2016年11月26日

卒業1433・京都船旅333古譜193大原レラ行き(凶太陽):イカスミ柳

【曲名】卒業1433・京都船旅333古譜193大原レラ行き(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】2016/11/24晴創曲造詞
【拍子】5/4 
【種類】合唱
【演奏】伴奏:上手 手雄  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】(蒼郷紅世赤夜章)
  大原越えごえて 見ゆふむひばみ
  二の坂 君、行きて花 聞き入り
  大らかな木葉(きは) 日出ずるを
  世照らす 片路はレーラ馬
  懐かしむ 遠き世 ゆゆゆ
  
  片路:片道
  レラ馬:鉄製の馬。せなに小さい
      軽い人形をのせる馬をいう。
      馬車の馬である。鉄製の
      ロボットの馬である。
      レラという名前でもある。   
   
 狐の天気予報:〇r20161126
 狐矢、晴る_す
  (rの丸印、ランドール)
  そ
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴 
 余の大原御幸である。みゆきという。かの、馬君の話
という。今を去る遠き日々、大原漁港へ行くという。
船ゆら水津(みなづ)ありるやる、うるゆるえへるるふる、
やおべら、という。彼女馬君も共という。これをともくら、
という。ともくら書きという、この小説である。
 機械の余である話で、機械の共である。寄港の山、
これを、ふずみつ、という。大原はっぷの山、山すよの
あおら、とぞ。
 レラと呼べば鼻を垂れるという。レラ君のゆきである。
これを幸という。おさち山の王諭とぞ。御幸(おさち)の漁港、
これを、御幸という。山ゆらの山かる、とぞ。坂が波うった
地の坂の揺れという。大原御幸の一幕の話である。
 再び、遠い日に余は来る。二の坂である。ゆれる頃である。
20161124 記憶番地、soutu1433 日付氏の作曲とぞ。
余の記憶である。イヨッさざ、波打つ、レラ坂越ゆごゆ。
あすなろう花木、桧を見る木花、夢大きな花である。
あすなろう花、木を見る、タイ花である。大花の改進である。
これを大化の改新とぞ、大原髪膚である。機械の余の改進
である。レラ進む、鳴きてゆき、ゆきゆきて、花舞うを、
めるやら、ほむる山、はっすめの雪降りという。
 春やら、れふ、これを張り春(張春)とぞ。 
 一連の改新作である。改進作である。大原連曲これとぞ。
日付氏、筆を奮うを五線という。五線紙のしょうせつである。
髪膚の鉄、これを皮膚という、機械余の言いという。
   
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館冬期展示
  『古譜193大原レラ行き(凶太陽)』             
   馮飛菊 画書家判 ざという字 
                            

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

    著者@310上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-51935
     画商『途端』 名画専門
     葦野原展示即売会 2000円(葦竹額付き?)消費税5円
              3000円バージョンアップ判
     有名作曲ソフトSuperComposer付
     創郷のご案内
     東洋都百貨店にて、東洋都身日出葦サイン会、
     多数の来場者が予想されます。
     ****     
     Air-Akinokori、葦之ヶ原飛行場より
     秋残り電鉄、葦之ヶ原駅下車
     秋残り地下空中電鉄、夢舞台駅下車
     乗合自動車も出ています。
     秋残り航船、イワシュビッツ港下船         
*****
 休 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@310,175
posted by 秋残り at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177796733

この記事へのトラックバック