぎ越し年、ありてゆ。越えごえの坂、
今ぞ笑むらる。ええら、いゆる、けけす。
山拝み越え行きた日、ありてゆ、ててす。
ややほ、つつる。れれよ、すみる。
ふふるゆき、これ、およよ旅、とて。
 来る雪降り降り、山越え行き、行き行き
 越えごゆ、坂ゆら、花ざか、越える帆のクル、
 クルずるかゆれ、けけゆき。
 
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館冬期展示
  『古譜286杉坂落ち越え(凶太陽)』             
   馮飛菊 画書家判 ユの字
                            

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

    著者@530上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-巴286十
     画商『理辺』 名画専門
     葦野原展示即売会 2000円(葦竹額付き?)消費税5円
              3000円バージョンアップ判
     有名作曲ソフトSuperComposer付
     創郷のご案内
     東洋都百貨店にて、東洋都身日出葦サイン会、
     多数の来場者が予想されます。
     ****     
     Air-Akinokori、葦之ヶ原飛行場より
     秋残り電鉄、葦之ヶ原駅下車
     秋残り地下空中電鉄、夢舞台駅下車
     乗合自動車も出ています。
     秋残り航船、イワシュビッツ港下船         
*****
 休 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@530,268
posted by 秋残り at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178130445

この記事へのトラックバック