2016年12月02日

卒業1490・京都船旅390古譜250大原見(大原目)(凶太陽):イカスミ柳

【曲名】卒業1490・京都船旅390古譜250大原見(大原目)(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】2016/12/02晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】
【演奏】伴奏:オリントン・リック 
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】(蒼郷紅世赤夜章)
  大原山越えて 狐盛り 李道
  船床坂敷き 山は葉化粧
  見れば恋しき古屋
  花床敷き 馬越えて話
  絵を与え 吾も取る
  船浮かび 大原の絵
  港坂行き  
  (機械の馬)
 狐の天気予報:〇r20161204
 狐ざる、ひそや(ひそやミル)
  (rの丸印、ランドール)
  そつ
 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴 
 大原山越え、日を背受け、馬思う。
馬いなき、休みをいう。話し放し、休み、
機械馬に餌を与う。馬、足折り延ばし、休みを
富む。喜び顔の馬やり、馬よま、えてらるせてそ。
ゆゆれむ、そくす。ててよさ、ろるふ、ろるす。
るるぶる、おんゆひ、ゆびるるあるよ、るるす。
大原御行、よりよりて、おゆれふ、れれす。
ゆゆれむろるふ。ありて、世は華。花行き、
こゆれ、馬らら、ふるるれゆれゆ。れすゆす、
こりゆるろん_(す)。
 結託の屋、これゆら、おるす、ゆゆる、あすゆす、
こるゆ。おりぷる、ろくす。これゆる、はなゆ。
おくす。すすす。れれそ。れれる。すゆる、あるすゆ。
 大原御行の話である。馬に乗る人_形。人形である。
人形とも、飯葉(いいは)、くらうる、くられ。
共に食す、大原野小行き。行き行きて葉げ様、葉化粧の
山、大原山、いよよ美しくありあり。
 川ゆら、ささら、くくす。おい高き山らる。お山るる。
るる春、なかる、ららす。ららふるゆゆす。れれそ、
そつゆつ、えるせ、えるす。
 かような話である。通う歌謡という。大原目の話である。
目の里、あゆれる、けっくす。けつすつ、えぴす。  
      
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館冬期展示
  『古譜250大原見(大原目)(凶太陽)』             
   馮飛菊 画書家判 まという字 
                            

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

    著者@560上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-52505
     画商『途端』 名画専門
     葦野原展示即売会 2000円(葦竹額付き?)消費税5円
              3000円バージョンアップ判
     有名作曲ソフトSuperComposer付
     創郷のご案内
     東洋都百貨店にて、東洋都身日出葦サイン会、
     多数の来場者が予想されます。
     ****     
     Air-Akinokori、葦之ヶ原飛行場より
     秋残り電鉄、葦之ヶ原駅下車
     秋残り地下空中電鉄、夢舞台駅下車
     乗合自動車も出ています。
     秋残り航船、イワシュビッツ港下船         
*****
 休 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@560,232
posted by 秋残り at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177904263

この記事へのトラックバック