2016年12月13日

卒業1514・京都船旅414古譜274鬼の大原地震いき(凶太陽):イカスミ柳

【曲名】卒業1514・京都船旅414古譜274鬼の大原地震いき(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】2016/12/13晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】
【演奏】伴奏:オバンサン・デルー
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷(紅世赤夜章)
 鬼久しい大原の里 床敷花
 柚子田おれば ゆすり葉 人知る里
 花咲く里 ひるかなゆり 地知る人おり
 花間(花馬)起きてはいななき こえは
 あかな晴れ いざるみざるききざる
 おき花の矢孤独に いそゆら 降り降る
 天の下 花床敷
     
 狐の天気予報:〇r20161215
 狐ふ、みふゆら。
  (rの丸印、ランドール)
  えす、えせ、える。
 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
 アット・ランドーの山越えた日。ゆみゆす、あぷれず、こいゆら、
そみそ、て、てるる、れめせ、これをとぞ。ゆみらる花のお書き、
そゆれらられ、て、踏み踏むおるるる。あゆるれっせ、せいずる、
おゆせゆ、こすす、れれす、れれれ。
 あぁれれれ、地が傾いた人の通り菊、揺れて、ふれふる、
矢飾り落ちたとも。花間にいて、花馬いなき、聞こえ、地揺れ、
ふくく(深く)あり、ありてば、ゆみふり、うすす、れれほ、
れめて、大原地知る人おりおり、やらるれてほ、ゆるゆ。
えめせら、くすす、れめほ、れすゆ。これをとぞ。
 とぞふる山のお絵、笑い笑う。傾きて尚喜び笑う。
傾地ありて、大原山、火吹きあげ、岩ぞ転がる。
山やら、えうれう。るるす。山す、そ。して、ららす。
らんみ、よよす、よよふ、ろんせる、あうれ__る。
 『地震様ご覧られ。』 家傾きてぞありる。
 ありはるめめす。るるほれっす。むむすえゆつ。
やっつゆ山や、おりおりて、めむす。大原ゆ、ありる。
うるうる山や、かわれる。れむ。れる。るるす。るるほ。
るぶるややよ、やよす・かうれる。
 地震がいったアッとラン道、みちひつ、よむゆ。みみす、
れっすそ、連山あるゆ。岩ぞ、おっこす。落ちつ岩らら、
らららら、ららふる小石、岩や、大原ゆ、よりてよりやら、
れんそめの-あかなゆ、赤い晴れとぞ。あかな晴れこれよる。
あうれる、あうれ、あうす、よよよ。およよ、ふるふる。
あうあうそそそ。れれそ、ゆゆす。れれゆる、これを、
じも、という。地震をじもという。
 じも山ゆきゆき、ゆきやら、おりそゆ。これを、ムルゥ
という。ムルレルれっす、おんとめ。くくれく、おすゆ、
れそんす、これを、レゾンという。レゾンデーという。
レゾンデーの山、これおるれれす、ゆゆす。
レゾンデートのうりふり。レゾンデートルの山、花ゆら、
ゆらりゆらり、けけくす。れれそ、おんそゆ。
これを、めんせ、という。これらるくっつ、めめゆ、れそす。
すっすす。進めるあゆく。あゆれめめよ。あゆくの山、
ゆく山という。あゆくを、あゆむ、という。あゆれる山の
御地震という。恐発の山、だいげんざん(大原山)とぞ。
大減算とも。だいげんざん・すぅくぅ、山よりをとる山用の
算用である。山が傾いたという。大減算の地震という。
地震の減算、ゆれゆれゆれ、大揺れて、岩を押し出す、
鬼岩とぞ。鬼押し出しの減算という。地震の用語である。
げんざん・すぅくぅのおっぱら(大原)という。オーパと
いう。大場の山、おっぱらべえという。
 大原ゆわら、ゆわれ、ややよ、むむする、おっけらっけ、
という。おっけのゆりふら、という。地が30度程、ぐうと
傾いた話という。大原地震の古記である。
 我が家、やややや、ふるふる石岩、岩石のあま、とぞ。
雨のことである。あま槍の府、れれほの、知地知事という。
笑う程の山、山笑みという。山笑いという。地震をとも、
とぞ。地震をともなう話である。山笑うことという。
山の齢、ゆゆゆ。ゆゆゆ才のお山という。
ユーレルラースーという。らめれる、おやれら。
これをとぞ。
 曽郷、久しくいたりいたり。傾いたままで暮らしていた
話という。秋残りの自然である。ゆゆす。  
 田折れ、田が割れ折れた麓。山折れ里という。
 
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館冬期展示
  『古譜274鬼の大原地震いき(凶太陽)』             
   馮飛菊 画書家判 はんむという地と絵
                            

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

    著者@420上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-ろ274十
     画商『知端』 名画専門
     葦野原展示即売会 2000円(葦竹額付き?)消費税5円
              3000円バージョンアップ判
     有名作曲ソフトSuperComposer付
     創郷のご案内
     東洋都百貨店にて、東洋都身日出葦サイン会、
     多数の来場者が予想されます。
     ****     
     Air-Akinokori、葦之ヶ原飛行場より
     秋残り電鉄、葦之ヶ原駅下車
     秋残り地下空中電鉄、夢舞台駅下車
     乗合自動車も出ています。
     秋残り航船、イワシュビッツ港下船         
*****
 休 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@420,256
posted by 秋残り at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178028750

この記事へのトラックバック